スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切り千枚漬

明日からいよいよ10月、出雲に全ての神様が集まられるので、一般的には神無月がポピュラーな呼び方ですが、

その他にも初霜月(はつしもづき),雷無月(かみなかりづき),上冬(じょうとう),孟冬(もうとう),小六月(ころくがつ), 陽月(ようげつ),吉月(きつげつ),良月(りょうげつ)神在月(かみありづき),鎮祭月(ちんさいげつ),神去月(かみさりづき) ・・・

本当に様々な呼び名が有ります、一説には京の都には、生き人神の天皇が10月にも居られるのに、神無月は無いんじゃない?って作られた呼び名も有るとの事、うわ~、やっぱ京都って恐いと言うか、面倒くさいでしょうね~、他の府県民の方々には(笑)

さてさてそんな上冬、10月を目前に今日から千枚漬のスピンオフと言いましょうか、まだ小さい聖護院蕪を刻んで甘酢に漬けた「切り千枚」柚子を加えた「柚子の香千枚」を7箇月ぶりに販売再開しました。

いや~、まだ本格的な千枚漬じゃない、車のレースで言えばF1に対してカートとも言える段階ですが、やっぱ京漬物屋としては嬉しいです。

この切り千枚が出てくると、いよいよ冬野菜がどっと市場に溢れ、それを加工する漬物の最盛期へ突入していきます、是からが京漬物屋の本当の季節、皆様長らくお待たせ致しました、って心境です。

赤かぶも売り場に加わり、夏場より一層艶やかな売り場になっておりますので、皆様どうぞお近くにお出での際は、是非ともお立ち寄りの程を。
スポンサーサイト

Superfly

9月27日の情熱大陸は「ミュージシャン・Superfly」密着取材。

ちなみにSuperflyはグループではない。

今年25歳になったばかりの越智志帆(おちしほ)が率いるソロユニットで、151cmの華奢な体からは想像が出来ない程パワフルで圧倒的なヴォーカル、デビューアルバムは50万枚以上のセールスを記録。

「恋する瞳は美しい」「やさしい気持ちで」などCMソングやドラマの主題歌が次々とヒットし、今、乗りに乗っているミュージシャンで、今月発売されたばかりのニューアルバムの制作風景や、愛媛県にある彼女の故郷、そしてこの夏アメリカで開かれたロック・フェスティバル「ウッドストックライブ」に日本人として初出演を果たした模様を完全密着!

なかなかに見応えのある番組でした。

ウッドストックライブでは、彼女がリスペクトするジャニス・ジョップリンの代表曲数曲をアメリカ人にリハ無しでぶっつけ本番で披露、物怖じしないいいステージング、声量溢れる彼女のボーカルは少なからず観客に伝わっていたように見えました。

余程恐かったのか、感極まってライブ後においおい泣き出した彼女の姿が愛らしく、可愛くて思わず肩を抱きしめたくなりました。

でももっと鮮烈だったのは、翌日の朝。

ライブが跳ねて、即座に日本に帰る彼女はもう昨日のステージは忘れ、帰国後の二枚目アルバムお披露目ライブの構成で頭が一杯、ウッドストックメモリアルライブに、英米以外でただ一人選ばれ、しかもトップに起用された栄光など、もうかなぐり捨てて、次へ次へ、

こういう人が成功するんだな~って感嘆した次第、次のライブも頑張って下さい!!

大阪のライブは行きます。

芸能三文記事

私は大スポ(大阪スポーツ、東京なら東スポ)が大好きです。

誰々は何々か?と言う疑問形で、有る事無い事,面白おかしく記事に仕上げ、時には荒唐無稽な話を、さもありなん話に見事に調理、そしてたまにでたらめ記事が、具現化し本当になる。

このひと月はノリピー、押尾でかなりの販売部数を稼ぎ、先日からは沢尻エリカあたりで部数拡大を目指しているようだ!?

まあそんな大スポの記事で、ひょっとしたらほんま?って記事か2~3有り、何と無く納得出来る点も有るので、ここにご披露させてもらう。

1、絢香はバセドー氏病の治療で休業するのではなく、事務所の反対を押し切って結婚したので、揉めた末、くびになった、もしくはほされた。

絢香はお礼奉公ライブ、テレビ出演、ベスト版によって円満退社し、ほとぼりを冷ました後、遅くても2~3年後には独立系の小さな事務所で、復帰を果たす。

2、酒井法子覚醒剤事件は、徹底的に騒ぎを大きくし、視聴率稼ぎ、部数伸ばしの為のマスコミ各社の談合だった。

酒井法子所属のサンミュージックは,元もとタレントを強く囲わず、プライベートや遺跡問題に深くコミットしない会社で、其れゆえかマスコミが叩いても報復しない事務所。

一方、押尾事件は、日の出の勢いのエイベックス所属、銀座ホステスやピーチジョン社長などの交友関係や背後関係が恐くて記事に出来なかった。

ただ民主党政権になり、ひょっとすると政治家ルートは恐がらずに追及できるかも?って所だそうです。

3、小沢一郎が、またまた政党壊し屋振りを発揮し、来年夏の参議院選挙後、民主党から離脱、公明と自民若手、新党日本と新しい党を作り、政権を握り、総理に田中真紀子を据え、院政を維持しながら、親中政権を組み立てていく。

どれも是も無さそうで、有りそうなお話です。

巨人V9戦士、又一人逝く

原巨人がV3を決めた明くる朝、まるで其の優勝を見届けるかのように一人のV9戦士がそっと息を引き取った、やせ衰え顔相もすっかり変った、往年の名セカンド土井正三氏だった。

