スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味しい季節 5

まあ前置きが長くなりましたが、一言で片付けると京都で食べ物が一番美味しい時期は冬、何故ならそれは野菜が美味しいから、って結論。 次はもう少し具体的に京の冬の味覚について語りましょう。 私がこの季節、冬に京料理のお店で必ず注文する物、料理は「蕪蒸し」 店々で、少しずつレシピは違い、独自の特色を打ち出しますが、基本は聖護院蕪、白身魚、あんかけ、この三つの味の融合させた物 聖護院蕪を摩り下ろし、餅粉や卵白を混ぜてふんわりと雪に似せ、白身魚、鯛か甘鯛を種にして、ゆりねや銀杏を散らし、たっぷりと銀餡をかけた、正に冬だけしか供されない一品。 淡い蕪の甘みと甘鯛の旨味、出汁の効いた銀餡、ふーふー言いながら食べるんです、是こそ京料理の真髄でしょう! 私は元々、餡かけもんの料理が好きなんですが、冬はあんかけもん好きの私には天国。 甘鯛信州蒸し、おこぜの吉野蒸し、鴨饅頭、手繰りゆばのあんかけ、あ~どれも美味しいな~。 続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。