スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年ドラフト雑感

大学ビッグ3と言われた斉藤、大石、澤村はそれぞれ日ハム,西武,巨人へと決った。

大石は何と無く西武って感じが僕はしていたが、巨人逆指名と取れる報道の有った澤村だが、強気に中日と日ハムが来ると思っていたので、単独指名は、巨人ファンとしては嬉しい誤算だった。

また一方、中日は故障中の大学左腕NO1の大野を一本釣り、中日スポーツでは故障は相当深刻と報じられた経緯も有り、巨人と言うか讀賣と共に、マスコミを親会社に持つ両球団のしたたかさと言うか狡猾さが際立ったドラフトだった。

斉藤が日ハムは嫌だと言った、と言う一部報道が有るが、それは間違い、斉藤が嫌だった球団は、オリンピックやWBCに否定的、非協力的な落合中日だと言うのが、どうやら真実らしい。

インターコンチネンタル杯、高校時の海外遠征、更にはメジャーを視野に入れた今の大学生投手にとって、国際大会に非協力的なチーム、監督はナンセンスな事と捉えているそうだ、沢村や大石も同じ様な意見だそうで、そのポイントから見れば、彼らの入るであろう3球団は国際大会に積極的、先ずはほっと胸をなでおろしている事だろう。

今年のドラフトの勝ち組、負け組みって言うスレが、既に何本も2チャンネルに立っているが、数年後まで本当の結果は判らない、でもそんな杓子定規な事はやめて、どこが勝ち組、負け組みって感想を・・。

先ず我が巨人軍は完璧に勝ち組だろう!!

一位の澤村の評価は今年の投手ではNO1,最近の大学生で言えば上原にまで遡る評価の高さ、怪我さえなければ通産100勝は上げてくれると思う。

更に宮国、田中はどちらも肩肘に故障持ち、もし万全なら2,3位で獲得できていない投手、4位の小山も隠れた逸材らしいが、どちらかと言うと即戦力ではなく素材型、澤村を獲得できた巨人の余裕の表れと言える、

更に一部の高校生ドラフトマニアの間で、かなり評価の高かった旭川の成瀬を育成でGET、ここ数年、野手中心の巨人としてはいいドラフト、勝ち組といえる。

後、僕が良かったと思うチームはやっぱり日ハム、西武、目玉の二人で90点、日ハムは更に乾、榎下の即戦力投手を獲得、西武も日通の牧下を獲得、チーム事情から考えてみても言い補強だった。

一方負け組みはオリックス、ヤクルト辺りだろうか?ソフトバンクも微妙、しかしながらこの3球団の高校生野手が、将来のクリーンナップでも打つようになれば、勝ち組に転化する、だからドラフトは面白い。
スポンサーサイト

ドラフト2010

今年も又やってきました、ドラフトが。

ドラフトだけでネットにスレッドが立ち並び、特集号が書店で馬鹿売れ、実はドラフトマニア、ファンはかなりの数、存在すると思われます。

まあ何を隠そう私も大のドラフトマニア。

シーズンの勝ち負けより興味有ります。

今年は早稲田の斉藤君、大石君、中央の沢村君、3投手がビック3らしいんですが、それ以外にもプロに入れば10勝出来そうな大学生、社会人がごろごろ並大豊作年、夕方が楽しみです。

我が巨人軍は沢村君で行くんだそうですが、100%競合すれば負ける予感、そこで一二三君辺り残っていれば獲得して欲しいって妄想しています。

それでは夕方、5時半ごろかな?

待ち遠しいです。

do

多様化

今、正に社会は多様化、メジャーな物だけでなく、マイナーな物もしっかり根付いている。

以前、趣味や文化の少数派は情報やコミニュテイ等、得る場所、機会が圧倒的に少なく、折角生まれても発展せずに、消え去っていくシャボン玉のような運命だった。

しかし今は、ネット社会、少数派が生き残り、集まり、それなりの発展する形、道を見出している。

正に多様化はネット社会がもたらした産物と言えますが、反面、今まで多数は、メジャーな物は、其の優位性、君主的な特権が奪い取られてしまった。

1千万人プレイするスポーツも、10人プレイするスポーツも、ネット世界では、発信者の優劣で伝達される情報量、スピードは差がなくなってきた、と言うより、逆にマイナーな物の方が、深く突っ込んだ情報、更には密接なコミニュテイの形成を実現している。