私が最後に土井氏を見たのは、巨人軍通算5000勝記念イベントの一環として行われたV9ユニフォーム復刻シリーズ初日のV9戦士勢揃い始球式の際で、頬がげっそり痩せこけ、精悍だった現役時代の面影が全く見られず、かつ歩行もおぼつかない車椅子姿で参列、膵臓がんの術後だった。

土井氏は巨人軍の煌びやかな王や長嶋のようなスター選手ではなく、いわゆる超二流選手、それ程目だった成績も残してはいないが、V9戦士と言う事、下記の重盗プレイ、イチロー問題、この3つにより、永遠に球史に残る。

1969年の日本シリーズ(巨人対阪急)第4戦の4回裏、無死1・3塁でダブルスチールが敢行され、阪急の捕手岡村浩二から二塁手山口富士雄を経て再び送球を受けた岡村は本塁突入を図った三塁走者土井を完全にブロックしたように見えたが、球審岡田功はセーフの判定を下した。

この判定を信じられず激昂した岡村は同球審に暴力を振るい、日本シリーズ史上初にして、2009年現在でも唯一となる退場処分を受けた。

翌10月31日付の各新聞で土井が、ブロックする岡村の股の間からホームを踏んでいる写真を掲載したことから、土井の走塁技術と審判の的確さが賞賛された。

土井氏がオリックスの監督を務めていた93年まで、「鈴木一朗」には試合経験を積ませようと、主に2軍でプレーさせた。

同年末に仰木彬氏が新監督となり、94年には登録名「イチロー」で日本プロ野球記録の210安打を放ち、その後は15年以上、日米で大活躍。その経緯もあり、巨人のV9に大きく貢献した名内野手だった土井氏に、「イチローという才能を見いだせなかった」とのイメージが付きまとうことになった。

しかし、当事者の大リーガーはこの見方を否定した。

「そうじゃないのにねえ…」

淡々と、そして残念そうに話し、改めて感謝の気持ちを短い言葉で示した。

土井氏はイチローの実力を評価しなかったわけではなかった。

1年目の7月には1軍昇格させ、2年目には開幕戦で先発メンバーに名前を書き込んでいた。

2軍降格は経験を積ませるための試練だと指揮官は信じていて、翌年レギュラーに抜擢すると、関係者には語っていたが、急遽解任になり、イチローの開花を見ず、オリックスを去った。

前に読んだ雑誌の記事で面白かったのが、立教OBの有力者が、土井氏の巨人入りを長嶋氏に頼み、気のいい長嶋氏は観てもいない土井氏を正力氏に推挙、トップダウンで土井氏を入団させたが、驚いたのは六大学でもぱっとしない選手だった、当の本人。

六大学通産打率245、本塁打ゼロ、足、肩共に人並みで、とても通用するなど本人とて考えていなかったが、憧れのプロの世界、それも尊敬する長嶋の居る巨人軍なので飛び込んでいったそうだ。

明けて翌年キャンプ、二軍スタートの土井氏の様子が当時のヘッドコーチ牧野氏に入った。

期待された守備では、肩は弱く遊撃から山なりのスローイング、深い位置からはノーバンで届かない、足も大して速くも無く、最も悲惨だったのは、フリーバッテイング、二軍ピッチャー相手に外野にも飛ばない非力さ、

絶望的だ、入団は何かの間違いでは?との余りの酷い二軍コーチの報告に、何故か胸騒ぎがした牧野はわざわざ視察に赴いた。

其の時、牧野が目にしたのは、報告以上に非力な土井正三、後で牧野は「プロの中に中学生が紛れ込んできたかのような情景だった」と回顧している。

ただここがメジャーの名門,ドジャースのシンキングベースボールを真っ先に取り入れた智将の一味違う所、話してみると土井は実に賢く、何でも飲み込みが早い、そこで牧野はフリーバッテイングでは箸にも棒にも掛からない土井に、毎晩徹底的にドジャース戦法を叩き込んだ。

いよいよキャンプ中盤、実戦形式のシート打撃になると、土井は生き残りををかけ、死に物狂いで、右打ち、バント、エンドラン等でランナーを進め、塁に出ては常にピッチャーに揺さぶりを掛け、走っては併殺防ぎの殺人スライデイイング、貪欲に次の塁を狙う走塁で首脳陣を唸らせた。

キャンプ終盤、あまりに肩の弱い土井をセカンドにコンバートし、牧野は辛抱強く使い続け、後のV9時代は二番セカンドの不動の地位を築かせる。

長くなりましたが、土井氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ミルフィユ

偉大なる古典、とまで評されるフランス菓子・ミルフイーユ。

日本でも明治7年には発売されていたと言う、本当に歴史の有る菓子。

フランス語で「mille」(ミル)は「千」、「feuille」(フイユ)は「葉」を意味しており、一般的にmille-feuilleは「千枚の葉」という意味だと理解されている。

う~ん、面白いな~、まあこう思うのは漬物屋ならではかも知れませんが、ミルフィユが千枚の葉って言う見た目からの描写なら,千枚漬も漬物として限界まで薄くスライス,千枚も蕪が有るって感じの描写、洋の東西を問わず、見た目だけですが、似通った千って表現に親近感を覚えた私。

是からは出来るだけケーキはミルフイユを食べよう(笑)

遅ればせながら

ほんま、ピンと外れな日記ですが、遅ればせながら祝巨人3連覇!!

