スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフのイメージ

意外な人から、ゴルフのブログを読んだ、ちょっと質問、とメールを頂戴しました。

本当なら上手く文章では伝わらないので、実地で話せばいいんでしょうが、なかなかそうもいかず、一応何とかブログに書き込みます、ってお返事しておきました。

質問の内容は「スイングのチエック点を具体的に、それとごりごりごりって空気を切り裂くイメージってどういう感じ?」

チエックポイントは簡単に書けますが、う~ん、難しいな~、このイメージを正しく伝えるのは。

是は僕の意見ではなく、様々なスポーツ科学の研究者が口を揃えて言っていますが、運動は身体でするのではなく、頭でする、イメージに無い事には身体がついては来ない。

ようするに頭の中で、俯瞰図として自分のスイングを思い浮かべられなければ、そのスイングが出来る筈が無い、もっと言えばグッドスイングのイメージを持っていなければ、正しいスイングが出来る筈が無い。

プロでもないお前が偉そうに言うなって感じでしょうが、男子の産婦人科医は、子供を産んだ事は無いのに、子供を産む母親のイメージはしっかりと持っておられるそうです。

其れと同じで、私なりのグッドスイングのイメージはちゃんと持っています。

その頭の中のイメージされたスイングを、本当の目で見てチエックするのが打ちっぱなしや素振りなんです。

一応、私自身のチエックポイント、左腕真っ直ぐで右胸を廻した時、シャフトが地面と平行になった際、クラブフエースはシャット、体重移動は5対5から4対6になる。

左腕が地面と平行になった際はクラブは地面とほぼ垂直、もしくは少し飛球方向へ倒れている。

トップでシャフトは打ち出す方向と並行、もしくは少しオープン、右ひじは地面を指し、体重は3対7

ダウンスイングで、シャフトが自分の身体以上に外へ出ない。

シャフトが右足へ降りてきた時点でフエースはオープン。

インパクトはチエック無し、しない方がいい。

スイング後半、飛球方向へシャフトが並行、フエースはクローズ、体重は6対4

フィニッシュは胸がしっかり飛球方向、左肩甲骨がぐっと右肩へ、体重は9対1、右足は打ち出し方向と直角。

まあこう書きましたが、コースでは殆どこんな事考えません、コースではドライバーは、ほなぶったたきまひょか、めっちゃ飛ばしてキャデーびっくりさせたろ、このコース、フエードかドローかどっちにしようかな~,今日はニクラウスみたいに顎引いて行こうかな~って感じ。

アイアンはグリーンに乗せたる、近づけたる、バックスピンばんばんかけてグリーンに穴あけるくらい重い球うったろ~、

バンカーは砂ごと乗せたろか、パットは穴からこっちにコロコロ転がってくるイメージ、それをなぞって打つ。

こんなイメージです、

そしてインパクトのイメージが、空気を切り裂いてごりごりごり。

判りやすく言うと、点でばしっとクラブのソール、若しくはヘッドを入れるんじゃ無く、おくどさんに貼って有る愛宕山の火の用心お札「火遁要慎」くらいの大きさの幅を削り取るように打って行くんです。

まあちょっと文章で表現するのは是が限界、一度時間が会えば御地でコース、ご一緒致しましょう。
是でよろしかったでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。