スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯島愛

ちょっと間が空いた感も有るんですが、飯島愛さんのお別れの会を見てふと思った事。

去年、12月に、飯島愛さんの訃報を聞いた瞬間、思わず私は「やっぱ、エイズか!」って呟きました

結局は直接の死因は肺炎って事で、薬物反応も出ずエイズでも無いって警察の発表やプロダクションサイドの発表が有りましたが、何と無く私は釈然としません。

突然の引退、病気説,躁うつ病,皮膚病,二年後の死、エイズ発症なら全て辻褄が合うのにな~って考えるのは私だけでしょうか!?

まあ真相は闇の中、こんな話はさておいて、お別れの会で一番感じたのが、自称飯島愛の親友がやたら多い事に僕は違和感を感じました。

テレビって恐いな~って思ったのは、その白々しさが画面を通して伝わって来る事。

僕は或る意味、飯島愛は芸能界の中でも踏み絵の様な存在だったと思います。

万引き、シンナー、売春、ドラッグ、ホステス、愛人、AV女優、裏ビデオ、と見事なまでの裏エリート路線を歩み、ブラウン管に登場したとも思えば、色物として、ノーブラ、Tバックで一世を風靡、ところが気がつけば、普通の芸能人と逆を行き、段々と服を身に纏い、歌手をやって、ちょい役の女優やって、タレントになり、そこでこっまっしゃくれの決して誰にも、どんな偉い人にも媚を売らない姐御って言う、実に芸能界のいいポジションを得ていきます。

このパターンは広い芸能界、全く無い訳では無いんですが(近い所では美保純、森下愛子、田中美佐子が有るが本質は全然違うと思います)やはり稀有の出世って言っても可笑しくないと思います。

そんな経歴の飯島愛とどう接するのか、どう絡むのかが、芸能人としての器量、実力、人柄と判断される、プラスになるって付き合った人がかなり居たと僕は感じています、そう踏み絵として。

その踏み絵として飯島愛と付き合っていた人々の、仕事の貴賎問題や彼女の素晴しさに言及したコメント、そして別れの会の仰々しい弔辞は、実に白々しく、本人にどころか、私達に何にも伝わって来る物が無かった、逆になんで親友なのに2ヶ月も連絡取ってないの~って感じでした。

何と無く僕が共感できたのは、「私はTバックしか能が無いんで、ってスタッフのQで直にけつ出す、凄いねえちゃんやな~Tバックでよう頑張ってるなって、初めて僕の深夜番組に出て来た時感じ、それから僕の番組には賑やかしの女の子が必要な際には彼女を呼んで貰う様にスタッフに頼みました、でも気がついたら服を着てゴールデンにレギュラーを持ち、もう僕の番組には来てくれませんでした」って言いながら泣いていた島田紳介のコメントくらい。

まあしかし、AVを観ない人でも飯島愛を知っている、と言うよりもAV女優、Tバックのお姉さんって事を知らない人たちも居るって言うこの現実が飯島愛の偉大さをもの語っています。

それにしても引退後、エイズ反対、セーフテイSEX、って笑いながら、でも真面目な顔でコンドームを駅前で配っていた飯島愛の表情は鬼気迫るものが有りました。

ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京プリンスホテル 飯島愛

〔セガサターンソフト〕グッドアイランドカフェ・飯島愛商品価格:680円レビュー平均:0.0飯島愛さんと30代40代女性の孤独私も飯島愛さんがすごく、好きだったので、ちょっと、見ちゃったけど、. 番組の構成がさぁ、途中徳光さんがフォロー入れてたけどさぁ、. 本当に納得...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。