スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご馳走

昨日は接待で新町錦を上がった京都で一番古い料亭の伊勢長さんへ行ってきました。

ここの女将さんのお母さんと、うちの母方の祖母のお母さんが従兄妹、まあ遠い親戚。

このお店は創業290年、宝楽焼きの器に塩や松葉を敷き詰め、その上に魚介類を乗せて焼く、いわゆる宝楽焼きの元祖で、魚を塩に乗せたり包んだりして焼く料理もここの三代前の主人が考え出された料理だそうです。

まあそんな事はさておき、凛とした佇まいのお座敷に通して頂き、先ずは女将さんと一頻り歓談、おっつけ出てきたお茶と和菓子でお腹を温めます。

その後はよく冷えたビールが供され、八寸、突き出し、牡丹鱧、この辺りで冷酒、お刺身、煮物、宝楽焼、揚げ物、和え物、ご飯という流れ、〆はこのお店では珍しいトマトのコンポートでした。

元来このお店は基本に忠実、けれんみは無し、とは言っても一つ一つ細かい細工の入った見栄えの良いお料理が売り。

料理の流れも、たおやかでいて、本当によく計算され、まこと落着いた食事の時間を過せました。

接待相手の方々ともすっかり打ち解け合い、商売のアイデアも色々頂戴し、今後の近清には本当に有意義な一日となりました。

板前割烹は料理を売り、料亭は空間を売る、昨日は其れを改めて再確認した一晩でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。