少年野球に没頭していた頃から大の長嶋ファン、銭湯の靴札からロッカー、数字物はなんでも3番、未だに3って数字には思い入れの有る私、必然的に長嶋解任時を除き、ずーっと巨人ファン、しかしながら生え抜き無しの外様選手や外人選手ばかりの巨人になってからは、熱も醒め、たまに新聞を読み、最近はどうなんだ?ってくらいの関わり、思い入れでした。

しかしながらここ最近は新巨人再建計画として、可能な限り自前、生え抜きの選手を育てながら、他方他チーム有力選手を引き抜き、育成と勝利、両方を目指す態勢にシフト、メジャーのNYヤンキースの手法を取り入れ、オールド巨人ファンには概ね支持され始めたように思います。

最近の巨人は育成、二軍にかなり時間と金、知力を傾け、其の効果は望外に早く実を結び始め、現実問題としてファームとの同時優勝も目の前、いよいよ黄金時代へと差し掛かってきた感も有り、私としてはこの方向で何とか頑張って欲しいと念じています。

個人的には、打者では熊本工業出身の藤村君を応援しています、彼のスピードはおそらく球界でもピカイチ、2~3年後には一番バッターとして、相手チームを脅威に陥れている事でしょう!?

投手ではルーキーの斉藤君って右腕ピッチャーが面白い存在、楽天の岩隈投手のようなタイプ、しっかりストレートを磨き大成して欲しい物です。

鳩山と言う男

鳩山新首相の国連でのスピーチは、海外メデイアによると所作、内容、発音など概ね高評価、無難に初仕事を終えられたようで、日本国民の端くれの私としても、ほっと胸を撫で下ろした所です。

鳩山新首相の柔らかい物腰と「友愛」と言う甘い響きに惑わされ、彼をただの人の良い、いいとこのお坊ちゃん、と単純に判断するのは大きな間違いで、うかうかすると痛い目に会う。

史実として祖父の鳩山一郎は戦後、数年間フリーメーソンの一員だった事、「友愛」とはフリーメーソンの考え、教えを直訳した物で有る事は、世界史の好きな人なら衆知の事実である。

偏差値では日本で一番高い東大工学部理学科を卒業後、アメリカのエリートが集う、スタンフォードで博士号を習得,帰国後、専修大の講師を勤めた超知性派、反面、今の妻を略奪婚した、ラテン系の情熱家でも有り、其の信念の強さと、突破力は並みでは有りません。

元々自民党の中枢に居た彼は、自民内部では不可能だった官僚政治からの脱却、不均衡な日米関係の是正の二本の柱を持って離党、自社さ、連立から時も武村さんに失望して解党、最終的に民主党のオーナーになり、自民憎しの小沢一郎とタッグを組んで、遂に政権交替を実現。

十数年前、離党時のコメントに「官僚政治打破,日本のアイデンテイの確立を目指す」と謳っていますが、今回の国連スピーチで其の積年の想いの一端を吐露しているように感じました。

彼は総理の任期を終えれば政界を引退すると宣言しているが、其の政治家人生最後の4年間で、官僚政治の脱却、政治主導、北方4島の解決、冷戦後の日米関係の再構築、この3つを掲げている、
が、そんな容易い事じゃない。

しかし、私は彼ならこの内の一つや二つは案外方を付けてしまうんじゃないか?と少しは甘い夢を見ています、さあ読者の皆様はどう思われます?

子誉め

五代目しん生が得意とした「子誉め」って落語の演目が有りますが、荒筋は「人を誉める方法を教えてもらい、相手をご機嫌さんにして、ご馳走に与ろうって男が、頓珍漢な言動でひと悶着を起すって話

人は若く言われると気分がいいから、四十五の人には厄(四十一~三)そこそこ、五十なら四十五と、四、五歳若く言えばいいとアドバイスされるが、子供を誉める場面で応用が利かず、一歳の子供を褒めようとして、こりゃお若い~どう見てもただ(ゼロ)だっていう落ち。

其のお話の現代版的なニュースが有ったので、拝借すると

あなたは実年齢と比べて+-何歳に見られることが多いですか?
-5歳から8歳…12.8%
-2歳から4歳…50.8%
+2歳から4歳…19.0%
+5歳から8歳…2.8%
実年齢通りに見られる…14.6%

約半数が「-2歳から4歳に見られる」と回答。おお! いくらか社交辞令も入っているのかもしれませんが、これはうれしいことなのでは? 感想を聞いてみると?

■昔は嫌だったけど、今は得した気分になります♪(26歳/音楽関係)
■最近若く見られるのが嬉しくなってきた(28歳/食品関係)

■プライベートではうれしいけれど、仕事の場では少し上に見られた方がうれしい(25歳/プログラマー)。

さらに、「-5歳から8歳に見られる」と回答した人たちからも「あんまり喜べない」という回答が目立ち……。

■フワフワしているのかなぁ……と、少し凹んだ(27歳/アパレル)
■幼く見えるのは精神年齢も低く思われているようで

う~ん、あんまり若く言い過ぎると、かえって反発を受けてしまうのか!?

