スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24時間テレビ考

今、日テレの24時間テレビの真っ最中、先だってはフジの24時間。

どちらかと言うと、フジの方が局のキャラクター的にも面白いし、好きだが、ここ2年紳助色が強すぎ、かなり臭い企画になってきているように思う、それでも中には24時間ならではの企画も有り、まだ大人の視聴者が耐えれる(岡村の離脱はやはり大きかったが)

しかしそれにしても日テレの24時間は年々、酷くなる。

こんなので、障害者を本当に守れる、守る為って言えるのだろうか?

誤解を恐れずに言えば、身体障害者を晒し者にして視聴率を稼いでる、番組時間を埋めているとしか思えない。

乙武洋匡さんが「24時間テレビ、僕も好きなたぐいの番組ではありません」と番組批判、それ以外にもかなりの身障者から同意見が有るようだ。

湿っぽくする必要も無いが、祭にする必要も無いと思う。

このブログにも以前書いたが、TBSの高嶋ちづ子のお姉さん(ダウン症)をドキュメントした番組は良かった、製作者の意図が伝わった本当に良い番組だったが、これを日テレ関係者は一度検証してみる必要が有ると思う。

それに真夏に100km、毎年走らす必然性は有るのか?

僕はカンペイちゃんの回で終わっとくべきだったと思う、あの時の感動はもう二度と来ない。

エドはるみ、いもと、はるな愛、酷すぎる・・・。
スポンサーサイト

小沢一郎のウルトラC

小沢一郎出馬の報以来、各メデイアが盛んに世論調査を行っているが、世論的には小沢不利ではある。

又野党のみならず、政権与党内部でさえ、1年以内で3人目の総理は?政治と金の決着は?って考えも根強く、もし仮に小沢一郎総理になった場合、自民党の攻撃の矛先は一斉に小沢一郎に向けられ、まともな国会運営は出来ない状況は、充分想定される。

私は99%小沢勝利と予想しますが、このまますんなりとは収まらないだろうし、折角政権を獲ったのに、ねじれ国会、予算委員会紛糾、来春解散総選挙って事になれば、虻蜂取らずになる。

そこで私は考えた、何故小沢はそんな状況なのに、最後の勝負に打って出たのか?

検察審査委員会の問題は、法律的には全く問題ない、極論すれば、検察の嫌がらせとも言えるし、マスコミもちょっと騒ぎに乗り過ぎていると思う。

先回書いたように、小沢は党運営、幹事長ポストと政権の肝、官房長官ポストが欲しいのである。

この二つを仙石と枝野に握られているのが嫌、元々管総理とはそれ程悪くない。

ここで小沢のウルトラCが有ると私は昨日閃いた!

そう、代表選に勝って、挙党一致の名目で、管さんを首班指名し、幹事長ポストを譲り受け、現有の内閣はほぼそのまま移譲、仙石、枝野両名を更迭若しくは祭り上げるって事で手を打つ。

つまり小沢代表,管総理って形を作り,表は管,裏は小沢,是で行けば菅さんも手を打つだろうし、前原、岡田、野田辺りも次に目を残せるだけに喜んで乗る、自民は攻め口がなくなり、マスコミはそのウルトラCに批判の矛先が鈍り、国民も了承せざるを得ない、正に一石二鳥どころではない離れ技である。

やっぱ小沢は凄い事考えてるんだな~!?(違った、僕の妄想でした)

小沢一郎のシナリオ

あえてトップを狙わず、「二重権力」「剛腕」の名をほしいままにしてきた小沢一郎が、首相の座に直結する民主党代表選に名乗りを上げ、ほぼ確実に総理になる見通しだ。

小沢氏は、89年に47歳の若さで自民党幹事長に就任して以来約20年、政権交代の節目には、政党トップよりも幹事長、代表代行、代表幹事などのナンバー2として実質権力を掌握してきた。

彼は事実、二回ほど総理になれる場面を自ら固辞し裏方に廻っている、是は師匠、田中角栄の「政党人の最高ポストは幹事長だ」を実感するひとりなのだろう、事実インタビューで「極言すれば、自分のやりたい政治を実現するためには、むしろ総理にならない方がいい」とまで言い切っている。