今年、其の現象を最も顕著に表している事例はズバリ、これ

10月30日から開催されるプロ野球・日本シリーズ、中日ドラゴンズvs.千葉ロッテマリーンズ戦の第1・2・5戦が、日本シリーズとしては中継開始以来初めて、地上波による全国中継が行われないことになった。

日本プロ野球界の最高峰イベントと言っても過言ではない日本シリーズだが、なぜ、地上波でオンエアされないのか? まず、ここで重要なのは、「各球団が放送する放送局を指名する」という慣例である。大手広告代理店で番組スポンサー獲得業務を行う30代男性によれば、今回、愛知県の放送局で、中日ドラゴンズの中継に強いCBCの関連会社であるTBSが、まず全国ネットの中継を頼まれたようだ。だが、同局はすでに別番組の放送を予定しており、今回は中継を辞退した模様。

さらに同社員は、日本シリーズ中継にまつわる「しがらみ」をこう説明する。

「日本シリーズの場合、完全中継をしなくてはいけないんですよ。プレイボールから、延長戦になった場合、そして最後の監督インタビューまでも含め、すべて中継しなくてはいけません。そうなると、放送時間が延び、(予定していた他番組の時間変更や放送中止を迫られるため)デメリットもある。(野球の視聴率が落ち込む昨今、日本シリーズ放送によるメリットをデメリットと比べた場合)デメリットの方が多いと判断したのかもしれません」

このデメリットとは、一言でいえば視聴率が落ち込むリスクのことだ。現在、ゴールデンタイムだと視聴率「10%」のノルマが明確に求められるとのことで、中継延長になった場合のリスクはもちろんのこと、「そもそも中日vs.ロッテで視聴率がと取れるのか?」と各局が不安に思ったのではないかと指摘する。

もうこの時期、日本中で野球でお祭騒ぎって事は一生無いんだろうか!?

試食

今日は今度東武百貨店で行う,新撰組が愛した湯漬けスタイルの試食をお店で再現。

器の大きさ、食べるスプーンの大きさ、持った時の温度、お米の量、お味噌の量、お湯の量などをチエックしました。

百聞は一見にしかずって言葉がありますが、いくらPOPでアピールしても、上手な試食には勝てません。

私の感覚ではなかなか、この試食スタイルは良い感じ、きっとご来場の方々に喜んで頂けると確信しています。

阪神が終わり、まだ日は有るわって思っていたら、何と来週には東京行き、日が経つのは早いもんです。

リアル楽天うまいもん市場@東武池袋店

今月末、10月28日午前10時からから11月3日午後5時まで、東武池袋店にて、表題の催事が有り、近清も並み居る名店から選出され、阪神百貨店に続き出店の運びとなりました。

連続出店は二十数軒、楽天さんか「期待していますから」と強いエールを頂戴し、責任重大です。

阪神さんでは、ネットとの連動による初催事、少し戸惑いが有りましたが、今回は二回目、きっと成功させるつもりです。

私も7日間、びっしり売り場におりますので、関東方面の皆様、是非お立ち寄り下されば幸いです、今回から発売する新商品も持って行きますので、どうぞ宜しく御願い致します。

1ドル60円台への道

円高ドル安、遂に1ドル81円台って見出しが、各新聞、テレビ、ネット、あらゆる媒体、メデイアで報道されている。

先回も書いたように、尖閣問題なども含め、基本的には円高をアメリカに対し容認した民主党政府、80円の大台を割るか、割らないかって経済評論家がテレビで話していたが、そんな甘っちょろい問題ではないと私は思う。

私が大学生の時(1970年代後半)一ドルは220~30円で推移していたが、当時からこの水準はおかしい、アンフェアと経済誌には必ず書かれていた。

当時、卒論は中東経済を書いたが、丁度オイルショックの頃で、円安ドル高の是正は間近に迫り、ひょっとしたら1ドル=100円の頃が来るかもしれない、ってショッキングなみだしから書いたのを覚えている。

変動相場制への移行後、上下を続けた円相場は1970年代末にアメリカのインフレ対策への失望から急速に円高へ進んだ(ドル危機)。

ポール・ボルカーFRB議長により新金融調節方式が採用されるとドルの金利は急速に上昇し、合わせて円相場は円安へ向かった。

1985年、高すぎるドル相場の安定的是正を目指してプラザ合意が行なわれると、円相場は1年で2倍の円高となり、バブル経済期に一時的な円安を迎えた後、1995年にかけて円高が進み1ドル=70円台後半まで円高が進んだ。

1990年代後半には「強いドル政策」と日本の金融危機により円安が進行、以後、緩やかに円高に向かい90円台で推移していたのが、リーマンショック以降、70円台を目指して、まっしぐらって感じである。

