スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日・生まれた有名人

今日生まれた有名人、なかなかに豪華です。

1746年 ゴヤ(画家) 1844年 ヴェルレーヌ(詩人) 1853年 ゴッホ(画家) 1903年 片岡千恵蔵(俳優)
1926年 中条静夫(俳優) 1927年 堤清二(実業家・セゾングループ) 1937年 ウォーレン・ベイティ(俳優)
1938年 島倉千代子(歌手) 1945年 エリック・クラプトン(歌手) 1945年 寺沢武一(漫画家『コブラ』)
1958年 坂東眞砂子(作家) 1958年 石黒ケイ(歌手・女優)
1960年 目加田頼子(アナウンサー) 1961年 M.C.ハマー(ミュージシャン) 1962年 小川洋子(作家)
1962年 藤臣柊子(エッセイスト) 1964年 トレイシー・チャップマン(歌手) 1965年 破矢ジンタ
(ジッタリンジン・ミュージシャン ) 1966年 村上里佳子(RIKACO・タレント)
1967年 坂本冬美(歌手) 1967年 林原めぐみ(歌手・声優) 1968年 セリーヌ・ディオン(歌手)
1974年 千原ジュニア(千原兄弟・タレント) 1979年 ノラ・ジョーンズ(歌手)

こうやって眺めてみると、歌の才能に恵まれた人が多い。

私個人としては何と言ってもエリック・クラプトン、最も好きなミュージシャンを、一人挙げろと言われたら、躊躇無く彼と答え、もし無人島に一枚だけレコードを持っていくならば、彼の「レイラ」を持っていく。

知らない人も居るかも知れないので、レビューを簡単に書くと、

エリック・パトリック・クラプトン(Eric Patrick Clapton1945年3月30日 - )はイングランド出身のギタリストでブルース&ロックミュージシャン。

ヤードバーズ、ブルースブレイカーズ、クリーム、ブラインドフエイス、デレク&ドミノスとモンスターバンドの中心人物としても活躍

ジェフ・ベック、ジミー・ペイジと共に、3大ギタリストと呼ばれ、「スローハンド」というニックネームが有名、
ローリング・ストーン誌の2003年8月号のカバーストーリー、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」に於いて第4位に選ばれている。

1970年代には薬物依存症、1980年代にはアルコール依存症、交通事故、胃潰瘍、愛妻パティ・ボイド(親友でもある元ビートルズのジョージ・ハリスンの前妻)(彼女に捧げた歌がワンダフル・トウナイトと言われているし、レイラのモデルだとも伝わる)との別離を経験。

1990年代初めには、イタリア人女優ローリ・デル・サントとの間にもうけた初めての子供コナーがニューヨークの高層マンションの窓から転落死するなど、私生活では数々の不幸な経験もしている。

もう正に波乱の人生が、リアルロックスターだと感じさせる。

初めて聴いたアルバムは、はっきり覚えていて、「461 オーシャン・ブールヴァード」もう衝撃的で、一発嵌ってしまい、その後は狂ったように彼のレコードを掻き集め、1975、77年の京都会館公演、79年の大阪厚生年金会館、99年城ホールと4度ライブに行っている。

今日は早く家へ帰って、一人バーボンのロックでも煽りながら「E・Cワズ・ヒヤー」にでも針を落としてみよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

75年の京都會館は、私も聴きに行きました。
「461」の出た頃で「レイドバック」と云ふ言葉が流行つてましたね。

No title

75年、行ってたんや!?

確かレイラがオープニングだったような・・・?

レイドバック、そうそう懐かしい言葉やね。
プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。