其の小沢が総理に就任の道を選んだのは、衆院当選14回、68歳、政界再編を、政治家生活最後の大仕事と考えたのだろう。

僕の考える小沢一郎のシナリオは、先ず民主党の代表として総理になり、民主の不満分子、おそらく管、仙石、枝野、辺りは放逐され分裂する、そこで自民の古手と合流、公明も取り込み、自民党中堅議員、もしくはみんなの党渡辺善美を首班指名、新党で政権運営し、自分は代表を譲り幹事長につく、このシナリオだろう。

もし万が一、代表戦に負けても民主を割って自民、公明、みんなの党と組めば、どっちにせよ政権政党の幹事長ポストは手に入る。

いずれにせよ彼は来年夏には、新しい党の幹事長になっているって寸法です。

小沢一郎が総理になる日

遂に小沢氏出馬宣言、呼応するかのように管総理を支持していた鳩山元総理、小沢氏支持発言。

小沢さんは鳩山さんと会談し、自分も管君も総理をした、後は小沢さんだけだって、言ったか言ってないかは判らないが、急遽、小沢さん支援に廻った。

是で8,2で小沢さん勝利、先回も書いたが、圧勝出来る基盤が出来るまで出馬宣言しないって予測していたが、鳩山グループを味方につけ大差勝ちが確定、遂に小沢さんが総理総裁になる日がやってきた。

小沢さんは政治と金の問題で、今のままでは起訴される可能性も少し有り、其の火消しに入った、とマスコミは書くが、私は政治生活の最後の仕上げに入ったと認識している。

事情聴取を3回もして不起訴にした案件、しかも被害者が名乗りでていない現状、不起訴不当の検察委員会の判断で、起訴するわけがない、それなら検察はいらない事になる、何が何でも不起訴になる事は法律の知識が多少ある人は皆知っている。

今冬には公明との連立は80%以上の確率で行われるだろうし、順次、自民党議員の流入も考えられ、ねじれは早晩、解消、この業績だけで政治と金問題は民主党内で先ずは封印、一気加に円高ドル安へ何らかの施策を敢行、それなりの結果を出せば、産業界、国民の信任も得られる。

小沢氏の最終目標は何か?って言うのは一言では片付けられないだろうが、当面は二点、沖縄普天間問題と経済か?

普天間は原案通り実行すれば、沖縄県民と警察とが、血で血を洗うプチ内戦になる可能性も出てくる。

ここは豪腕小沢の腕の見せ所、何らかのボーナスを先ずは地元につけ、次いで10~15年後の国外移転の約手を打つって感じだろうか?

経済は円安にはじゃぶじゃぶ金を発行して円の価値を下げるしかないが、一方隠れた所で、今日本の投資会社が世界中、特にアメリカの情報通信、医薬品、バイオ、食品などの最先端化学産業を買収しまくっている事がアメリカから発表された。

この買収が後、1~2年続けば、日本は次世代の金の卵を得られる、実はアメリカに苛められた意趣返しに出ている事が判る、やっぱ経済って面白い。

この仕組みを小沢は是認していくと私は思う、つまり一旦円安に持っていって、再度円高に為替を振らすんではないだろうか?

まあ兎にも角にも、遂に来た、小沢引退前の最後の興行、どんな見栄を切ってくれるのか、私は楽しみで仕方が無い。

三谷映画

三谷幸喜が、深津絵里主演で新作「ステキな金縛り」(来秋公開)を撮ることが分かった。

三流女弁護士が、西田敏行演じる幽霊を証言台に立たせる“法廷コメディー”。

竹内結子ら豪華共演者も加わった期待作に、三谷監督は「今までで一番笑える」と自信満々。


ほかにゲスト出演者として、唐沢寿明、深田恭子、篠原涼子、佐藤浩市も登場。

とくに篠原と佐藤は、それぞれ「-有頂天」で演じたコールガール「-マジックアワー」で演じた“勘違い俳優”村田役で出演。

この設定はなかなか楽しみで、来秋が待ち遠しいって感じですね~!?

