スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党バッシング

最近の政局の流れを見ていると、非常に民主党にとってはまずい流れで、このまま行けば参院選は大きく負け、過半数確保は難しいかも知れないが、或る意味、それがどうしたって感覚を私は持っている。

マスコミは参院選過半数割れで、民主党が潰れる様な書き方を盛んにしているし、また衆参同日選挙って事を話している評論家も居るが、そんな馬鹿な事をする筈が無いし、又する必要も無い。

政権は衆院で握っている訳で、300超の議席数を維持したまま、後3年は確実に政権を運営でき、その間に最大のライバル、自民党を消滅させるのも夢ではない。

政権支持率が、未来永劫20%のままって事は絶対無く、ここまで落ちた支持率は3年後、上がっている確立が高い。

それこそ橋下総理、前原外務大臣、福田恵利子厚生大臣、枝野財務大臣、蓮舫官房長官なんてのにシフトすれば、一躍3年後の衆院選は大激勝かも知れないのである。

過程の話はさて置き、先ずは現状の参院を考えると、総定数242に対し、民主党の現有議席は115(会派離脱中の江田五月議長を含む)で、過半数の122議席に7議席足りない、そこで社民、国民新党の10議席と連立を組んでいるわけだが、夏の参院選を考えると、非改選議席は62で、単独過半数には改選議席53を7議席上回る60議席以上を獲得する必要がある。

これは民主党が圧勝した07年参院選の獲得議席数と同じで、かなりと言うか、無茶苦茶ハードルは高い、現時点では絶対無理であろう、しかしながら衆院選と違う点は、中選挙区制なので、反面、極端な議席の偏り、ぼろ負けは無く、幾ら惨敗しても40数議席は獲得し、現有の115は無理にしても、百半ばの議席数は確保できるだろうか?

もし100を割れば参院選後の公明との連立の可能性が出てくる、是はかなりの数の政治評論家が予測しているが、私は可能性は非常に低いと考えて居る、余程の惨敗、今夏の参院選で30議席とかの場合のみの話であろうか?

いやそれなら、自民と大連立に持っていく可能性の方が高いのか?いや是も小沢の性格、福田内閣時の連立失敗の経緯から考えて99%無いであろう。

まあ一番現実的な話としては、100議席を越えさえすれば、今の連立与党の8~9議席と合すと、110を僅かに越える議席数、ここに小沢が仕掛けた自民党からの離脱無所属議員が3~4人参加、更に首長連合が、参画する可能性も無くは無い、ひょっとっすると現状に近い形で過半数確保の可能性も有ると思う。

まあそういう訳で、衆参同日選挙も、参院選後の解散も絶対無く、有るとすれば内閣改造程度、鳩山総理は民主党の代表選挙まで居残り、現状のバッシング、毒や灰汁を綺麗に攫い、次の総理にバトンタッチすると私は確信している。

と言うのも、今のマスコミの民主党バッシングは酷すぎる。

鳩山総理、小沢幹事長の政治と金の問題は糾弾されるべき事では有るが、普天間問題、対アメリカ政策、官僚の天下り問題等々、私は冷静に分析して少しずつでは有っても、自民政権より進歩し、官僚主導から政治主導へ動き出していると思う、少なくとも自民政権時代よりは民主主義へ近づいている。

小沢幹事長をマスコミ、反対派議員は大政翼賛会的手法、ロシア時代の恐怖政治と評するが、実は彼ほど民主主義にこだわりを持つ政治家は少ない、ただ彼の解釈と一般人の解釈と少しずれが生じている事は事実、しかしながら官僚を捻じ伏せ、将来的に財政改革を行える政治家は彼しか居ないと、当の官僚が認めているのも事実、本当に悩ましい話ではあるが、毒をもって毒を制す、である。

今の民主政権の失策、失政の多くは、民主議員の力量不足に、官僚のトラップ、妨害が加わっている為で、もし官僚が民主党を守り応援すれば、ここまでにはなっていなかった、つまり官僚はやっぱり自民政権が良いのである、民主政権になり改めて判ったと思う。

民主政権が続いていけば、どんなに抵抗しても、少しずつでは有るが、自分達の既得権益が減少し、更にはビギナーの議員諸兄が、このまま経験を積んでいけば、益々遣り辛くなる、って事に官僚は気付いている。

渡辺善美率いる「みんなの党」が現状評判がよく、参院選で議席数を伸ばし、それに連れ発言力を強めるであろうが、私はあのメンバーに多くは期待していない。

理由を書くと長くなるので割愛するが、彼らは批判勢力としては魅力有るが、もし本当に責任を負えば、ひよると感じている。

かなり長文になったので、一旦矛を納めるが、又の機会に更なる民主擁護論をぶち上げたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

民主党にレッドカード

支持率が20%を割り込んだのは、完全なレッドカード。参院選では民主党惨敗の予感。

民主党窮地の鐘の声、諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色、裏権力必衰の理を顕す
おごれる小沢も久しからず、政権交代に酔った真夏の夢の如し
猛き者も、遂には亡びぬ。ひとえに風の前の塵に同じ
プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。