スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賄い

女性レポーターが、取材に行って、最後は名店の賄を食べさせてもらう、ってだけの関西ローカル番組が昔、あって、結構人気が有ったと記憶していますが、それ程みなさん、賄いに興味がおありなようです。

それもその筈、賄いにその店の技術力、底力が反映し、賄いの美味しい店は、通常の料理が不味かろう筈が無いって理屈になります。

私の知っている限り、賄いは大きく分けて二つのパターンが有ります。

一つはそのお店の通常メニューを食べる、もしくは少しアレンジする、喫茶店、中華料理屋さんやラーメン屋さんに多いパターンです。

もう一つは、残り物食材を使い、レストランメニュー以外の創作料理を作ったり、お店に出せないようなジャンルの料理を作って食べるってパターン、わざわざシェフが買出しで、賄い様の食材を購入するのも是に分類できると思います。
是は日本料理屋さんに多いパターンです。

どちらが良い、悪いって事は無く、両方共にメリットが有って、前者は見習いの方のスキルアップ、商品のチエックに繋がり、後者は発想力の強化、また新メニューへの応用に繋がる場合も有ります。

基本、大きいお店の賄いは見習いさんが作り、小さいお店の賄いはオーナーやシェフが作るってとこでしょうが、近清でもたびたび賄いを作ります。

まあままごと遊び程度のお料理ですが、私が作ります。

レパートリーはやはり順番に食べるんで、一気に作り後で加熱するだけで手軽に食べられる、焼き飯、カレー、パスタ、うどん、お鍋が多いんですが、たまに、本当にたまに創作料理も作ります。

基本、残り物を再生する為の賄い、時間も無いなかで作るんで、大した料理でもなく、炒め物中心なんですが、結構自分で言うのもなんなんですが、傑作も生まれます。

まあその自称傑作、おいおいご披露させて頂きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。