劇薬に付き、取り扱い注意

政治は魔物、政界は魔界、正に一寸先は闇って、野中元自民党幹事長の言葉ですが、昨日、今日の政界の動きは正に魑魅魍魎が蠢く地獄絵図、何がほんとで何が嘘、誰が味方で誰が敵って様相を呈して来ました。

僕の参院選直後の予想では、9月の代表選は小沢氏本人は立たず、小沢グループから海江田さんが出て、鳩山グループが割れる物の、小沢グループが海江田さんでは纏らず、樽床さんが急遽担がれ、漁夫の利を得た管総理に、両人が惜敗って絵図だったんですが、どうもその構図は無くなってきました。

小沢さんの存在が、民主支持率凋落の元凶って民主党現役議員、マスコミが盛んに喧伝し、その流れで管総理になったのですが、管総理の実力不足、意外と根強い国民の小沢総理待望論、この二つが参院選後、まるで炙り出しのように滲んで出てきました。

実はマスコミが騒ぐほど、小沢さん、嫌われてないんじゃないって空気は選挙前から有ったんですが、恐くて言えなかった、でも今なら言えるって事でしょうか!?

小沢さんを推す動きは益々加速しそうですが、是は現状のねじれ国会打破には致し方ない、つまり小沢人脈による公明との連立絡み、って想いが、反小沢系議員の中にも有るからでしょう。

既に公明、山口代表は小沢さんとなら部分連立OKってサインを幾度と無く出して居ますし、マスコミは否定していますが、みんなの党、渡辺、江田さん両首脳と小沢さんは、実は政治構想が近いです。

小沢代表なら,連立政権,充分可能性有ると思います。

小沢ダミーではなく、小沢氏本人が代表選を戦えば7,3で勝つと現時点で予想されますが、小沢さんは負ければもう一丁上がり、政治家として終わるので、もう少し足場を固め出馬宣言って手筈なんでしょう!?

国民は小沢を支持しないってマスコミが騒いでも、今の閉塞状況を突破するには、心臓病患者にニトログリセリンを飲ます、つまり日本の現状打破を小沢って言う劇薬で、って考え方は充分成り立ちます。

小沢嫌いの私でさえ、金に汚い、この一点で、小沢に任さない手は無いような気もしています。

しかし改めて海江田さんって、人望無いな~って今回、つくづくと思いました(笑)

ヨーカ堂お前もか!?

イトーヨーカ堂が中国から輸入した冷凍うなぎかば焼きを、輸入者を別会社に改竄(かいざん)して転売したとされる事件。

うなぎはその後、複数の業者間を流通、一部は賞味期限も偽装された疑いが強い。偽装の連鎖。消費者を無視した企業論理の横行が浮かんだ。

ヨーカ堂によると、平成17年に中国産のうなぎ加工食品から、発がん性のある合成抗菌剤「マラカイトグリーン」が検出された。

ヨーカ堂側は「廃棄するか中国に返品した」と説明するが、当時は中国産うなぎを買い控える消費者が増え、在庫がたまる傾向にあった。

「問題のない商品をグループ外の業者に売った」とも話している。だが、県警や横浜市などによると、「問題ない」とされていたうなぎの一部からも微量のマラカイトグリーンが検出されていた疑いがあるという。

ヨーカ堂は、約78トンのうなぎを海産物輸入販売業「高山シーフード」に販売。うなぎは輸入業者を「高山」とした箱に詰め替えられ、横浜市の魚介販売業「ヤマト・フーズ」など計7社に転売、輸入業者の改竄だけでなく、ヤマトでは賞味期限を2年半も先に改竄していた疑いが浮上している。

この一件で、ヨーカ堂側、卸業者、かなりの数の逮捕者が出ているが、違う視点で考えると物凄い恐い流通の裏側が見えてくる。

ヨーカ堂の逮捕者に輸入食品のマネージャーが居るが、おそらくこの人は稟議無しに、もしくは事後承諾で、数億円程度なら購入を決済できたと考えられる。

そんな権限を持っている人に「助けてよ、おたくも儲けさすからさ」って言われて冷凍鰻を持ち込まれて断れる出入り業者が果たしているだろうか?

昔、雪印食品の偽装改竄を告発した西宮冷蔵って会社が有ったが、直ぐに潰れてしまった(その後再建したが)

あの状況を知っている人なら絶対断れない。

今回の事件、氷山の一角のような気がする、って言うよりも似た様な事例は無数に有ると思う。

と言うのも、私自身、関西大手スーパーに3年半居た経験が有るが、その時ももっと違法性は薄いが、業者に圧力を掛けた事例は経験しているし、退職後数年経って、数人の逮捕者が出ている(おおやけになっていない)

う~ん、ヨーカ堂で有るっていう事は他でもあるのだろうな~、もしくはヨーカ堂だから有ったんだろうか?