今の状況は円高ドル安、ではなくただのドル安と言える。

アメリカ経済の闇は相当暗く、そして深い。

1ドルが80円でもまだまだバランスが悪いと、欧米の経済関係者、政治家、官僚は考えている。

ヨーロッパやアメリカの国益を考えた場合、内需奨励、矮小な地域での相互発展、例えばユーロ内、北、南米大陸内での発展を目指し、日本は潰れてもらってもは困るが、潤ってもらっても困ると考えられている、そして日本の底力を、日本人以上に欧米人は高く評価している,是が性質が悪い。

以前の円高は日本経済がしっかりしていて、日の登る国ってアメリカの雑誌にもかかれた勢いの有る円高だったが、今は日本経済がぼろぼろの状況下での円高、しかもアメリカ経済の浮上は後、数年ははかかり、是は本当に深刻な問題で、このまま行けば70円台どころか、60円台も可能性はゼロではない。

今、この問題を解消するには、内需喚起、円高を利しての国外投資、そして其の投資の回収、中国元の切り下げ、くらいだろうか?

兎にも角にも、為替介入を日銀は又始めるし、金融緩和もするようだが、まだまだ手緩いし、遅い。

仙石官房長官は、極左なのは有名だが、現閣僚はかなり左寄りで、経済に弱い、是は本当にやばい。

今の民主政権管体制では、日本の建て直しは無理なんじゃないだろうか?って本当に恐ろしくなってきた。

早く何とか経済の判る人が総理になって欲しいもんである。

四条大宮

うちの本店の最寄り駅は、地下鉄なら四条烏丸、阪急なら同じく烏丸か四条大宮になりますし、大宮なら嵐電の駅も有ります。

どっちが近い?ってお客様から聞かれる事もしばしばですが、まあどちらからも歩いて10分程度、同じような距離って言えるでしょうか?

今日は近所の街紹介、四条大宮の話を。

四条大宮は今や阪急の特急は止まらない、と言うので小さい街と思われがちですが、1963年(昭和38年)まで、阪急京都線の終着駅だったこともあり、大阪から京都へ入ってくる玄関町、当時は商業施設の集積地、未だ駅附近は往時の繁華街の雰囲気をとどめています。

僕が中学生の頃の大宮駅は、梅田の小型版、阪急食堂街が一階に有って、二階に喫茶店、十字屋(レコード、楽器)ピアノ教室も有りましたし、結構土産物屋さんが出店されていました。

周りにはバスのターミナル、タクシーの乗降場、大型バスの駐車場も有って、正にターミナルでした。

今もそのときの名残で、大宮駅を少し北に上がると、戦前の雰囲気を醸し出す長屋街、一杯飲み屋、飲食店が軒を連ね、十三のような雰囲気を醸し出す一角が残っています。

二十年程前は映画館も有り、大層な繁華街でした。

それに大宮と言えば、あの餃子の王将の一号店生誕の地、私も小学校5年の時、開店した王将に餃子を買いに、帷子ノ辻から嵐電でやってきた叔母と一緒に並んだのを覚えています。

続く

伏見パルスプラザ

近鉄竹田駅から車で10分程度、京セラ本社に隣接するパルスプラザで、明日から2日間、商社の顧客様向け、大即売会に近清も出店致します。

一流ブランドも結構出ている即売会、どのメーカーも即売会ゆえの特価販売、年2~3回催されますが、一日数千人の来客、結構賑います。

近清も漬物を2~30%OFFで販売、更には九代目スペシャルの「お漬物ちらし寿司」も限定40食販売(売り切れごめん)

どうやら期間中、雨予定ですが、みなの奮闘で、雨など吹っ飛ばせって勢いで頑張ります。

本店もぼちぼち観光客のお客様も増えだし、この3日間、そこそこの集客が見込めます。

九月、かなり暇だったんで、兎に角今月は頑張ります。

円高、オバマ、尖閣

円高、オバマ、尖閣、この3つのキーワードが下記の軍事演習を行わせる、って書いても判り難いですか?

