スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲食ビジネス

昨日深夜、飲食ビジネスのコンサルタントをしている知人と酒を飲んだ。

彼の本拠地は兵庫県新開地、10時頃まで、彼は顧客の店で打ち合わせ、その後、僕と飯を食って酒を飲みってパターンなんで、至極普通に朝まで遊ぶ事になる。

彼とは数年ぶりの再会、積もる話に花が咲き、あっという間に時間が経ったのだが、久し振りに彼と話してみて、かなり面白い話を仕入れた。

彼の最大の顧客は大阪が本拠地、肉料理がメインなのだが、先日ちゃんこダイニング若が破産したのに見受けられるように、少し高額なお店は、ここ数年は折からの不況で売り上げが右肩下がり、そこで新業態開発や店舗のてこ入れに関して彼にオファーが有り、その際に大阪の食品関係の方から彼に僕が紹介された時の縁。

その頃、彼は野菜に非常に関心を持っていて、同じ頃、盛んに野菜を大事にした店が飲食店で勝ち残るって、よく話していた僕に興味を抱いたそうで、一時はお漬物も彼の紹介で卸売りしていた。

そんな彼が今一番、力を入れているのが、大阪繁華街で、中国人向けのレストラン、と言うよりも既存の店舗で、中国人向けメニューの開発だそうだ。

その中国人向けメニューってどんなん?って聞くと、基本は商材から「生、冷、小」を省く事だそうだ。

日本に来るレベルの中国人は、基本富裕層、かなりの食通で、しかも日本産、無添加や薬効と言うか健康面に配慮した食事を望むらしい。

それゆえ、生の食材、冷たい物、身体を冷やす食材を嫌い、そして最も嫌う事は足りない、量が少ない事だそうだ、確かに中国や香港、台湾で接待を受けると、残すまで料理が運ばれてくる、あれは一種の礼儀作法らしい。

彼らに列車で駅弁を食べさすのはご法度、それなら駅の立ち食い蕎麦のほうがいいって話。

京都で言えば、菱岩さんや辻留さんのお弁当をバス車中で食べるより、ロードサイドの天下一品のラーメンって事です。

肉料理専門店では、レアやミデイアムはご法度、必ずウエルダンで提供し、更に付け添える野菜も温野菜や揚げた物がいいらしい。

そしてステーキには、エビフライやチキンカツなど必ずフライ物を付け加え、更にはタルタルソース等は余るほどたっぷりと添える。

揚げ物では、ここ最近は、九州風のチキン南蛮が人気だそうだ。

ここ2~3年はラーメンが中国人のランチ人気NO1,(ちなみに韓国人、人気NO1は廻る寿司)だったそうだが、昨年末辺りから彼が最も力を入れて居るのが、バイキング。

彼曰くバイキングが最も中国人観光客のニーズに合っているそうで、待たずに直ぐ温かい物を山ほど食べられる、バイキングのメニューに、寄せ鍋、うどん、おでん、ちらし寿司は必須らしい。

その話の流れで、漬物の話にもなったのだが、彼曰く、兎に角、生っぽいもの、酸っぱいのは苦手、漬物は基本的に駄目じゃないか?って意見、う~ん、成る程、それで中国人は漬物をあまり試食しないのか?って納得。

以前、ニチコン武田会長とお会いした際、中国人向けの漬物開発をしたらどうだ?って言われ、どんな物が良いか、徒手空拳って感じでしたが、何か少し閃く物が有りました。

完全に生っぽさを無くし、味のはっきりした辛くて甘い物が良い、少し見えてきた物が有ります。

やはり持つべきものは友と言うか、人との付き合い、いや~なかなかいい飲み会でした。

そんな真面目な話もしつつ、4時半までワインをガッツリ飲んで、最後はお決まりの縄手のタナカ珈琲で朝焼けの朝食、BLTサンドを食べたが、実に美味しかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。