この件は、業界に知り合いも多数居るので、もう少し突っ込んで検証してみたい。

靖国参拝の是非

菅首相と全閣僚が15日の靖国神社参拝を見送ったのは、中国や韓国などアジア諸国に配慮するとともに、自民党政権との違いをアピールする狙いもあるとみられる。

首相は15日午前、静養先の長野県軽井沢町から帰京して公務に復帰。千鳥ヶ淵戦没者墓苑で献花した後、全国戦没者追悼式に出席した。靖国神社には首相や閣僚だけでなく、副大臣、政務官も参拝しなかった。

首相は就任直後の6月、参院本会議で「首相や閣僚の公式参拝は問題がある」と述べるなど、首相在任中は参拝を見送る意向を繰り返し表明してきた。今月10日には日韓併合100年を機に「痛切な反省と心からのおわび」を表明する首相談話を閣議決定するなど、アジア重視の姿勢を前面に打ち出している。

是に対して、自民党や一部マスコミから批判が出ている。

まあ当然と言えば当然なのだが、是で中韓は日本批判のカードを一枚失ったと言える、考えようによっては管政権の大陸寄り外交が批判されているが、中韓はかえってやりにくいのではないだろうか?

売り言葉に買い言葉って語句が有るが、或る意味売らない管政権、難癖のつけようがない。

そこまでは管さん、考えてないか?

平成の3まお

隠れ芸能オタクの私のアンテナに引っ掛かった芸能ニュース

井上真央ちゃんが、来春のNHK朝ドラのヒロインを務めることが決定。

新人有望タレント登竜門って感じの位置づけだった朝ドラに、実績たっぷりの井上真央、何てたって平成の三まおの一人である。

どうやら低迷を続ける朝ドラのヒロインは、無名女優ではもう無理、ゲゲゲの女房もそれなりに実績の有る松下奈緒で何とか格好をつけているだけにっていう感じの上層部の判断起用か?

どちらにしても楽しみ。

僕は前々から彼女はNHK向きって思ってたんです、何の根拠も無く。

老眼対策は二十歳から

私は老眼がきつく、ほんま苦労しているのですが、老眼は世間一般では、かなり誤解されているようです。

私の友人の眼科医の話

「老眼は成長が止まる20代から始まり、20~30代は目が疲れたぐらいしか思わず、自覚症状がない」

「昔と違いパソコン、携帯と目に負担が増えている今、若年性の老眼はかなり増えてきている」

「目は水晶体と呼ばれるレンズの役割を果たす部位が薄くなったり厚くなったりすることでピントを調節して、水晶体が硬くなると、ピント調節機能が低下して物が見えにくくなる、これが老眼、気をつけなければ行けないのは、水晶体は紫外線を吸収することで硬くなってしまう事」

「近視の人が老眼になりにくいというのは、デタラメで、老眼は目の老化現象やから加齢とともに水晶体が硬くなるのは自然の成り行きなの」

「老眼対策には外出時に紫外線の吸収を防ぐサングラスをかけること、目に負担をかけないよう早い目に眼科で状態を検診してちゃんと合った眼鏡を作る事」

「デイスカウントの眼鏡やさん、行く時でも眼科で処方箋を書いて貰えば確実な眼鏡が作れる、検診して処方箋書いても2千円まで、長い目で見れば安いよ」

宇多田ひかるとイーグルス

宇多田ひかるのブログを読むと、私達世代には、電撃的な音楽活動停止の理由がよく判る。

27歳にして、既にやるべき事をやり尽くした感、そして反対に売れたが故に何にも出来ていない、出来なかった感、両方が混在する心境なんだろうが、きっと彼女は出来ていない感の方が優るんだろう?

