スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚生省

厚生労働省の職員が、長妻厚生労働相ら同省に常駐する政治家の対応に不満を抱いていることが28日、二つの調査で明らかになった。

厚生労働省が同省職員を対象に行ったアンケート調査によると、長妻厚労相ら政務三役から「現実的なスケジュール感の観点から納得のいく指示が示されている」と思う職員はわずか1・0%だった。

アンケートは、長妻氏の肝いりで設置された同省の「若手プロジェクトチーム」が職員の意識を探ろうと行った。出先機関などを除く本省職員約3200人に無記名方式で実施し、うち約750人が回答した。

「現在仕えている上司について当てはまると思うものはどれか」と複数の選択肢を示して質問したところ(複数回答可)、長妻氏や副大臣、政務官の政務三役に対しては、「おごりを感じる」が48・0%に上った。一方、「厚生労働行政に対する想(おも)いやビジョン(構想)が伝わってくる」は14・5%、「速やかに相談できる」が1・2%と低い評価だった。

自由記述では、「(長妻)大臣と(職員と)の不信感が著しい」などの指摘もあった。

長妻氏は28日夜、「チームには、耳が痛いことを言ってくれと指示していた。政治主導がどういうものか、省内に説明が届くようにしたい」と記者団に語った。

はっきり言って、日本官僚中、最低の集団、極悪集団の厚生省にまともな人間が乗り込んできたらこういう反応になるのは当たり前、それをマスコミもちゃんと反映して、報道して欲しいもんです。
スポンサーサイト

病院通いの訳

府立医大の件で、何人かの方から「どうしたん?」って問い合わせ貰ったんで、ここで簡単にご説明を。

21年前に、大阪のロシア式レーシックってまだメスで角膜を放射線状に切る、今から思えば原始的な手術を恐らく京都ではいの一番に受けました。

手術の代金は小型自動車が買える位の金額でしたが、0,06の視力が1,2に、手術後、5分ほど経ってから先生の「今何時ですか?あの掛け時計を見て答えて下さい」って問い(術後のルーテインだそうです)に、眼鏡無しで、すっと「1時です」って答えられたあの感激は一生忘れません。

あの時の満足感、幸福感から思えばあえて安かったと断言します。

友人の眼科医は、「ようそんな危ない手術したね~、それで今まで後遺症無かったン、奇跡的やで~」って言います。

府立の円錐角膜担当医も角膜をアップで見て「かなり原始的な手術ですから傷跡が残っていますね~それも変形してますね~」と言われていたので、今から思えば無茶な事をしたもんです、正に若気の至り。

でもまあ私は勉強のし過ぎで(笑)小学校5年くらいから近眼の眼鏡を着用、中学からサッカーを始めたのですが、サッカーは眼鏡が有ると出来ないスポーツなので、ほんま苦労しました、更には大学に入ってサーフインを始めた際には、遠くからやってくる波が見えず、波を取りに行くのに必ず出遅れ、ほんま悔しい思いを何回した事か。

高校時代には多分、0,1無かったと思いますが、何とかコンタクトで視力を絞りだし、免許なんかはどうも無かったんですが、海のみならず、サウナ、お風呂、プール等、水関係はコンタクトがアウト、ほんま苦労したんですが、最大の笑い話は大学の二回の時。

友人とサーフイン旅行、嬬恋のロッジで合宿したんですが、そこに本格的な25mプールが。

男5~6人で晩飯を賭けて水泳大会、僕は友人とぎりぎりの競ったレース、ただ目が悪いのでゴールの壁までの遠近感と言うか、残り距離がイマイチ掴めず、最後ゴール前の追い込みでぐいっと力を込めたら、そこは壁、鼻を強打し、出血、私は脳震盪を起こしてぷか~っと浮かび上がり、意識が遠のく間際のプルーサイドの皆の笑い声。

その後、運び込まれた医務室で「鼻骨骨折」と診断され、鼻に白いプラスチックのピラミッドのような形の鼻防御体を付けられ、又皆の笑い者に。

もう私にとっては、拓郎の嬬恋ではなく、鼻骨骨折の嬬恋なんです。

是もみんな、近眼が悪いんや!!

ゴマキ、再ブレイク?

