スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガールズバーが流行れば、不景気

今秋、京の観光地はかなりの人で賑っている。

なんせ年間京都市5千万人弱、京都府だと8千万人弱の観光客が入洛してくるのである、京都市の人口が140万、京都府230万の数字と比すとその凄さが良く判る。

今の時期だと京都は紅葉の絶景がそこらかしこで見られ、特に嵐山、高雄、大原、清水辺りは人で溢れる。

そして観光客のもう一つの目的は京の食、朝は通常宿泊所で済ますとして、昼と夜、言い方は悪いが腐るほど有る料飲店が、満杯になる。

そしてお買い物、食では和菓子、漬物の二大京土産を筆頭にちりめん山椒や生麩、湯葉、豆腐、佃煮、それ以外では伝統工芸品、和装小物などなど、様々な分野で土産物が売れていく。

しかしその中で、ぽつんとのけ者と言うか、その輪の中に入れないのが祗園の高級クラブ、それにオーセンッテイクバー、つまりどちらかと言うと京都の地元民、それもセレブと言うか遊び人対象のお店は閑散としている。

祗園の花見小路、石塀小路、大和大路などが、この時期、観光客でごった返すだけに、その寂しさがひと際目だってしまう。

理由は単純、不景気なのである。

地元民相手の飲食はまだそこそこいけているが、価格が高い飲み屋になるとかなりきつい。

反して、今、結構流行っているのがガールズバー、

元もと若い人が飲みに出ない昨今、壮年と言うか中年と言うか、40以上70未満が最も多い街が祗園だが、その年代がクラブからスナック、ガールズバーへ流出しているようだ。

一時は雨後の筍のように、どんどん開店したガールズーバー、今は少し出店ペースは落ちた物の、一番元気が有るようだ。

不景気を 笑い飛ばすか ガールズバー お粗末。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

祇園

ガールズバー開店の裏には。いろいろと事情がありまして。
早い話が、警察の風営法取り締まりが厳しくなったんですよね。
営業時間で取り締まるなんてことは、10年前では考えられないのですよね。そこで考えたのがバー登録でして、バーで登録すると風営法の取り締まりから逃れられますのでね。結局、ガールズバーもキャバクラも最後に支払うお金は同じくらいですもんね(笑)

No title

確かにスナックだと朝5時でも大丈夫だし、ショーパブ形式でも深夜営業Okだし。

早い時間帯よりアフター狙いのお店が最近多いですね~、祇園。
プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。