スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間

鳩山由紀夫首相が、5月末までに普天間基地移設問題を決着するという方針をほぼ断念、米国、移設先の自治体、連立与党の合意をすべて期限内に得るのは困難と判断したということだ。

これに対して、鳩山首相の退陣を要求する声が高まることが予想され、自民党は鬼の首を取ったように騒いでいる。

しかし私は逆に今回の騒動は、自民党に大きくマイナスに出たと認識している。

今回の騒動から約半年余、石破、小池百合子など元防衛大臣経験者を中心に、徹底的に民主を攻撃しているが、自民党の主張は結局、橋本竜太郎首相時の辺野古移設、現行案一辺倒、結局は沖縄の負担は何も減らず、米軍基地75%の方よりは全く解消しない。

沖縄県民は民主党の愚策に強烈に反発しているが、実は自民なぞは相手にさえしていない。

もう少し落ち着けば、反対すれば何とか少しでも言い分を聞いてくれる民主党政権の方がいいって事に気付き、最終的に民主に投票するだろう。

実は安全保障における対米依存を減らし「自主防衛」を目指すという点では、鳩山首相の言動は実は一貫している。

米国は同盟国の首相の言葉を、最後まで無視できない。

之島や沖縄の首長は、最後まで首相の言葉を拒絶し続けて、内閣を崩壊させられない。

その責任を負うのはあまりに重い。

だから米国と日本は実務者協議を続けているし、徳之島と沖縄ではさまざまな動きが出ている。そして、全国知事会も動き出したのだ。

社民党は基地の「国外移設」を一貫して主張している。しかし、一見現実離れしてみえるこの主張こそ、「自主防衛」確立を必要とするもので、ここに連立の意義がある。

徳之島・沖縄の強硬な反対についても、マスコミや識者は鳩山首相を批判するが、外交交渉について一般的に考えてみれば、交渉相手国に対して自国内の激しい抵抗を見せつけるという戦術はあり得る。

徳之島・沖縄の強硬な反対は、米国にとっても頭が痛い問題で、米国は、普天間基地移設先の条件として「住民の同意」を挙げている。

人権問題にうるさい米国では、対中国製政策から考えても、この反対運動は無視できない。

つまり、現状では、辺野古沖の「現行案」も実現不可能、徳之島・沖縄の強硬な姿勢によって、米国も追い込まれていて、グアム全面移設も考慮される事になるかもしれない。

少しでも県外や国外への努力をした民主党、それに対し、自民党政権下の既存策一辺倒の自民党、沖縄県民はこれまでの自民党政権の無為無策ぶりをしっかり再認識したのだ。

5月に決着は不可能で、鳩山政権にとって「公約違反」と批判されることは大きなダメージだが、自民党の支持率が回復することはなく、むしろ、鳩山政権が6月以降も交渉を継続させて、沖縄県の負担軽減への努力を続ければ、それは沖縄県民が望むことであり。これを国民が次第に理解するようになれば、自民党は次第に追い込まれてことになる。

そして見逃してはいけないのが、鳩山首相の要請で米軍普天間飛行場移設問題に関する緊急の全国知事会議が開催されることになった事

場当たり的な対応とマスコミから批判されているが、その方向性は悪くない。

特に、橋下徹大阪府知事は「これだけ重大な事項について国が知事会に協力を求めたのは初めてではないか。これに応えなければいけない」と発言した。

「いま(基地を)受け入れていないところが受け入れるべきで、真っ先に考えないといけないのは関西」と発言したことは重要だ。

知名度と発信力の大きな橋下知事の発言によって全国知事会が本格的に基地受け入れを検討し始めれば、国民が「鳩山首相が沖縄県外へ基地を移そうとしたが誰も受け入れようとしなかった」ことに気づく可能性がある。

ここへ来て、声高に鳩山無策を主張してきたみんなの党は、橋本政権下の首席秘書官の江田幹事長が癌になってしまった、沖縄県民の喜んでいない解決法を、如何にも最善の策で、その手柄の半分は自分の様に主張、見識者から突っ込まれる回数が増えてきた最近は、自分は見ていただけとトーンダウンしてきている。

自民はもう論外、夏の参院選は又惨敗。

6月の激しい退陣要求を乗り切れば、鳩山政権への逆風は止み、攻勢に転じ、自民党の崩壊が一気に進む事になる。

小沢の戦略はやはり凄かった、普天間問題、自身の政治と金問題、膿を出し切り、参院選時には最終的に民主が盛り返す流れに完全になってきた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。