ちゃらけているようで、たまに衝撃的なドキュメントを生み出す「金スマ」

またまたやってくれました「ゴマキ特集」

ネットを見ていてもかなりの反響で、モーニング娘と言うか、ゴマキファンの根強さ、そして新たな理解者の増加を感じさせ、持っていきようではゴマキ、再ブレイクの予感を感じさせます。

前に同じく元モーニング娘の加護ちゃんの事も書きましたが、あの娘達、相当鍛えられているし、根性は半端じゃ無い、きっかけさえ有れば何とでもなる、そこを考えてエイベックスもゴマキを買ったんでしょう。

テレビで結構、衝撃的な場面も有りましたが、まあほんまはあんなもんじゃない、二回、堕胎しているって話や、パパも居たって噂も、芸能界のどろどろを這いずってきたゴマキ、POP歌手ではなく、僕はいい役者さんに為るか、若しくはいいコメンテーターになるように感じます。

若しくはいっそ、社会派のフォーク歌手路線も有りかも、B路線は止めた方がいいように思います。

早乙女愛さん死去

早乙女愛さん51歳20日、多臓器不全のため米シアトルの病院で死去。

74年に映画「愛と誠」で、役名と同じ芸名でデビュー、相手役は西条秀樹で一躍人気女優に「シャブ極道」でヌードになり、その際、事務所社長の山城新吾の愛人と言う事が発覚、程なく結婚、引退、出産、渡米って感じだったと思います。

私は実は彼女のファンでした、高校生の彼女はほんま清楚で綺麗な女優さんでした、心よりご冥福をお祈りします。

イエパン

新しいフジのアナウンサーのニックネームではない。

家パンと言うのは、家でパンを焼く事、またその類の事。

今、食品ニッチ部門で最も急成長している分野が「家パン」だそうだ!

ご飯からパンへと逆転こそ許さない物の、大きく牙城を切り崩されたこの15年、その傾向に更に追い討ちをかけそうなブームである。

元々はホームベーカリーの機械を使って、パン屋さんの真似事を指す言葉だったが、各メーカーの注目を集める度、状況は変わり、今や冷凍種、オーブンで焼くだけ、更には出来たてのパンを急速冷凍、レンジやオーブントースターで温めるだけで、出来立てそのままって時代になってきているらしい。

確かに焼きたてのパンは何より美味い、何もつけなくても食パンが食える。

その食味を家で再現できるなら売れるだろうな~?

この開発はうちら米関係の業者より、街のパン屋さんが受けるダメージの方が大きいだろうな~と、パンだけに、いらぬおせっかいを焼きたくなる。

お後が宜しいようで(笑)

芸人と言う生き物

吉本興業所属の漫才コンビ「中川家」の兄・剛(39)が体調不良のため休養していることが23日、分かった。復帰時期は未定。

剛は前に一回、パニック障害で長期休養しているだけに、心配である。

松本、岡村と言う吉本中堅の顔がダウンし、また関西ではしっかりとした芸が高く評価されている中川家の兄、剛のリタイア。

松本のリタイアは持病の股関節炎悪化のせいと言われているが、岡村は鬱病と言う噂、剛もパニック障害で長期休養の前歴から、今回も神経の病気が懸念される。

3人に共通する点は、芸人としての独特のセンス、プロ仲間からも高く評価されているが、いわゆる新しい形を作ったと言える。

中川家はいわゆる大阪のお笑いの本道と一見思えるが、あのスピード感や形態模写の取り入れ方などは斬新だ。

特に彼らに共通する事は、天才が故に、生真面目で我が侭でそして孤独ってとこだろうか?

私はお笑いってネタを作る方は一種の芸術家だと認識している。

芸術家はいい物を作ろうとして、挫折し、酒や女、ドラッグに溺れ破天荒な人生を送った人も多数居るが、比較的社会に受け入れられている。

ピカソなんて、伝記を読めば滅茶苦茶だ。

ところがお笑いの場合は、テレビのコンプライアンスの関係上、また所属事務所が上場などしている為、どうも問題を起こし辛い構造になってきている。

いい例が横山やすし、稀代の天才漫才師を吉本は守りきれなかった。

そんな綺麗な水で生活を強いられると、そこそこのお笑い芸人は、何とか生きていけるが天才、若しくは異能の持ち主は精神が破綻してしまうんだろうか?

