スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生

雲の波 岩越す滝と みゆるかな 名に流れたる 白川の花

この歌は「長秋詠藻」にある藤原俊成の歌である。

「白川」は洛東、浄土宗の本山知恩院の古門前を流れ、祇園町北側を経て鴨川にそそぐ小川で、巽橋や辰己神社の夜桜は名物と言うか、必ずこの時期テレビドラマで使われる。

この歌に詠まれる白川は、昔の白川を詠ったもので現在の白川を詠ったものではなく、現在の白川は左京区北白川の山中に発し、浄土寺・鹿ケ谷を経て南禅寺の西方で疎水に合流しているが、昔はそれより南(三条通北裏)を西へ流れ、末は鴨川へそそいでいた。

これが白川の本流であったが、ある年の洪水で水は支流にあふれだし今の白川になったそうである。

昔は桜や紅葉が咲き競い、川畔には若菜やネゼリ・ウノハナなどが咲き乱れ、大宮人のよき行楽地であった。流域には白河院を始め多くの山荘が営まれて、花見のときは多くの歌人の来遊する地であった。

そう三月入った途端、私はもう桜モード、花見気分。

近清もいよいよ衣替え、千枚漬もぼちぼち終了し、春野菜の浅漬けで華やかに飾りつけ、日本酒の熱燗に合うあて系漬物、揃えてお待ちしております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

感謝です

このたびはFC岐阜のスポンサーに名乗りを上げていただきありがとうございます。貴社の商品、ぜひ購入したいと思います。スタジアムで販売されるんですよね。期待しております。

No title

早速のコメント有難う御座います。

出来るだけ頑張ってFC岐阜をサポートしていきたいと思っております、共に応援いたしましょう!!
プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。