スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田ジャパン考

WBCと比べると、サッカー人気はかなり下火?と言う感じが否めない。

其れは選手も感じているようで、事実トーリオや中沢等の日本の中心選手は「もっと日本国民を奮い立たせるような試合をしなければいけないと考えている」と協会広報部のようなコメントさえしている。

その原因を岡田武史監督に求める声も少なくない。

前任者のオシム監督と比較される立場だからだろう。

オシム監督にはカリスマ性があり、独自のサッカー理論を持ち、日本代表を劇的に変えてくれる期待感があった、ところが後任の岡田監督にカリスマ性は感じられない。

作るチームは守備重視で、見る者をワクワクさせるようなものにはならない。

しかし、いち早くワールドカップ出場を決めたように結果を見れば、批判される筋合はない。

そもそもオシム監督から代表監督の座を奪い取ったわけではなく、オシム監督が急病に倒れ、急きょ代表監督に指名された、前もそうだった、実に火中の栗を二回も拾った、或る意味協会には救世主とも言える人物なのである。


他の指導者が作ってきたチームを引き継ぎ、短期間で良い結果を出すのは簡単なことではない。

その難しい仕事を引き受け、大きな失敗もなく、ここまで代表を引っ張ってきた手腕は、もっと評価されてしかるべきではないだろうか。

岡田監督批判には「試合がつまらない」、「作るチームに魅力が感じられない」というものが多いが、
是はド素人、本当はサッカーを知らないミーハーの意見。

ワールドカップは予選も本大会も結果が最優先され、どんな強豪国も守備的な見ていて退屈な試合をすることが多い。

プロの監督で有る、岡田監督はその仕事を忠実にこなしている。

その昔、スーパースターを配しながらワールドカップで勝てなかったチームはごまんと存在する。

攻撃的なサッカーで、優勝争いを出来たのは、僕の知る所、ヨハン・クライフを有したオランダくらいの物だが、実はあの時、彼らは当時としては画期的なバックスの攻撃参加、中盤の押し上げ(今では当たり前の話)等の戦術を駆使した上で勝ち上がっていた。

しかし、もっとシステマチックなドイツには当時全く敵わなかった。

野球でもサッカーでもラグビーでも、どんなスポーツでもメジャーな大会では勝てばいいのである。

10-0で勝とうが、オンゴールの1-0でも勝ち点3は3。決して前者が4に成り、後者が2には成らない。

まあ元サッカーを少しは齧った者として、訳の判らない岡田監督非難に一言、物申したいと書き込みました。悪しからず。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コーチ顔

こちらはお初♪

岡田嫌いなヒトです。

なんで嫌い?って
まぁ、フランスW杯の時のKYな態度を上げるヒトが多いでしょう。
未だに言われるもんね「かず、みうらかず」<一部ではギャグになってるw


ワタシはわかりやすいよ。
顔が「監督顔」でなくて「コーチ顔」やから。
要するに「器でない」気がする、それだけ。

ナニ喋っても聞く気ぃせんのよね。
単なる好き嫌いの問題ですがw

おんなじ選手ばかり使てるし<特にFW
お気に入りばっかり使うんはフランスW杯の時からやけどね。

男は顔!<賢さんが「女は顔」言うんと一緒?w
イケメンやないとあかんゆーのとちゃうで。

No title

顔か~、そらしゃあないな!!(笑)

いや僕も岡田監督特に好きじゃないよ、でも批判が的外れなネット記事や新聞記者談に対しての抗弁ってといこかな~。
プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。