スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知人のお店探訪

昨日は友人と一緒に大阪の肉料理店へ行って来ました。

と言うのも、友人の知り合いが、来月半ばに大阪の飲食激戦区、難波にて肉料理メインのお店を開店される、今日はその開店打ち合わせの日、そこへアドバイザーとして加わってくれと言うお話。

その友人は大阪で数店の飲食店のオーナー、と言うか出資者で、彼は調理は全くの素人、それぞれの店は全てプロに任せ、色々な外部アドバイザーに現場を見てもらっています。

最近は厳しいと言いながらも、そのスタイルがいいのか、結構繁盛しているようです。

彼とは或るパーテーで同席して意気投合、それ以降不定期に会い、飯を食いながら意見交換をする仲、或る一件以来、彼は食に対する僕のセンスと言うか姿勢に、全面的に信頼を寄せてくれ、彼が京都で接待やパーテーを行う場合は必ず私がセットします。

そんなこんなで、友人として今回、打ち合わせに出席、最終試食会に紛れ込みました。

参加者は出たり入ったりしながら、常に20人程はいたかな~、最終段階の打ち合わせなので、かなりしっかりとした試食会、メニューや案内も完成品が出来上がっていました。

一通り食べ、店側のコンセプト説明も終了、いよいよ関係者、参加者の感想とアドバイスの開始、途中僕の紹介が有って、意見を求められました。

味も良く、値段も妥当、内装もセンス良く、ユニフォームも格好いい、何より店員が明るい、既に7~80点の出来と思いますが、まあそんな感想じゃ、京都からわざわざ来た甲斐も無く、連れてきた彼にも申し訳ない。

少しだけ気になった点を話しておこう。

僕なりの大阪の繁盛店の傾向と分析は「これでもか」

兎に角、普通満足するようなサービスやメニューにもう一つ何かが、有る、是でもか!ってお店が流行っています、大阪独特のサービス精神、意気込みを感じさせないと流行りません。

このお店、物凄く良いんですが、平均点の優等生って印象、悪くは無いんです、全く、そんなん重箱の隅を突付いてって感じでは有るんです、でもなんかそんな気がして。

その話をし出したのを切っ掛けに一気に打ち合わせが討論の場にヒートアップ、その店をサポートした厨房の関係者が僕に「何をド素人が」って感じの意見をぶつけてきます。

こうなったら、僕も後には引けません、と言うか、こう言う商売のデイベートは大好物。

メニューの内容のみならず、什器備品、サービスにも色々と話は及び、様々な改善点が皆からぼちぼちと出てきました。

僕の具体的な提案は、肉料理などのメインメニューは変える必要も無い、欲しいのは野菜、そしてドリンク類の充実。

そこでサラダとは別に、今東京で流行っている蒸し野菜、是を調理場ではなく、座席でやってみては?

大阪なにわ野菜のカウダパーニャは?

焼き野菜、例えば薄い味、塩コショウ、にんにく、くらいの調味料でさっと炒めた野菜を出してみては。

そしてまともな漬物(浅漬け)を出してみては

そうつまり生野菜ではなく、一時加工野菜の充実をアドバイスしてみました。

ロイヤルホストの成功で判るように、今外食は野菜がキーワード、野菜を上手に安く食べさせないお店に明日は無い、もう生野菜にドレッシングをかけるだけの似非サラダの時代は終わった!ってもうヒットラーの演説状態。

更にドリンクメニューも普通の某ビールメーカーのお仕着せ状態。

もう何処にも有る焼酎の品揃え、まあいい焼酎を揃えるのは、しんどいって事は理解した上で、喧嘩の常道、パ~ンと言い放ちました。「こんな有触れた品揃えならせんほうがええんとちゃいますか」

さあ、想像通り、酒関係者からの教科書どおりの反論、待ってました。

「揃えるのがしんどく、それ程商売にならないのは、あんた等より水商売育ちの僕の方が百も千も承知の介、だからしないって言うのは無責任や!」

「僕なら、大きな甕、こうて来て焼酎の量り売りやるな、デイスプレイにもなる、場所が無かったら、ロフト行って前割り(予め焼酎と水を割って一晩寝かせておく)の甕こうて売ったらええ、ほんでもって焼酎に入れる薬味にこったらええ」

「前割りは普通の安い焼酎でOK,でもそれじゃ面白くない、どこでも焼酎に入れるのは、梅かレモン、こってライムまで、ここやで、ポイントは」

「僕ならその他、酢橘、ぽんかん、シークワーサー、何でもええし色々な柑橘系、それにマンダリンオレンジ、イチゴ、フルーツトマト、グレープフルーツ、早生みかん、なんかの様々なジューシーなフルーツも隠しメニューに入れる、是はきっと常連の話題と言うか、口コミになる、雑誌もかくで」

「それにソフトがウーロン茶だけでは色気が無い、十種類くらい、色んなお茶やお水を売る」

「黒豆茶、どくだみ茶、減脂茶、水でも色んなミネを揃える、そんなに大層や無いでしょう、簡単簡単」

「イッソの事、テレビショッピングで売ってる目の前でがーって作るフレッシュジュースの機械を買って、目の前で作ってサーブするって言うのも手じゃないですか?」

「肉を食ったら、それの倍量の野菜や果物を摂りましょう!って宣伝したら他の肉やと差別化できるんとちゃいますか?」

この意見は後日、色々と検討される事に成りましたが、さて一体どうなるんでしょう!?

よう考えたら、人の商売、ただでこんだけ一生懸命、アドバイス、もうどっと疲れた~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。