ああ悲しきはお笑い芸人と言う生き物である。

京都人の京都知らず

うちのお店は繁華街、名所から少し離れた所に位置するので、常連さん、若しくは雑誌やネットで調べた上での目的買いのお客様が多い。

又総じて打ちのお客様は京都初めて、って感じの観光客ではなく、かなり行き尽くした上で変化球と言うか、少し王道を外した京都旅行をしている方が多い。

そういう訳で、京都へ来たらうちに寄り、1時間くらいたっぷり話して帰るお客様もごまんといらっしゃるし、時には夜の酒食を共にするケースまで有ります。

そういう時によく話題になるのが、今京都の何処がいいか?と新しいお店の情報

はっきり言って、この二つの話題では完全にお客様にひけをとる、完敗である、正に京都人の京都知らず、である。

最近、もっともむかついた事

齢50を過ぎると、大抵むかつく事もそれなりに処理できるようになる。

ここ一週間でも、馬鹿が勘違いして訳の判らない事をしたり顔で話す場面に遭遇し、一瞬キョトンとしたが、まあそれも人生と流せたが、この記事は流せない。

「上(あが)る」「下(さが)る」「東入(い)る」「西入る」と、通り名を起点に場所を示す京都市中心部の住居表示が、岐路に立たされている。

京都独自の伝統的な表記だが、標準化の進むインターネットやカーナビゲーションの大半は通り名が不要なものとみなされ、入力しても地図検索ができない状態。

ネット広告や名刺からも通り名を抜く表記が増え、平安時代以来続く地名表記に親しんできた市民には「通り名がないと、場所がどこかわからない」と戸惑いが広がる。

「京都の不思議」の著書がある作家黒田正子さんは最近、ネットで化粧品を買おうと、京都市内の自分の会社の所在地を入力すると、受け付けてもらえず驚いた。

 京都市内は通り名だけでもほとんどの郵便物が届く特有の地域。黒田さんはいつものように「中京区高倉通夷川上る」と入力したが、店から宅配業者へ手配するコンピューターシステムが対応しておらず、町名と番地を改めて入力したという。

黒田さんは「標準化によって、京文化ともいえる通り名や『上る、下る』が消えてしまうような気がする」と危惧(きぐ)する。

はっきり言って黒田さんのような関東人でさえ、こう言っていって頑張っておられるのに、京都人の私が看過する事は出来ない、ほんま有り得ない。

もうこうなったら、京都は独立してやれ、京都観光王国とかにして、観光料とか、入京料とか取って、独立採算制でやっていけないものか?

その辺り、一回、京都人で集まって考えてみたい。

脱水症状に気をつけて

宵山から京は梅雨明け、17日の巡行時には快晴、それは喜ばしいお目出度い事ですが、それに比して気温はぐんぐん上昇の一途をたどり、33~4度を記録しています。

その気温の中を、しっかり歩きでお買い物にお越し頂くお客様が多数おられますが、17日のお昼、巡行見物を終え、買い物や名所見学をしながら、約一時間半歩かれてうちのお店へ。

お店へ入られた瞬間、判りました、顔色が真っ青、汗が噴出し、息ぐるしそうなお顔,脱水症状です。

直ぐに椅子をお出しして、ぬるま湯、お水、お茶と飲んで貰い扇風機の前へ、少し落ち着かれましたが、このままではどうしようもない状態、急遽、近くのサウナをご紹介し、身体を冷やして一旦、横になる事をお薦めしました。

その3時間後、お礼のお電話が入り、ピンピンしてお買い物をされている由、良かったです。

お茶だけはご用意していたのですが、黒豆茶は、少し癖があるので、急遽、昨日からはお水とアイス珈琲も仲間入り、お客様には極力飲んで貰うように努めています。

今日も朝から同様のお客様が一人、椅子からのパターンは同じ、若い女性だったので、近くの漫画喫茶をご案内、少し身体を冷やし、横になる事をお薦めしました。

しかし京都って僕らが思う以上に暑いんでね!?

