スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本モナ嬢

今日は大好きな中島らも風に書きます。

先日、何気に家に帰るなり、闇雲にテレビのスイッチを付けると山本モナのテレビ復帰第一回目の放映だった。

ミニスカのモナ嬢は相変わらず妖艶なオーラーを全身から醸し出し、前にたかじんが、新地のママをやれば、軽く一億稼げるって言うのをふと思い出し、にやって笑ってしまった。

あくまでブラウン管から観ただけの私の印象では、左程反省している雰囲気でもなく、まあよく言えば泰然自若、悪く言えば厚顔無恥って感じの薄笑いを浮かべながら謝罪していた。

それを観ていたうちのかみさんは「この人、ほんま腰軽いわ!」と嫌悪感を剥き出しにしていたが、僕は基本的に腰軽女子は男性にとって天使だと思うので、かみさんの前では一応非難しながら、心の中では拍手喝さいを送っていた。

政治評論家の金さんは、山本モナの「男性不信」って言葉尻を捉えて、かなり激しく非難していたが、あれは金さんがぼろくそ言って視聴者の溜飲を下げ、更には日本人独特の、判官びいき、苛められている同情心からモナへの風当たりを弱くする計算ずくの助け舟、流石だな~って感心した。

実はこの手は、私もよくかみさんが子供を怒る際によく使う手だ。

かみさんは初めは叱っているのだが、その内だんだんエキサイトしてきて怒り出す、もうこうなると何の教育的効果も無くなるので、私が急に切れ鬼のように子供を怒り、時には折檻し出すと急に「そこまでしんでも、かわいそう」と子供をかばい怒りが納まる。

まあ一番損するのはいつも私、でもそれが父親なんだって最近ツクヅク思う。

山本モナを見て、父親としての実感が沸く、自分でも変な精神構造だとつくづく思った。

スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。