スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雛祭

私は男兄弟なんで、あんまり関係の無い、それだけに小さい時は憧れの的だった雛祭り。

私の中では未だに雛祭りは非日常空間での出来事です。

その雛祭りの歴史は意外と浅いって皆さん、ご存知ですか?(以下、雛祭りの歴史から引用)

毎年3月3日に雛人形を飾り、桃花や雛菓子を供えて、白酒で祝う習俗で、「桃の節供」ともいう婦女子主体の祭りで、男子の五月節供と対置されている雛人形主体の節供習俗の歴史は案外に新しい。

江戸時代初頭(1630ころ)に宮廷や幕府で三月節供に雛人形にかかわる行事があった記録が現れ、やがて寛文(かんぶん)年間(1661~73)以降にようやく雛祭の形が定着したとみられる。

以後の雛祭は、工芸品としての雛人形の生成発達と関連してしだいに華美な形になり、その一般化は明治以降である。

ところで『源氏物語』須磨(すま)の巻には、三月上巳(じょうし)の日に陰陽師(おんみょうじ)を召して祓を行い、その人形(ひとがた)を船に乗せて流したという記事がみえ、『建武(けんむ)年中行事』にも、三月節供の「御燈(みあかし)」行事には「人形」に饗応(きょうおう)したあと、それを祓え送るとある。三月上巳の祓行事は、三月節供の雛祭の源流を知る手掛りで、本来、雛祭の人形の原形は、「罪穢(つみけがれ)」をつけて送り流す「撫物(なでもの)」であったという山東京伝(さんとうきょうでん)の指摘は的を射ていよう。

難しい部分はかなり省き、判り易い所だけ引用しましたが、どうやらあの映画でも再々見られた、陰陽師が行っていた人形(ひとがた)祓い、人形使いの行事が、変形異形して商業化され、今のような形になったようです。

当初はオドロオドロシイ行為が、今のような可愛らしい行事に変化した、面白いですね~!?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。