台風一過

嵐の前の静けさ、台風の後の荒涼とした寂寞感、毎年両方とも味わえる祇園祭宵山。

昨日は物凄い人出で、お店も何やかんや11時前までオープン、さっと後片付けして帰途に着いたのは12時前でしたが、その時はまだ夜店の撤去、学生集団の嬌声、鉾町の人々の宴会、などまだまだ騒がしいもんでしたが、一転して今朝は7時過ぎに店へ来たら、通りは昨日の喧騒が嘘のように静かで、道端に少し落ちているフランクフルトの包み紙が、より一層物悲しさを奏でます。

いよいよ祇園祭クライマックスの山鉾巡行、今日は午前中は暇でしょう、昨日の後片付けに精進します。

宵宵山

昨日の大雨が嘘のように今日は晴れ渡って・・って床までは行きませんが、曇天ながら雨の心配は無さそう。

涼しい夜を迎えられそうで、今日の夜は凄い人出が予想されます。

今晩から二日間、近清は夜の10時まで営業、近江屋清右衛門カレーも西洞院六角で営業します。

お近くにお越しの際は是非覗いてやってみて下さい。

宮里藍考 2

彼女の神はアニカ・ソレンスタム、アニカと言えば、54ビジョン。

54ビジョンとは、スウェーデンナショナルチームのヘッドコーチ、ピア・ニールソンのコンセプトで、1ラウンド18ホール全てでバーディーを奪い、スコア54を達成するという考え方です。

宮里藍は必ずサインの最後に54と書くことは有名で、その神のメンタルトレナー、ニールソンをメンタルトレナーとして迎える僥倖に出会います。

これもアニカが若くして引退する、と言うタイミングならばこその出来事でした。

宮里藍が日本で絶頂の頃、日本のメジャー大会のコースの長さは全長で約6400ヤード。

一方、米に渡って本土の大会は7000ヤード。

この差は飛距離の無い宮里には大きく、日本ではそれ程ハンデになりませんでしたが、米では相当苦しみます。

一見、長いんでパー5、ロングで苦戦って感じさしますが、日米でロングはそれ程、距離差は無く、実際瀬田の北コースなぞは女子でも560ヤード、本土の大会並み、と言うより長いケースさえ有ります。

実は宮里藍にとってパー4こそが鬼門だったのです。

日本のミドル、パー4は概ね420前後が多く、時にはメジャー大会でさえ400を切るコースが殆どですが、アメリカでは440~470が多く、時には500を越える、日本ではロングと言えるコースも有ります。

ゴルフは今更言うまでも無く、パー3,4,5の三種類で成り立っていますが、18ホール中、ほぼ3が4,5が4、残り10がパー4、今回の全米は5が2で、パー4は12となっています。

是だけ考えても飛距離が無い宮里藍がパー4で苦しむと言う事はどれだけ辛いかと言う事が証明されます。

宮里藍のドライバーの平均飛距離は243ヤード、全米女子一番の飛ばし屋、ミシェル・ウイーは279ヤード、何と36ヤード平均で違うと言う事は、ロング等のOBの危険性がすくない所では40ヤード以上置いていかれます。

仮に550ヤードのコースなら、ミシェル・ウイーは追い風なら2オンも狙えますが、宮里は絶対無理で、3打目も100ヤード近く残るケースがざらでした。

しかしこのケース、2オン狙いの女子は少なく、バーデイを固く取りに行くタイプは3打目勝負、宮里藍と同じ土俵,使うクラブもPW以下の同じクラブで勝負なので、宮里もそれ程遅れを取らない、しかも18ホールを通して2~4回、気持ち的には辛いでしょうが、現実問題としては凌いでいました。

宮里藍考

朝早く起きて全米オープン女子を観ようと思ったら雨天中断から中止へ。

そこでダイジェストを観ていたら興味深いシーンが有った。

それは宮里藍の一風変わった練習スタイル。

バランスボールに両足を乗せ、7アイアンくらいで練習球をクリーンに打ち抜く、文章なら簡単だが、これは実際、アマチュアのシングルさんでも容易でない。

それに一スイングを一分半かけて振りぬく、太極拳スイング練習、これも本当に難しい。

実は十年程前に通った,ミズノゴルフスクールで、太極拳スイングの勧めを受け、何百回振るは振ったが、酷いもんだった。

バランスボールに乗ったスイングと、太極拳スイングを見ていて、前に藍ちゃんの昨年位からの快進撃を解説していた戸張さんの話と、最近ネットでよく見るスイング理論の広告、この3つが、ぴたっと結びついた。

ア~なるほど、そういう事なんや、ハ~見つけた、そう正にアハショックだった。

戸張さんの解説だと、アメリカに渡った当初の宮里藍は、男子並みのコースの長さ、そして40ヤードも置いていかれる飛距離差に「フエアじゃない」と、嘆き予選を落ちるたびに悔し泣きしたそうだ。