基本的に、初対面で実年齢をズバッと聞く機会も勇気も無い私ですが、僕は音楽や映画、流行の物等で、大筋の年齢を掴み、京都の人間ならどこに何が有ったって話で細かく探ります。

そして基本的に少し若く見積もって言うのが礼儀。

でも是からは、あんまし若く言い過ぎないように注意致します(笑)

哀悼の意

2009年9月21日、人気マンガ「クレヨンしんちゃん」の作者・臼井儀人氏の死亡が確認され、死因は登山撮影中に、足を踏み外して転落、事故死と発表された。

私の年齢では、クレヨンしんちゃんなんて別世界の話の筈ですが、息子と娘、子供が大好きで、必然的に日曜日、ちょくちょく見る羽目に落ちる。

結論から言うと、子供向け漫画ながら、結構味の有る話が多く、ブラックも効いていてなかなかに面白い。

確かダウンタウンの松本もクレヨンしんちゃんの映画を大絶賛していた記憶が有る。


まあ兎にも角にも惜しい人を亡くしたものである、心からお悔やみ申し上げます。

赤い唐辛子と青い唐辛子

うちの人気商品、青唐辛子胡瓜には、商品名の青唐辛子だけでなく、赤い唐辛子、鷹の爪もしっかり入っています。

先日、お客様から「両方入っているのには何か理由が有るのですか?」と言う素朴な疑問を投げかけられた。

待ってましたって事ではないんですが、こう答えました。

「理由は二つ有って、一つは青唐辛子は漬物にすると、色が目立たなくなって胡瓜と見分けがつきにくいので、ビジュアル的に赤い唐辛子を入れました、もう一つは赤い唐辛子と、青い唐辛子は辛さの質が微妙に違うので、二つを混ぜいれると、異質な辛さでは無いけれど、ぱっとくる辛さと、じ~んとくる辛さ、二段階の辛さが重なり、味に深みを与えるんですよ」と返答したらお客様はいたく感心され、「漬物屋さんって結構色々考えてるんだね~?」

そうなんです、結構色々考えておつくりしているんです(笑)

序に唐辛子豆知識、唐辛子が赤く色づくのは熱すにしたがってカプサンチンというカロチノイド系の赤い色素成分が増えるためです。

一方ダイエット効果があるとされているのは、唐辛子に含まれるカプサイシンという辛味成分。体温を上昇させ、熱エネルギー消費量を増大させると考えられています。

ですから、青唐辛子でも、辛味が強いものであれば、同様の効果が期待できます。

また、赤唐辛子の色素成分カプサンチンには、強い抗酸化作用があることがわかっていて、ガンや脳血管疾患、心臓病といった生活習慣病を予防する効果も期待できますよ。

つまり青唐辛子胡瓜、手前味噌になりますが、健康にいいお漬物って言えるんじゃないでしょうか?

漬物のアレンジ

一日一組様限定のお昼も、お陰様でそこそこ予約を頂戴し、何やかんやと慌しいものの、楽しく作らせて頂いている。

当初はお客様の来店ぎりぎりまで用意に追われていたが、最近はアシスタントの女性との息も合いだし、想像以上に早く準備が片付き、余裕でスタッフのお昼の賄まで作っている。

更には最初はお漬物の盛り合わせとおばんざい、そして珍味三種って感じの組み立てだったが、最近は1~2品は漬物アレンジ料理もお出ししている。

ここ最近の傑作は(おいおい、自分で言うなよって感じだが、近所の創作和食のご主人にも試食してもらい絶賛された)「じゅんさいと柚子大根の酢の物」

じゅんさいを酢洗い、加減酢を作り、しそ生姜の千切と合せ数分浸け置き、味が少しなじんだ所へ、みじん切りの柚子大根を加え、数分後に味見、みじん切りの山芋を加えた後、最後に一旦沸騰させ、角の取れた生酢を少量、柚子大根の柚子を加え出来上がり。

じゅんさいのぬるっとした食感に、大根の歯応え、山芋の歯ざわり、生姜と柚子の香があいまってどこへ出しても恥ずかしくない一品。

もう一つは塩味らっきょうのねぎ味噌漬、近清の漬物二つを組み合わせ、少し手を加えただけで驚きの商品となり、マレーシアからのお客様は、2セット買って帰られた、正に狙い通りって感じであった。

次はどんな漬物をアレンジしようかな~!?

政権交替はなったが、ブランドは交替せず。

政権交替で慌しい永田町ですが、ここ古西町はランチのお客様やお歳暮の打ち合わせ、年末商戦の打ち合わせと、お陰様で日々ばたばたと忙しい思いをさせて頂いております。

今晩もおせちの打ち合わせに祗園で食事、そんなに夜遅くはならないと思いますが、最近は深夜に外に居るのが億劫になってきて、いよいよ老境の入り口が見えてきたな~ってつくづく思う今日この頃です。

昨晩、何気に映画プレヴュー番組を観ていたら、「ココ・シャネル」の映画が紹介されていました。

まあ、シャネルの事は知らない訳でもないんですが、ほんま、表面、上澄みだけを知っているって感じの私、昨日じっくり数々のシャネルの逸話、功績を紹介され、妙に感動したので御座います。

特に心に響いたシャネルの言葉「流行は必ず流行遅れになる、私は流行は作らない、スタイルを作る」

う~ん、彼女の生き方、そして導入した様々な素材、生地、モード、全てこの想いに結びついています

やっぱ、まだまだシャネルやな~、自民党みたいにはならないわって思いました(笑)

9月14日備忘録

昨日、日曜日に読んだ、と言うよりは眺めた程度のレベルですが、日経に掲載されていた本「一言多い人」の見出しはなかなか興味深かった、今手元に無いので、この話は次回させてもらいます。

