スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年2月15日

バンクーバー冬季五輪、日本選手は概ね苦戦?善戦?どちらにせよ、少なくとも私には感激を与えてくれている。
特に上村愛子を筆頭とするモーグル勢、世界との壁は私の目から見てもそう差は無く、その技術の高さには感心させられる。

基本的に私は冬季オリンピックは嫌い,競技が嫌いなのではなく、世界スキー連盟が大嫌い。

アングロサクソンだけで固めた特権意識丸出しのこの連盟は、黄色人種が勝つ事が許せないようで、日本勢が強い競技は必ずルール改正を押し付け、勝てないように仕掛けてくる、この二日間行われた競技、モーグル、ジャンプ、複合全て日本人に不利、と言うかよく訳の判らないルール改正をここ十数年続けている。

このオリンピックで、もしキムヨナ、真央ちゃん、美姫ちゃん、アジアンイエローがフイギュア表彰台を独占した時、どんなルール改正が行われるのか?

まあそんな事とは関係なく、必至で頑張る選手にエールを送ろう。

バンクーバーは熱気に溢れているようだが、京都は寒の戻りで朝夕はかなり寒い、天気もぐずつき気味で、街全体がどんよりしているように感じる、まあ来週辺りからぼちぼち暖かくなるようで、もうしばらくの辛抱か?

スポーツの大きなイベントでは、サッカーWCUPが間近に迫って来たが、日本チームイマイチ調子が上がってこない。

サッカーを少しかじった私から見て、日本のサッカーは、中盤は世界レベルでもそこそこやれるとはずーっと思っている、監督批判もかなり受けているが、結局のところサッカーの底力と言うか、点を取る力ではヨーロッパと南米チームに叶わない、決定力と言う奴である。

この点を取る、ストライカーが、日本の風土では絶対育たないって思う事がバンクーバーで有った。

ハーフパイプの選手、国母君が、選手団制服の着こなしが悪い、下品だとクレームが付き、大騒動になったが、元々ハーフパイプの選手なんてよく訳の判らない格好の、いわゆる下品な服装のスポーツ、マスコミも自国選手を試合前に追い詰めてどうするんだ!って感じ。

自由奔放で、我侭、そして獰猛なストライカーを創りたいなら、行儀作法、女癖、少々の法律違反は目こぼし、してやってくれって私は言いたい。

まあ一生無理な話ですかな・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。