そしてアメリカに渡り、二年間泣かず飛ばずで、マスコミから色々と風評が飛び、どん底まで落ち込んだ際、彼女は神と出会う。

ランチ激戦区 1

お店に居る時は、ちょくちょく近所の飲食店でお昼を食べます。

自転車族なんで、結構遠くまで食べに行くんですが、実はうちのお店の近所は中華の美味しいお店が結構有ります。

最近よく行く中華料理屋さんは四条堀川北側の「明同源」元々は烏丸六角にあった香港風中華料理の名店「HaL」の料理長が、閉店と共に独立、ここで3月くらいからオープン。

一応、香港風中華となっているが、ランチメニューはかなり豊富で40種類はある、よく食べる日替わりは750円、お料理2品とサラダ、スープ、デザート、本格的な料理の割にリーズナブル、何を食べても手作りで、業務用冷凍物は使っていない。

でもそんなお店なのに、この辺りはランチ激戦区、お昼でも空席が目立つ。

参院選

参院選、いまいち盛り上がっているのか、いないのか?

マスコミは結構、かますましいが、少なくとも政権交代間近のあの時ほどは、有権者は燃えていない。

是は事の重要性、つまり衆議院なら政権交代が有るが、今回はそこまで行かない、と言うよりも絶対民主党は、後3年は解散しない、と言うポイントと、有権者に「ほんまに参議院いるのかよ~」ってマインドが有るって事も作用しているんじゃないでしょうか?

議員定数削減、歳費削減、公務員給与削減、まあ色々方法は有るのでしょうが、先ずはこの辺りをクリアーしてから、消費税行ってよって思うのは,私だけなんでしょうか?

今日は何の日?

お恥ずかしながら、本日は51回目の誕生日、思えば長く生きてきたもんだと、それなりの感慨を抱きます。

二十代の頃は、50歳なんてえらいおっさん、と言うより初老に感じた物ですが、いまだ学生時代と左程変わらぬのりで遊んでいます(笑)

僕と同じ誕生日には、詩人のラ・フォンテーヌ、石油王のロックフエラー、作曲家の三枝さん、脚本家の三谷幸喜さん、その他物書きが多く、書くセンスが有る人が多いんでしょうか?

一応、60歳で仕事をリタイアして、ロック喫茶を木屋町で開き、のんびり酒と音楽と若い女性の嬌声に溺れて生きていく余生が夢。

後9年、悔いの無い余生を迎える為、日々精進致す所存で御座いますれば、皆様のより一層のお引き立てを・・。

眠れない夜

眠れない夜、泉谷の歌の題名ですが、正にこれが続く。

1週間、眠れない夜が続くと鬱って言うのが医学会では常識らしいが、私は既に半月を超えようとしている。

しかし私は鬱ではない、ただただワールドカップのせいである。

今日も3時間程前に起きて、オランダ、ウルグアイ戦を観たが、いい試合だった。

やっぱトーナメントは、予選より一ランク面白い。

今日は今大会でも一番面白い試合が期待できる、ドイツ、スペイン戦

また眠れない夜が続く。

もらい泣き

テレ東系「うちくる」って笑って泣かせる、中山ひで、クボジュン司会の番組を今日はじっくり観て泣いてしまった。

ゲストはいとうあさこ、アラフォーのお笑い芸人、彼女でなんで泣けるって話ですが、彼女は超が付くお嬢さん、お父さんは銀行頭取、祖父、父、兄、全て東大、彼女も小学校から高校まで、あの名門雙葉学園に在籍、しかしながら高校時に家出、それも尾崎豊に感化されたってだけの理由で。

結局高卒で、バイト人生、男にお金を貢く、それが生甲斐って言う、彼女の苦闘、苦悩の人生が始まるのですが、番組前半は芸人仲間で彼女のお嬢さんぶり、また駄目女ぶりを面白おかしく話し、場を盛り上げる。

番組後半で彼女の親友達が登場、さすが雙葉学園出身、皆さん、お上品、いとうとは偉い違い。

その友人がいとうに手紙を書き、それを読むコーナーがある

大きなエピソードとして、いとうがバイト人生で今までとは180度違う人生、それを見兼ねた友人達が、成人式だけはって事で彼女に晴れ着を貸し、彼女の友人家族とホテルで食事、そしてホテルで晴れ着の写真撮影、久方振りの華やかなひと時を演出、その時に使った帯揚げ、帯締めを友人の母親から記念に頂いたって話。

