スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年ドラフト雑感

大学ビッグ3と言われた斉藤、大石、澤村はそれぞれ日ハム,西武,巨人へと決った。

大石は何と無く西武って感じが僕はしていたが、巨人逆指名と取れる報道の有った澤村だが、強気に中日と日ハムが来ると思っていたので、単独指名は、巨人ファンとしては嬉しい誤算だった。

また一方、中日は故障中の大学左腕NO1の大野を一本釣り、中日スポーツでは故障は相当深刻と報じられた経緯も有り、巨人と言うか讀賣と共に、マスコミを親会社に持つ両球団のしたたかさと言うか狡猾さが際立ったドラフトだった。

斉藤が日ハムは嫌だと言った、と言う一部報道が有るが、それは間違い、斉藤が嫌だった球団は、オリンピックやWBCに否定的、非協力的な落合中日だと言うのが、どうやら真実らしい。

インターコンチネンタル杯、高校時の海外遠征、更にはメジャーを視野に入れた今の大学生投手にとって、国際大会に非協力的なチーム、監督はナンセンスな事と捉えているそうだ、沢村や大石も同じ様な意見だそうで、そのポイントから見れば、彼らの入るであろう3球団は国際大会に積極的、先ずはほっと胸をなでおろしている事だろう。

今年のドラフトの勝ち組、負け組みって言うスレが、既に何本も2チャンネルに立っているが、数年後まで本当の結果は判らない、でもそんな杓子定規な事はやめて、どこが勝ち組、負け組みって感想を・・。

先ず我が巨人軍は完璧に勝ち組だろう!!

一位の澤村の評価は今年の投手ではNO1,最近の大学生で言えば上原にまで遡る評価の高さ、怪我さえなければ通産100勝は上げてくれると思う。

更に宮国、田中はどちらも肩肘に故障持ち、もし万全なら2,3位で獲得できていない投手、4位の小山も隠れた逸材らしいが、どちらかと言うと即戦力ではなく素材型、澤村を獲得できた巨人の余裕の表れと言える、

更に一部の高校生ドラフトマニアの間で、かなり評価の高かった旭川の成瀬を育成でGET、ここ数年、野手中心の巨人としてはいいドラフト、勝ち組といえる。

後、僕が良かったと思うチームはやっぱり日ハム、西武、目玉の二人で90点、日ハムは更に乾、榎下の即戦力投手を獲得、西武も日通の牧下を獲得、チーム事情から考えてみても言い補強だった。

一方負け組みはオリックス、ヤクルト辺りだろうか?ソフトバンクも微妙、しかしながらこの3球団の高校生野手が、将来のクリーンナップでも打つようになれば、勝ち組に転化する、だからドラフトは面白い。
スポンサーサイト

ドラフト2010

今年も又やってきました、ドラフトが。

ドラフトだけでネットにスレッドが立ち並び、特集号が書店で馬鹿売れ、実はドラフトマニア、ファンはかなりの数、存在すると思われます。

まあ何を隠そう私も大のドラフトマニア。

シーズンの勝ち負けより興味有ります。

今年は早稲田の斉藤君、大石君、中央の沢村君、3投手がビック3らしいんですが、それ以外にもプロに入れば10勝出来そうな大学生、社会人がごろごろ並大豊作年、夕方が楽しみです。

我が巨人軍は沢村君で行くんだそうですが、100%競合すれば負ける予感、そこで一二三君辺り残っていれば獲得して欲しいって妄想しています。

それでは夕方、5時半ごろかな?

待ち遠しいです。

do

多様化

今、正に社会は多様化、メジャーな物だけでなく、マイナーな物もしっかり根付いている。

以前、趣味や文化の少数派は情報やコミニュテイ等、得る場所、機会が圧倒的に少なく、折角生まれても発展せずに、消え去っていくシャボン玉のような運命だった。

しかし今は、ネット社会、少数派が生き残り、集まり、それなりの発展する形、道を見出している。

正に多様化はネット社会がもたらした産物と言えますが、反面、今まで多数は、メジャーな物は、其の優位性、君主的な特権が奪い取られてしまった。

1千万人プレイするスポーツも、10人プレイするスポーツも、ネット世界では、発信者の優劣で伝達される情報量、スピードは差がなくなってきた、と言うより、逆にマイナーな物の方が、深く突っ込んだ情報、更には密接なコミニュテイの形成を実現している。

今年、其の現象を最も顕著に表している事例はズバリ、これ

10月30日から開催されるプロ野球・日本シリーズ、中日ドラゴンズvs.千葉ロッテマリーンズ戦の第1・2・5戦が、日本シリーズとしては中継開始以来初めて、地上波による全国中継が行われないことになった。

日本プロ野球界の最高峰イベントと言っても過言ではない日本シリーズだが、なぜ、地上波でオンエアされないのか? まず、ここで重要なのは、「各球団が放送する放送局を指名する」という慣例である。大手広告代理店で番組スポンサー獲得業務を行う30代男性によれば、今回、愛知県の放送局で、中日ドラゴンズの中継に強いCBCの関連会社であるTBSが、まず全国ネットの中継を頼まれたようだ。だが、同局はすでに別番組の放送を予定しており、今回は中継を辞退した模様。

さらに同社員は、日本シリーズ中継にまつわる「しがらみ」をこう説明する。

「日本シリーズの場合、完全中継をしなくてはいけないんですよ。プレイボールから、延長戦になった場合、そして最後の監督インタビューまでも含め、すべて中継しなくてはいけません。そうなると、放送時間が延び、(予定していた他番組の時間変更や放送中止を迫られるため)デメリットもある。(野球の視聴率が落ち込む昨今、日本シリーズ放送によるメリットをデメリットと比べた場合)デメリットの方が多いと判断したのかもしれません」

このデメリットとは、一言でいえば視聴率が落ち込むリスクのことだ。現在、ゴールデンタイムだと視聴率「10%」のノルマが明確に求められるとのことで、中継延長になった場合のリスクはもちろんのこと、「そもそも中日vs.ロッテで視聴率がと取れるのか?」と各局が不安に思ったのではないかと指摘する。

もうこの時期、日本中で野球でお祭騒ぎって事は一生無いんだろうか!?

眠れない夜

眠れない夜、泉谷の歌の題名ですが、正にこれが続く。

1週間、眠れない夜が続くと鬱って言うのが医学会では常識らしいが、私は既に半月を超えようとしている。

しかし私は鬱ではない、ただただワールドカップのせいである。

今日も3時間程前に起きて、オランダ、ウルグアイ戦を観たが、いい試合だった。

やっぱトーナメントは、予選より一ランク面白い。

今日は今大会でも一番面白い試合が期待できる、ドイツ、スペイン戦

また眠れない夜が続く。
プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。