さて今日14日は休みだったので、午前中は自宅でゆっくり寛ぎ、知人の店で昼飯を食べ、友人やお客様から薦められていた、「藤城清治 光と影の世界展」を京都文化博物館へ行って鑑賞。

行ってみてほんまよかったです。

何がどう良いと言うレベルではなく、誰がどこからどう見ても良いって言う、絶対的な高さ、至高のレベルの展示会でした。

其の後、少し足を伸ばして京都中央図書館で、久々に現代史の本を片っ端から濫読通読、主に鳩山一族の歴史を辿りましたが、興味深く、今の彼の発言のルーツが判り、かなり面白かったです。

与党政治家としての手腕は、現状では未知数ですが、彼の発言や精神構造及び政治理念のバックボーンを考えると、是はかなり期待できるなって感じた一日でした。

其れと余談では有りますが、昼飯時に見た、小堺の番組に出演していた小柳トムの子供の話は彼らしい含蓄の有るいいお話でした。

長くなるので、詳しくは又別の機会に書こうと思います。

明日は新しいお店の近清のお昼としては初の外人のお客様、主客は日本の方なのですが、奥様がマレーシアのご婦人で、其のお子様、幼児がお二人、一体何を作ろうかな~??

お騒がせ、いいんじゃないですか?

先の石川県衆院選挙で、森元首相を破る寸前まで追い込んだ、田中美恵子議員、今その美貌と共にスキャンダルで最も注目されている小沢ガールズの一人。

コスプレ風俗ライターに映画でヌード出演の過去、出会い系サイトのサクラ説まで次から次にスキャンダラスな過去が出るわ出るわ、そして遂にエジプトでピラミッドに無断で登り捕まった逮捕歴まで出てきて、民主党も少し対応に困っている様子。

 政治家になったばかりに、過去がそれこそ丸裸にされてしまったが、「リークしているのは、田中氏の活躍をやっかんでいる元同僚」(出版関係者)なんてうわさも。

下手すればもっとスキャンダラスな話も飛び出す可能性は否めない。

まあ、裸一貫で生き抜いた女性として堂々と登院すれば良いのではないかと私は思うが、どうやらそんな簡単には収まらないか?

逮捕歴が有ったのは、流石に少しまずいと思うが、他の事はそれ程飛びぬけた才能が無く、運にも恵まれなかった女性が、何とか生き抜いてきた道程、証、どこぞのぼっちゃんやお嬢ちゃんより、よほど政治家向きだと思うのは、私だけでしょうか?

二兎を追う者は・・。

元来、漬物は保存食、すなわち高塩度、そしてひねて熟成したわびさびな食品。

ただ時代の嗜好、思考,指向により、最近は一般的に、保存食というよりはサラダ化してきている事は衆知の事実。

世の漬物フリークからは、批判される事も多々有りますが、是は悪い事でもなければ、良い事でもなく、商品として必然的な事と私は認識している。

近清の品揃えの基準は、国産原料とか無添加とか京漬物の伝統製法とか、色々有るけれど、煎じ詰めればお客様に買って頂かなければいけない、つまり売れねばならない。

そこで私の取った策は、保存食の性格の強い昔ながらの漬物を、少しシェップアップしては居る物の,昔ながらに作り続け、片方で最先端の技法を用いて、今風の商品も仕上げる、いわゆる二兎を追う者は、二兎とも得られる作戦を展開している。

今週は二台有る冷蔵庫の左側と右側で、全く性格の違う漬物を販売してみたが、見事にお客様が、左と右に分れ、二つの漬物は融合しないと言うか、販売は両立しない。

う~ん、どっちが正解なんだろうと、また悩み続ける日々を過す。

でもまあいいか!!どっちにせよお客さんは来てくださるんだから・・・。

こういう風に脳天気な漬物屋の夜は更けてゆく。

早起きは三文の得

今日は新作の浅漬けを御用意して、秋の感謝祭を開く初日、インフルエンザをぶっ飛ばせキャンペーンも既にやっているんで、準備の為、少し早い目にお店へ。

お店は通常9時オープン、いつもは8時過ぎはまだドアは閉めたままで、開いていないんですが、今日は空気の入れ替えでドアだけ開けて、店の模様替え、試食の準備などをしていました。

ばたばたと開店準備、お店がひっくり返る中、ふと視線を感じ外を見ると、上品なご婦人がお二人、ガラス越しにじっと中を見つめられていますんで、「どうぞ!」ってお声をかけるとおそるおそる店内へ。

ご婦人「お漬物屋さん?」

九代目「はい、おつけもんやです」「どうぞご試食下さい」

ご婦人「こんな早い時間から開いているなんて凄いね!?」

九代目「今日は秋の新作キャンペーンなんですよ!」

ご婦人「いや~ん、朝からついてるわ」

てな感じで、開店前から売り上げ。

どうやらお二人は観光客の方で、ホテルをチエックアウトして、当ても無くぶらぶら歩きながらの道中で、朝からごちゃごちゃしている、なんだろうって覗かれたってえのが真相。

ご婦人方曰く「もう五分、ドアが開くのが遅かったら寄らなかったわ」

私曰く「いや~、ほんまもう五分遅く起きていたら、ドア開けてないです」

両者口を揃えて「早起きは三文の得!!」

同棲時代

私たちの年代なら誰もが憧れた同棲、漫画や音楽、文学など、一大カルチャーでした。

そんな同棲に関して面白い統計が(以下、ネットニュース引用)

同棲した80%が幸せな結婚まで至っていない!?

 先日、このテーマにあわせて緊急アンケートを募集しました。
予想通りというか、その結果ではなんと驚愕の結果が出ました!!