もうこの時点で、いとうは涙がじわ~、こっちも貰い泣き一歩手前。

そこからが本番、実はその帯揚げ、帯締めは、いとうの母親が、友人の母親がいとうの成人式を催す事の許可を得る際に、用立てした、そしてその母親が用立てしたのを黙って、友人の母親が記念とお守りにって渡した、更に食事の際、そのレストランの窓の外から、いとうの母が我が子の晴れ着姿をそっと覗き見していた、って20年ぶりに告白、そのくだりでいとうは絶句、人間ってほんまにびっくりするとあんな顔になるんだ、って思った瞬間、いとうが号泣、それをみてもう完全に私はアウト、ぶわって涙が噴出しました。

う~ん、いい話だった、子を持つ親には堪らない話でした。

祇園祭

京都のこの時期、四条烏丸を基点にして1km範囲は、そこら中で祇園囃子「こんこんちきちんこんちきちん」が聞こえて来ます。

居よいと14日から歩行者天国になりますが、近清でも14,15,16は店舗開店時間を延長、通常6時までのお店を10時まで開いております。

お近くにお立ち寄りの際は是非覗いてみってやって下さい。

半夏生

半夏生(はんげしょう)は雑節の一つで、薬草の名でも有る。

七十二候の一つ「半夏生」(はんげしょうず)から作られた暦日で、かつては夏至から数えて11日目としていたが、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日で、毎年7月2日頃にあたる。

農家にとっては大事な節目の日で、この日までに農作業を終え、この日から5日間は休みとする地方もあるし、天から毒気が降ると言われ、井戸に蓋をして毒気を防いだり、この日に採った野菜は食べてはいけないと言う謂れも残る。

上方ではこの日に蛸を、讃岐では饂飩を、福井県では大野市などで焼き鯖を食べる習慣が今でも旧家には残ると言う。

まあそういう訳で、今日は契約あしい農家は雨でも有り、お休み、お昼から酒を喰らって寝るって算段らしい、う~ん羨ましい。

地獄はこれから

大嶽親方の角界追放は確定、光喜関も99%追放になるだろう。

今二人の経済状況は判らないけれど、もし野球賭博の借金が残っていたら、地獄はこれからだ。

借金が有って、法的に破産しようが、どう清算しようが、税金とやくさへの借金は棒引きにならない。

税金なら,財産が無くなればそれまでだから良い物の、暴力団の借金は内臓を売ってでも返済させられるし、法的根拠の無い家族親戚にも取り立ては及ぶ。

大嶽親方が早々に離婚、大鵬親方と養子縁組を解消したのも、それが一因か?

二人にはショービジネスの世界への道も有るだろが、何処まで受け入れて貰えるだろうか?

同じく暴力団と繋がりの深い、と言うよりほぼ下部組織の格闘技への転出止む無しの感も有る。

二人の身に最悪の地獄が訪れない事を祈るのみである。

気分は夏

7月に入り、近清も祇園祭モードに入り、お店もプチ模様替。

商品の品揃えも「夏」って感じになります。

昨日は八坂神社で、各鉾町の吉符入、今日二日は、巡行の順番を決める為、各鉾町代表が市役所に集まり、くじを引きます。

3日からは、それぞれ各鉾町の行事や準備があり、10日からいよいよ鉾建てが始まります。

是から梅雨真っ只中、鉾建ての際に雨降りはほんま気の毒、でも漬物屋としては野菜に雨が欲しい(笑)


タイミングよく雨の降ることを祈願します。

サッカーに感け、仕事を疎かにしたつもりは無いんですが,6月は売り上げ悪かったです(涙)

少しワールドカップ寝不足も解消したものの、7月に突入し、お中元の出荷、祇園祭の粽配り、また宵山の準備に忙殺されています。

祇園囃しの音色もだんだんと習熟され、いよいよ本番直前、かなり耳障りが良くなってきました。

あ~京都にまたあの地獄のような夏が訪れます。

昔から、京都人は疲労回復の為に、夏の食にはかなり気をつけます。

そんな京都人の知恵とも言える総本家 近清のセットは如何ですか?(うあわあ~メッチャ仕事してる) 


近清九代目セレクト 夏こそ浅漬あっさり、はんなり、夏の浅漬好評発売中です。

プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。