スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漬物と料理の融合 5

料理に漬物をどのように利用と言うか、使っているのか、って具体例を挙げていきます。

基本的に私は酒飲み、大酒喰らい、酒のつまみ的な物がどうしても多くなるのですが、ご飯のお供も結構よく作ります。

その内でも、お客様に出して好評なのは「すぐきの酸辣湯風」

酸辣湯て言うのは、四川料理で、酢の酸味と黒コショウ(またはトウガラシ)の辛味と香味を利かせた、酸味豊かなで辛みのあるスープ、とろみを付けたバージョンが有名ですが、うちのはとろみをつけません。

鶏がらスープが有ればいいんですが、無ければ顆粒のとりガラスープでも可、出来れば無化調の物があっさりと仕上がるので望ましいです。

スープに味すぐきを適量放り込み、輪切り唐辛子、ラー油で辛味をつけ、少しオイスターソースで味を調え、沸騰させます、一度あくと言うか、泡が出るので掬い取って頂き、最後に残り物の青い物(葱、三つ葉、水菜、ほうれん草)で色づけ、香り付けして完成、残った餃子を入れると水餃子風、他に蒲鉾やちくわ、お揚げ等の残り物を細かくサイコロ状に切って入れて貰ってもOKです、また彩りにクコの実が入ると、薬膳風に。

今まで一番美味しかった具材は私の中では、はもそうめん、抜群に酸っぱく辛いこのスープにマッチします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。