1:結果的に結婚まで至らずに別れた 57%
2:現在同棲中、具体的な結婚予定あり 19%
3:現在同棲中、結婚したいが彼がしたがっていない 10%
4:現在同棲中、すでに別れたいと思っている 14%

 つまり同棲している(またはしていた)81%の経験者がその彼とは結婚というゴールインを出来ずに破局またはそれに近いカタチになっているのです。いくら1つのアンケートの結果とはいえ、それにしても8割ってすごくないですか?

 同棲は未経験者においては結婚に一番近いように見えますが、この結果からわかることは同棲は破局への序章になるかも知れないのです。

 なぜこのようなことが起こってしまうのか、今日もいつものように男性側の観点から探りつつ女性の皆さんへ1つの答えを導きだしていこうと思います。

■なぜオトコは同棲しても結婚へ向かわないのか……

 男性にとって同棲することで結婚に及ぼす影響を分析してみましょう。これは逆に考えれば結婚願望がある女性にとっては障害となってしまう事柄です。

1:同棲は男にとって結婚という憧れが薄まってしまう。
2:同棲は男にとってあらゆる面でラクができてしまう。

 まず最初に同棲することで男性にとっての「結婚という名の憧れ」が薄まってしまう。これは言い換えれば結婚というものに対して現実的な体験ができてしまうということです。

 男性にとっても若い頃は大好きな彼女と同棲という名の擬似結婚に憧れたりするものです。どうしても「この人と一緒にいたい!」という原動力は男にとっても重要です。仕事を終えて、毎日家に帰れば彼女がいるなど日常生活の1つになってしまうことは、結婚と言うワクワクする未知の世界への魅力が半減してしまうものなのです。

う~ん、どうなんでしょ!?

私も二十代半ば、ほんの少しの間ですが東京で同棲生活を体験しましたが、半年持ちませんでした。

どちらが悪いと言うわけでなく、まあ二人の若さが原因、憧れの同棲、小説や歌の中だけの話なのでしょうか?

9月10日備忘録

昨日は重陽の節句、と言っても特に何も無く一日を過し、秋冬の商戦に備えて慌しい日々を過している今日この頃です。

今日の朝、パソコンを開いて先ず目に入ったのは「瑛太&木村カエラが真剣交際」

私のイメージの中ではどんぴしゃのカップル、上手く行って欲しい物です。

次にカップルと言うのか、民主、国民新党、社民党の連立政権、小うるさいと感じながらも、今現在の政権運営上、連立は必須、難しい所で、来年の参議院後、ひと悶着!?

インフルエンザが大流行の兆し、明日からインフルエンザをブッとばせキャンペーンを本店でも開催致します、皆様賑々しくご参集の程を,宜しく御願い致します。

9tuki

閑話休題 女性の誉め方

ちょっと息抜き、夜の街の知恵って感じの話です。

ネットサーフイン(今こんな呼び方、もうしないんだろうか?)していたら、面白い記事が有った。

その記事は女の子が教える女の子の誉め方、つまり女性が言われて嬉しい誉め方を教えてあげるって記事。

それを何気に読んでいたら、前にナイトの店長から聞いた話と酷似している。

この話、そいつがネタ元って感じなぐらい、ただよくよく考えれば女性を喜ばせるプロだけに、正解を知っているのは当たり前なのかも知れないな~って変に感心した次第です。

その中の記事のいくつかを披露すると

1、アクセサリー

「いいね、そのネックレス」
「そのネックレスちょっと変わってるね、格好いいよ」
「よく似合ってるね、そのネックレス」

基本、アクセサリーは皆に見て欲しいもの、そして認めて欲しい物、ただあんまり具体的に誉められると引くんで、曖昧に抽象的に誉めるといいそうです。
似合ってる、おしゃれって言葉はやはり嬉しいそうです。
又、少し奇抜なデザインの時は、ちょっとそこをいじって欲しいのが女心だそうです。

ナイトの店長の誉め方

「いつもいろんなネックレスしてますよね~、さすがB子さん、お洒落ですね」

確かに、具体的には誉めズ、ポイントは全て押さえている。さすが

2、髪型

「髪切ったの?」はいいけれど「前髪、切った」はNGだそうです。
基本、髪型を変えたのに気づいて欲しいのは彼氏、彼氏以外の男には、変化は気づいて欲しいけれど、具体的な指摘は気持ち悪いそうです、このボーダーは判り易いボーダーです。

ナイトの店長の誉め方

「あっ、カットされたんですね~、いいですね~爽やかで」

この最後に「爽やか」「艶やか」「華やか」「キュート」「妖艶」「フエミニン」などタイプ、言って欲しそうな形容詞を付けるのがポイントだそうです。

いや~大体判ってきました、彼以外の男性からは「認めて欲しい」「気づいて欲しい」「誉めて欲しい」でも具体的にはキモイ,曖昧に適当にってとこですかね!?

インフルエンザをぶっ飛ばせ!!