自分自身への評価,達成感は必ずしも世間の評価とは一致しないって言う経験を私達世代は大なり小なりしている、その部分で言えば彼女は凄いギャップを抱えてしまったのかも知れない。

有名な話だが、イーグルスと言う、どこにでも有る仲のいい、品行方正なカントリー系ロックバンドが、たまたまホテル・カリフォルニアって音楽史に残る名曲を作ってしまい、馬鹿ほど売れてしまったばかりに、急に入ったお金の上手な使い方が判らず
、更には社会派ロックバンドイーグルスは何を出すって言う期待に潰され、酒、ドラッグ、女に走り、挙句の果てに仲間割れ、解散って道を辿ってしまうストーリーと多少被る。

しかし彼らはそれぞれが音楽活動を続け、或る時、再結成し全世界ツアーを敢行、世界中のファンがその仲の良い姿を見て感涙にむせんだって言ういい話、彼女も又必ず唄いたい時がやって来て、凄いパフォーマンスを見せてくれる事だろう、でもそこまで私は生きているんだろうか?(笑)

宇多田ヒカル人間活動宣言

歌手の宇多田ヒカル(27)が9日、同日付の自身のブログで年内をもってアーティスト活動を休止することを発表した。

「来年から、しばらくの間は派手な『アーティスト活動』を止めて、『人間活動』に専念しようと思います」と宣言した宇多田は「2年になるか、5年になるか、わからないけど、一回り大きくなって帰ってくるから。少し時間をください」とファンに呼びかけ、今秋には新曲も含めたシングルコレクションを発売することを明らかにした。

1998年12月の衝撃デビューから12年。「15才からずっと音楽ばっかりやってきました」と振り返った宇多田は、「この12年間、アーティストとしては色んなことにもチャレンジしたし、少しは成長できたと思います。でもこれ以上進化するためには、音楽とは別のところで、人として、成長しなければなりません」との思いから「来年から、しばらくの間は派手な『アーティスト活動』を止めて、『人間活動』に専念しようと思います。

新しいことを勉強したり、この広い世界の知らないものごとを見て知って感じて、一個人としての本当の自分と向き合う期間になると思います。それが結果的にはアーティストとして私の成長につながるはず」と今回の決断に至ったようだ。

宇多田は『引退宣言』ではないとしながら、『休養』でも『充電期間』でもないと複雑な胸中も吐露。気持ちよく『人間活動』に突入するためにも、「今年いっぱいは、ぱ~っと音楽活動したいと思います!」と綴っている。

う~ん、このまま本当に朽ち果てる前に休む事はいいのかも知れないが、このまま引退って言う可能性も否定できず、かなりショッキングな話です。

シンガーソングライターって言葉、定義が当て嵌まるのか、当て嵌めなくてもいいのか、まあどっちにせよ、今の日本は一人の天才の力で歌が売れる世界ではなく、プロの戦略集団,プロデユースで売って行く時代、AKB48が売れる時代に宇多田は成り立たないんだろうか?

初めてFM大阪でオートマチックを聞いた時の衝撃は忘れない、凄いって思い、またその曲の歌い手、作り手が15歳って言うのに引っ繰り返った。

ファーストラブの「最後のKISSは、煙草の香がした~」って歌詞を何で15歳が書けるんだ~って作詞能力に痺れた。

その後の曲も、歌詞が凄い、メロデイも凄い、Flavor Of Lifeなんかは彼女じゃなきゃあそこまでせつなく聞こえなかったと思う。

帰ってきてくれよ~~ヒッキー。 

8月8日

今日は私の尊敬と言うか好きな人が二人生まれた日、二人とも外人、既に一人はお亡くなりになっている。

一人はアンデイ・ウオホール、一人はダステイン・ホフマン。

両者とも何の説明も要らない程の有名人だが、一応自分の整理の為にもプロフを。

アンディ・ウォーホル(Andy Warhol、1928年8月8日 - 1987年2月22日)はアメリカの画家・版画家・芸術家でポップアートの旗手で、銀髪のカツラをトレードマークとし、彼を崇拝するミュージシャンは多くロックバンドのプロデュースや映画制作なども手掛けたマルチ・アーティスト。

ピッツバーグのアンデイ・ウオホール美術館に行きたくて、何回かアメリカ旅行の際、調整したが、叶わなかった事がこの歳になって最大の悔いです。

彼の手がけた「ヴェルベット・アンダーグラウンド」はジャケットも音楽も高校生の私に強烈な印象を与えました。

そしてもう一人はダステイン・ホフマン

好きな映画俳優を5人挙げろと言われれば、彼は必ず入れる。

1937年8月8日生まれ、ロシア系のユダヤ人で、コンサートピアニストになる希望を持っており、ロサンゼルス音楽学校に入学したが、その後医学に関心を持った彼は音楽学校を落第する前にサンタモニカ市立大学に入学し一年間学んだ。

