スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い唐辛子と青い唐辛子

うちの人気商品、青唐辛子胡瓜には、商品名の青唐辛子だけでなく、赤い唐辛子、鷹の爪もしっかり入っています。

先日、お客様から「両方入っているのには何か理由が有るのですか?」と言う素朴な疑問を投げかけられた。

待ってましたって事ではないんですが、こう答えました。

「理由は二つ有って、一つは青唐辛子は漬物にすると、色が目立たなくなって胡瓜と見分けがつきにくいので、ビジュアル的に赤い唐辛子を入れました、もう一つは赤い唐辛子と、青い唐辛子は辛さの質が微妙に違うので、二つを混ぜいれると、異質な辛さでは無いけれど、ぱっとくる辛さと、じ~んとくる辛さ、二段階の辛さが重なり、味に深みを与えるんですよ」と返答したらお客様はいたく感心され、「漬物屋さんって結構色々考えてるんだね~?」

そうなんです、結構色々考えておつくりしているんです(笑)

序に唐辛子豆知識、唐辛子が赤く色づくのは熱すにしたがってカプサンチンというカロチノイド系の赤い色素成分が増えるためです。

一方ダイエット効果があるとされているのは、唐辛子に含まれるカプサイシンという辛味成分。体温を上昇させ、熱エネルギー消費量を増大させると考えられています。

ですから、青唐辛子でも、辛味が強いものであれば、同様の効果が期待できます。

また、赤唐辛子の色素成分カプサンチンには、強い抗酸化作用があることがわかっていて、ガンや脳血管疾患、心臓病といった生活習慣病を予防する効果も期待できますよ。

つまり青唐辛子胡瓜、手前味噌になりますが、健康にいいお漬物って言えるんじゃないでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。