新型インフルエンザが、いよいよ本格的に猛威を奮うって感じですが、一度パニックと言うかヒステリーになった反省と、政権交替劇の前に、いまいちマスコミでは報道しておらず、前のような大騒ぎにはなっていません。

ただ身の回りでは、他人事では無く、近所の小児科や耳鼻咽喉科のお医者様は、かなり神経質になられており、学校が閉鎖されたり、イベントが飛んだり、結構そちらかしこに影響は出ていて、関係者は結構どたばたされているようです。

インフルエンザのみならず、どんな病原菌が蔓延した時でも、掛かりやすい人と掛かりにくい人が居る事は皆さんも、実感されて居られる事でしょうが、その差は生まれ持っての抗体保持者、もしくは免疫力が強いかの違いだそうです。

ただ諦める事は有りません、抗体を予め持つ事はワクチンの接種で可能、そして免疫力を強める事は日々の生活で可能です。

ワクチンの接種はお医者さんにお任せして、免疫力向上、体質改善のお手伝いは、微力ながら食品業者にお任せ下さい。

詳しくは、HPでインフルエンザをぶっ飛ばせキャンペーンを始めましたので、ご参照下さい。

店舗の方でも今週からキャンペーンを開催致します。

御不審、疑問の点等、ご遠慮なく、お気軽に店頭、電話、FAX,メールにてお問い合わせ頂ければ、わかる範囲で、ご回答させて頂きます。

そういう私が、インフルエンザに掛かっちゃまずいので、しっかり漬物食べて頑張ります。

バブル時の祗園

18で祗園のクラブで働き出し、客として通うようになって32年、今にして思えば一番男としていい時期、そして遊んだ時期にバブルと遭遇している。

バブルの始まりは1985年のプラザ合意以降ってえのが定説、概ね1987~1991年位までがピークだっただろうが、余韻は1994~5年くらいまで続いたように感じる。

私が惣菜工場を作ったのが、1988年、豆腐工場は1991年、正にバブル全盛期で、銀行からは担保無しで、がんがん金を引っ張れたし、量販店も高付加価値商品の新製品、新企画、にどんどん乗ってくれた。

こつこつとやってきた零細企業も一気に花開いた時期で、不動産や株以外に日本全体に高揚感が有り、皆がよく儲け、よく消費、しかもどこからでも金が湧いてくるので、蓄える必要も無く、本当に経済としては好循環。

ただ景気はよいと言ってもわたしらは一介の食品業者、通常の商売の利益額は所詮知れているので、祗園に行けば慎ましやかに遊んでいた、ただお茶屋さんや高級クラブは誰かの紹介、裏打ち(保障)には不自由せず、分不相応なお店にも厚かましくも出入りしていた時期でもある。

この頃は独身で、二十代、中小企業のジュニア、祗園で最も、もてる時期にバブルと遭遇したのは幸せでも有り、不幸でも有った。

続く

その時々の遊び方

祇園町には3種類のパターンの遊びがあると言っても、昔数学で習った集合を思い出してもらえばいいんですが、交わらない部分と交わる部分が混在する。

その混沌としたカオスが非日常空間を醸し出し、擬似恋愛の街、祗園として花開く。

以前、格闘技をしている業界の後輩(テレビの解説を務め、かなり有名な空手塾の道場を一つ預かっている)から聞いた話で強烈に印象に残っているのは、「総合格闘技(バーリ・トゥード)何でもありってルールの戦いは見ていてみっともないし、そこに美が無い、それに技術も伴っていない、やはりボクシングのように厳しいルールの下でする格闘技は技術も磨かれ、観ていてそこに美がある、ルールがあってこそ技術が磨かれる」という話。

まだ今のように日本でバーリ・トゥードが観られない、ヒクソンって名前もよく知られていない時代の話なので、少し割り引いて聞く必要は有るけれど、一つの真実を言い表していると感心した覚えがある。

いいソフトを作るのには、いいハードが無けりゃいけないって解釈すれば、正に祇園町、ひいては京都って言う街は正にその図式がぴったり当て嵌まる。

3種類の遊び方

僕の考えでは、祗園は銀座や新地、中州やすすきのと違い一つ遊びのパターンが多い。

細かく分類すれば切りが無いので、二つの切り口で、ざくっと水商売を二つに分けると、現金(カード)で遊ぶお店か。つけで遊ぶお店と言う分類、もしくは女性の饗応が有るのか、無いのか、この二つで概ね全てのお店を色分けできる。

ジャンル分けで言えば、やれクラブだの、スナックだの、ピリピンバーだの、キャバレーだの、オーセンテイックバーだの、って分類は出来ますが、方向性、指向性、客層、遊び方などに大きく差異が出るのはこの分類だと思う。

この分類の仕方、組み合わせで大体の水商売の区分けが出来、大まかな相場が判る。

一例を挙げれば、付けのきく女性のサービスが受けられるお店、いわゆるクラブ、基本目の玉が飛び出るほど高い。

付けのきかない女性のサービスを受けられないお店、まあカウンターのバー、基本小遣い程度で飲める、みたいな感じである。

そして祇園には、この分類に単に入れるのには難しい、そして惜しい、お茶屋、置屋、芸妓舞妓って遊び方が、他の業種と上手く融合して存在している。

お茶屋遊びは、つけのきく女性のサービスを受けられるパターンに近いが、似て非なる物で、こんな単純な分類には入りきらない、と私は考える。

この三種類の遊び方、それぞれ独立もしているし、組み合わさりもしている、それらを全て飲み込んで上手に遊ぶのが、一流の遊び人なんだろうが、一口に言うほど簡単ではなく、大抵身体が持たず、更には身上が持たない。