その間に「演劇科は誰も落第しない」と聞き、落第を避けるため最終的に演劇科を選択した。ジーン・ハックマンと共にパサデナ劇場で二年間演じた。また彼らはしばらくの間ルームメイトだった。

数々の名作に出演しているが私は何と言っても「卒業」

「卒業」は私のきな映画NO1、大きくなったらラストシーンみたいな花嫁の強奪をするんだと学生時代はずーっと思っていました(笑)

民主代表選

昨日は久々の梯子酒、痛飲、鯨飲、よく飲みました、美味しい酒でした、ご同伴の方々、感謝。

さて民主党代表選、菅さんで決まりって感じでは治まらず、ひと波乱、ふた波乱有りそうな雲行き。

海江田さん、出馬表明により、鳩山、小沢グループ結束の流れかと思いきや、樽床さんも出馬表明、ちょっと判り難くなってきました。

先回、参院前の代表選は反小沢連合VS親小沢の図式でしたが、今回は管執行部グループVS反管執行部集団の図式、現状この流れは管さん、苦しいです。

総理をころころ変えない、って事が望ましいとアメリカ議会にまで注釈を付けられていましたが、求心力の無い総理ならやっぱりチエンジの必要が有ると思います。

私は早急に民主に見切りをつけ、自民回帰って馬鹿げた思想は1mmも有ませんが、「管総理は野党の代表向き、与党の総理の器ではなかった」って言う政治評論家の三宅さんの意見を支持します。

管総理支持を打ち出している、岡田、前原元代表のお二人も、結局は政権の重石になれず、民主らしいと言えば民主らしいんですが、鉄の団結、体育会系運動部や同好会ではなく、夏はテニス、冬はスキーのサークルって感じの日和見集団、分裂も有ると週刊誌は書きたてていますが、それは無いです。

小沢さん離党、政界再編って御伽噺も有り得ず、結局は反管グループで担いだ総理誕生、上手く転べば長期政権樹立って感じでしょうか?

そういう意味で海江田さん、どうなんでしょうか?

本人は票田を持たず、力が無いけれど、鳩山グループだけに、菅さんの票を食えるポジション、小沢さんの覚えがよく、民主左勢力とも近いだけに菅さんより基盤は強く、今回かなりの勝算有りの出馬表明,おそらく勝つと予測します。

枡添さん的匂いも有りますが、苦労人だし経済に明るいんで、意外といけるかも?

2010年8月6日雑感

今日は京都は今夏最高気温を記録するのでは?って予報が朝から出ています、確かに暑い。

かの地もおそらく暑いだろう、65年前の今日、広島に原爆が落ちた。

私自身、被爆地広島に物凄い特別の思い入れが有る訳ではないが、そんな私でさえ何かぐっと来る物が今日はある。

広島も長崎も、また沖縄でも戦災の後を訪れ、一言ではいい表わせない感情を抱いた私ですが、特別何もできはしない。

もうこの歳になると、徴兵って事は無いだろうが、我が息子にはあるやも知れない、何とかその様な制度が復活しないように政権を見極めなければ行けないと思う。

世間一般では自民はタカ派、民主はハト派って認識されているようだが、実はそうでもないと私は考えている。

民主の左寄りの方が、意外と日本が潰れそうに成った時、軍事に走るような気がしてならない、まあ考え過ぎかも知れないが、今の民主の自民よりと言うか、自民の施策をなぞり出した事は、案外悪くないって感じています。

まあそんな事を考えながら、今日は冷酒で献杯でもしようかな?