日米両防衛当局が、11月のオバマ米大統領の来日直後から、米海軍と海上自衛隊を中心に空母ジョージ・ワシントンも参加しての大規模な統合演習を実施することが明らかになった。作戦の柱は、沖縄・尖閣諸島近海での中国漁船衝突事件を受けた「尖閣奪還作戦」。大統領来日のタイミングに合わせ統合演習を実施することにより、強固な日米同盟を国際社会に印象付け、東シナ海での活動を活発化させる中国軍を牽制(けんせい)する狙いがある。

 日米統合演習は2004年11月に中国軍の潜水艦が沖縄県石垣島の領海を侵犯して以来、不定期に実施されている。複数の日米関係筋によると、今回は、中国軍が尖閣諸島を不法占拠する可能性をより明確化し同島の奪還に力点を置いた。

 演習の中核は、神奈川・横須賀を母港とする米第7艦隊所属の空母「ジョージ・ワシントン」を中心とする航空打撃部隊。イージス艦をはじめ、レーダーに捕捉されにくい最新鋭ステルス戦闘機F22、9月1日から米領グアムのアンダーセン基地に配備されたばかりの無人偵察機グローバルホークも参加する予定だ。

 第1段階では、あらゆる外交上の応酬を想定しながら、尖閣諸島が不法占拠された場合を想定。日米両軍で制空権、制海権を瞬時に確保後、尖閣諸島を包囲し中国軍の上陸部隊の補給路を断ち、兵糧攻めにする。

 第2段階は、圧倒的な航空戦力と海上戦力を背景に、日米両軍の援護射撃を受けながら、陸上自衛隊の空挺(くうてい)部隊が尖閣諸島に降下し、投降しない中国軍を殲滅(せんめつ)する。

 演習は大分・日出生台(ひじゅうだい)演習場を尖閣諸島に見立てて実施するが、豊後水道が手狭なため、対潜水艦、洋上作戦は東シナ海で行う。

 演習に備え、米海軍はすでにオハイオ級原子力潜水艦「ミシガン」(1万6764トン、乗組員170人)を横須賀基地に派遣。最新鋭のバージニア級攻撃型原潜とともに参加する。

 空母ジョージ・ワシントンは、作戦半径1千キロ以上の艦載機のFA18戦闘攻撃機や、数千の標的を捕捉できるE2C早期警戒機を使い、東シナ海洋上から中国沿岸部だけでなく内陸部の航空基地も偵察する。

この軍事演習がどれほど凄いかと言うと、記憶に新しい韓国哨戒艇が北朝鮮の潜水艦に沈没させられた、其の時の軍事演習より規模が大きく、設定が具体的だということです。

この演習により、やはりアメリカは21世紀も日本をアジアのパートナーにしていくんだ、中国じゃない、と言うメッセージを全世界と言うよりもアメリカ国内に発信、中国に強く注意を促しました。

この措置により日本は一応の面子を保ち、バーターとして為替政策から一旦撤退、円高容認、再び1ドル70円台を目指して相場は動き出しています。

日本政府の為替単独介入、効果が無いと経済学者、マスコミは騒ぎましたが、こんな形で返ってきています、なんでもやらないよりは、やる方がいいんです。

オバマは支持率低下の二大要因、経済と外交、この二つの問題の解決策に尖閣での日本応援を選んだって事、このニュースをただただ、喜ぶだけでなく、アメリカへのカードに外務省が上手に使って欲しい物です。

今なら上手くやれば沖縄普天間問題も即座に国内移転で妥結、将来は国外って手も打てると私は思うのですが。

女心と秋の空

京都は今朝は快晴、それが只今お昼過ぎ、急に雨が降ってきました。

正に女心と秋の空!?

でももともとは「男心と秋の空」は女性の浮気が考えられなかった江戸時代に使われていた言葉で、秋の天候が変わりやすいことに例えて「男心は変わりやすいものだ」「男性は浮気するものだ」という意味で使われていましたし、「男が親切にしてくれたからといってその気になってはいけない」という娘への戒めの意味合いとしても使われていました。

しかし、明治時代になって男女が同じ立場で恋愛をするようになったことと西洋的な女性観が生まれたことに影響を受けて「女心と秋の空」という言葉も生まれ、その後、時代が進むにつれて女性の心の方が変わりやすいというイメージが強くなり「男心と秋の空」という言葉は忘れられてしまったようです。

う~ん、草食男子って言葉が出来るぐらいですからね~!?

でも今から三十数年ほど前、私が高校生の頃でも女心はころころ変わっていたし、男の乗り換えも激しかったんで、本質的には今とそう変わらないように思います。

やっぱ女の方が確実に、絶対にタフなんで、法律だけでも男性優位にしとかなきゃいけなかったのに、それがジェンダー活動によって平等化、田嶋女史のような猛者が現れこの体たらく、女が強くなった事が、この少子化の最大の要因と何故、政治家は気付かないんだろう??
プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。