続く

某飲み屋にて

先日、久し振りに痛飲して見知らぬ人と話した事、感じた事、書いて見ます。

最近、とんと飲みに出なくなったので、夜の祇園町の面白い話が仕込めない。

でもよく飲み出てる奴に聞いても、それ程面白い話は無いらしい。

やっぱバブルの全盛期、その前後は祗園や木屋町も活気が有って、面白く華やかだったけれど、今は本当に地味で所帯じみた街になってしまった。

今にして思えば、非日常を楽しむ街、金は無くても一歩、橋を渡ればけちくさい事を言って飲むのは遊び人の恥、徹底的に遊んだれ、金つこたれ、馬鹿騒ぎしてなんぼ、無駄使いしてなんぼって男や女の集合体だった頃と今を比べるのは大間違いなのかも知れない。

ただ僕はまだまだそこらの年寄りよりは若いんで、懐古趣味、昔はよかったって嘆くだけではツマラナイ!、やっぱ面白いところを探してでも遊ぶのが、僕ら世代の務めって気がする、或る意味使命感と言ってもよいのかも知れない。

そういう意味では今、クラブよりもスナックやガールズバーが面白いのかも知れない。

元もと、祇園町で遊ぶと言っても、大きく分けて3パターン有る。

続く

マグドといえばQSC

マグドは十数年前、都市伝説と言おうか、怪情報と言うのか、「バイトが開かずの冷蔵庫を開いたら猫の肉を発見した」って類の話が山ほど出て、マグドはその風聞にかなり神経質になり、以降POPにビーフ100%って表示を明記しましたが、あれは当時は全世界のチエーンで日本だけ、本国アメリカでは当然の如く表記されていませんでした。

実はあの類の話は枚挙に暇がないんですが、ミンチ肉に何かおかしな肉が入っているって言うのは、業界内ではかなり信憑性の高い話、と言うか常識です。

ただ食品のプロにとってはマグドナルドに鍵っては、その手の話は絶対無いな!って言うのがこれまた常識でした。

と言うのも、今や殆どのレストランチエーン、食品メーカーが行っているQSC「品質(クオリティー=Quarity)」「サービス(Service)」「清潔さ(クレンリネス=Cleanliness)」の頭文字を取ったもの。何ですが、是を最初に取り上げ実践したのがマグドナルドでした。

当時としては画期的な発想で、工場管理の厳しさは世界一と評されたそうです。

続く

ファストフードと言えばやっぱ、マグド。

マグドナルドを初めて私が食べたのは中学二年生の秋、京都寺町四条角の藤井大丸一階の東部分に出来た小さいマグド。

未だに覚えているのは、混雑時、寺町を南に並び、綾小路手前まで行列が出来た事、並ぶのが苦手な京都人でさえ大人しく並んでいました。

確か開店2週間程前から僕らのグループでは、学校終わったら全員で必ず行こうって約束、皆それぞれ小遣いを貯めたものでした。

それ程、開店当初、ハンバーガーは高価な物。

ハンバーガーは確か80円、チーズバーガー、フイレオフイッシュが100円、ホットアップルパイが60円くらいだったと記憶していますが、当時の百円は中学生には結構、おやつとしてはつらかった覚えが有ります。

続く

昭和47年の物価指数で見てみると、当時の1万円は今の2万8500円に該当するそうです。

その伝から行くと当時のマグドのハンバーガーは228円、フイレオフイッシュとチーズバーガーは285円って換算になります。

ただ当時、学食のきつねうどんが35円、ラーメンが60円、カレーライスが90円だったので、それから見るとやはりご馳走でした。

ファストフードの世界では・・

安い、早い、美味い、ってこのスリーフレーズキャッチ、どこのファストフードチエーンの物でしょう?

そう皆さんご存知「吉野家」さんの物です。

おそらくどのファストフーズもこの3スローガンを基本に運営して成長してきたのには間違いないのですが、この日本に置いては少しずつでは有りますが、FFは変化し成長し進化しています。

どこが?って事なのでしょうが、ここは世界的なFFと日本固有のFF、同列に考えるとややこしいので、先ずは世界的なFF,三大FFのマグド、ケンタキ、ミスドを考えましょう。

明確には発表されていず、専門家や業界筋の噂レベルの話も含めて書いていきますので、異論、反論ご容赦の程を。

先ずは確かな話から

マグドのエースメニューと言えばビッグマック、このビッグマックに欠かせない脇役に胡瓜のピクルスが有ります。

この胡瓜のピクルス、元々はアメリカから輸入された物を使用していたのですが、食感や風味が日本人に合わないと、直ぐに日本製品用に高知の漬物会社で委託製造され、最近ではマグドの子会社がオリジナルレシピで全量生産しています。

そのピクルスの製造レシピは元々は日本の漬物メーカーが考えた物なのですが、今ではそのレシピで本体のマグドもピクルスを作っているんです(最近、マグド自体がそれを戦略的に発表している)

その時の日本メーカー改良レシピ、一旦塩漬してきつく重石を掛け、調味液に浸けるって作業工程、調味液は本国と同じなのですが、工程細部を手直ししたそうです。

どこを手直ししたか?っていうのは当時の製造メーカー関係者から直接聞いた話なのですが、塩分の量を増やし、重石の圧力、プレス時間を延長、このポイントのみだったそうですが、何の事はない、胡瓜の漬物を作る通常の日本の漬物屋の基準に合しただけだったそうです(業界ではスポンジ製法って呼んで入社2~3年目の子でも知っている基本中の基本製法)

それだけで胡瓜の青臭さが抜け、歯応えがよくなり、味に深みが出たとマグドは大喜び。

つまり漬物の世界基準は日本の漬物屋の基準、漬物の技術は圧倒的に日本が優れていたって事なんですね~?

続く。
プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。