スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

又青春の想い出の火が一つ消えました

三重県鳥羽市のフェリー運航会社「伊勢湾フェリー」は24日、同市と渥美半島の伊良湖(愛知県田原市市)間を結ぶ伊良湖航路(23・2キロ)を9月末日で廃止すると発表した。伊勢湾を横断する唯一のフェリー航路だが、負債総額がふくらみ、昨年3月から実施された高速道路のETC特別割引で利用客が激減したことが影響した。

航路は昭和39年に営業を開始。最盛期の平成6年度にはバス、トラック、乗用車など計約23万8千台、旅客約116万人の輸送を誇った。

しかし、平成20年度は約45万5千人、21年度は今年2月現在で31万5千人に。乗用車はETC割引で20年度の約10万3千台から21年度は今年2月現在で6万9千台に激減。3月期に累積債務が約22億円になる見込み。

航路の所要時間は約55分間で平日は8往復を運航している。

今日のネットニュースの転用ですが,このフェリーには大学時代、数回御世話になっています。

なんで御世話になったの?って話ですが、大学時代、そうですね~昭和52,3年辺り、当時流行っていたサーフインをしに伊勢の国府海岸へ行った際、波が無い日はフェリーに乗って伊良湖へ渡るって言うケースが有り,ぎりぎりのお金で遊んでいたんで、もうほんまナケナシの金を叩き、時には昼飯を抜いて乗ったものです。

一時間ほどの船旅でしたが、それなりに楽しく、波が有るだの、無いだの、帰りはどう帰ろうか、どっから帰る、なんて話しながらデッキから海を眺めていた、あの時の光景ははっきり覚えています。

そんな、人生で一番楽しかったあの頃の想い出が又一つ消えていきます。

必要以上に長く生きる事、それは沢山の悲しみを背負う事

でも感傷に浸っているほど年寄りでもない、それを上回る位の喜び、楽しみを摑まなければあきません。

さあ、もっと街に出て新たな想い出を作るぞ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。