危険

連日、テレビを賑せている高齢者の生存不明問題。

東京都内で住民登録がある高齢者が死亡していたり、登録地に住んでいないことが判明した問題で3日現在、全国で100歳以上の男女計18人の所在が確認できないことが、毎日新聞のまとめで分かった。なぜこうした事態が相次ぐのか。

足立区で111歳の男性とみられる白骨遺体が見つかった事件。男性の地域を担当している民生委員の女性(73)は行政の限界を指摘した。

女性が最初に男性宅を訪れたのは93年。1年に1度、都営バスと地下鉄の無料パスを配った。パス制度が取りやめになる98年まで訪問を続けたが、娘が「父は元気にしています」などと答えるだけで、本人の姿を見たことはなかったという。

男性が今年1月、都内男性最高齢になったため、女性が「区からのお祝いを渡したい」と男性宅を訪ねた。家族は「会いたくないと言っている」と説明。2月に再度訪れると、孫と名乗る男性が「岐阜県の施設に入っている」と愛想良く答えた。

その後、今年で民生委員をやめる女性は「気になる問題を解決しておこう」と改めて電話した。

だが、家族は「施設ではなく実家にいる」「体調を崩している」と説明を二転三転させ、面会を拒否された。

近所の人たちも「会ったことがない。家にいないのではないか」と話したため、区役所の担当者と相談して警察に届け出て、事件が発覚した。

行政に、システムの限界や落ち度はなかったのか。

女性が担当する町内では毎年、65歳以上の高齢者にマグカップなどの記念品を配る。各戸に回覧板を回して対象者の名前を書いてもらっていたが、確認の方法は住民票しかなく、「家族が『いる』と言えば、それ以上家の中には入れない」という。

また、民生委員が担当するのは独居老人や生活保護受給世帯で、一般家庭への訪問は少ないのが実情だ。女性の担当町内だけで独居老人は約45人に上るという。

新たに100歳になった人については、厚生労働省が都道府県に毎年、戸籍などの書面調査や生存確認などを求めている。

調査結果を受けて記念品を贈るが、生存確認の方法に厳密な規定はない。

生存確認の根拠となる住民票と戸籍についても総務省は「本人や家族が届け出るのが原則で、自治体が内容が正しいかどうかをチェックすることは事実上、難しい」と話す。

淑徳大の結城康博准教授(社会保障論)は「家族が高齢者を助けるという性善説だけでなく、公的機関が適切に現場介入できるような仕組みを構築しなければ」と制度改正の必要性を訴える。

足立区の担当者は言う。「高齢者を監視したり、家庭の中に入る権限は行政にはない。今回の事件は民生委員などの人手が足りないとかいう以前の問題だ」

このニュース、色々な問題を秘めていると思う。

元々、日本社会は「恥を知る」文化の下に作られている法律や規則が多い。

親が死んでしっかり弔わなければ恥、親の死を秘匿して年金を貰うなんて恥、それよりも何よりも人として、嘘をつくのは恥。

そんな概念が通用しなくなってきた、と分析出切る事例ではある。

しかし私は思う、何らかの改正は必要とは思うが、この一件でマスコミはあまり走りすぎない方が良い。

やはり行政の家庭への介入は最低限に推し留めるべきで、今回を機に行政の家庭への介入権を強化しようとしない方が良い。

もし行政が、警察に準ずる捜査権を持てばどうなる?

年金不正受給の金額は、年間、数千万に及ぶかも知れないが、敢えて私はそれでいいと思う。

元々、社会主義よりの民主党、行政強化による民衆監視は臨むところなのかもしれない、って考えるのは穿ち過ぎだろうが、権力は基本的に民衆監視の法律は作りたいものだ。

高齢者の生存確認は粛々と出来る範囲で地方行政で行い、捜査権は今より強化しない、この線でマスコミ報道もお願いしたい。

ショックです。

映画評論家の今野雄二さん(66)が2日夕、東京都渋谷区代官山町の自宅アパートで死亡しているのが見つかった。警視庁渋谷署などによると、室内で首をつっており、自殺とみられる。

今野さんは雑誌の編集者を経て映画評論家となり、テレビ番組「11PM」で映画紹介を担当。また、音楽評論や翻訳も手掛けるなど、幅広く活躍した。

知らない人が多いかもしれませんが、私はこの人、大好きでした。

常に流行の最先端、びんびんのアンテナを持ち、物知りでお洒落、話も面白く、業界系の大人ってこんな感じだろうな~って憧れていました。

噂ではゲイ、って話でしたが実際はどうだったんでしょうか?

でももうこんなお歳になられていたんですね~、加藤和彦さんの自殺とだぶります。

心よりご冥福をお祈りします。
プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。