スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトの季節が・・・。

いよいよ皆様お待ち兼ねのトマトのお漬物、本店のみですが今季の販売を開始いたします。

今年は少し天候が不安定で、トマトも良い露地物が、この時期、まだまだ入手し難いのですが、そこは老舗の底力、納得のいくトマトが手に入りましたので販売を再開、長い休眠から覚めたトマトのお漬物をお楽しみ頂けます。

ネットでの販売は来月初旬くらいからと考えておりますので、また宜しく御願いいたします。

トマト再開を祝して、今日はトマトのお勉強(カゴメさんのトマト大学から一部引用)

トマトという呼び名の語源を知っていますか?

原産地とされるメキシコでは「トマテ」・「トマトゥル」

トマトという呼び名は「膨らむ果実」を意味する「トマトゥル」からきています。

はるか昔、メキシコ湾をのぞむベラクルス地方のアステカ人がこう呼んだのが始まりです。

トマトゥルとは元来「ホオズキ」を指し、メキシコではホオズキを煮込んで料理に使っていたところから、形がよく似たトマトも同じ名前で呼ばれたようです。

ところで、この「トマト」という呼び名、世界共通だと思っている人も多いのでは?

実は、イタリアでは「ポモドーロ(黄金のリンゴ)」、フランスでは「ポム・ダムール(愛のリンゴ)」、イギリスでは「ラブ・アップル(愛のリンゴ)」と、さまざま。

なぜリンゴ?と思われるかもしれませんが、昔からヨーロッパでは値打ちの高い果物や野菜を「リンゴ」と呼ぶ習慣があったからのようです。

トマトに関する世界最古の文献は、植物学者マッティオーリが1544年に出版した『博物誌』です。

また、イタリア語でトマトを意味する「ポモドーロ(pomodoro)」は、同じくマッティオーリが10年後の1554年に出版した改訂版の『博物誌』の中に初めて記載されています。

語尾のoroには、黄金や富のように貴重な物、あるいは金色という意味があるのですが、彼はトマトを「とても大切な物」という意味で表現したかったのかもしれません。

『博物誌』改訂版には「熟すると黄色になるものと赤色になるもの」と書かれていますから、彼が最初に見たトマトは黄金色、つまり黄色やオレンジ色の品種だったのかもしれません。

トマトの学名は、ラテン語で「リコペルシコン・エスクレンタム」。

実は、この学名にもなかなか興味深い意味が隠されています。

リコペルシコン は「狼(lycos)」と「桃(persicon)」を合体させた言葉で、エスクレンタムは「食べられる」という意味、すなわち「食べられる狼の桃」となります。

名付け親は、英国の植物学者フィリップ・ミラーで、1754年に発表しています。

「リンゴ」から「桃」に変わった経緯は定かではありませんが、「狼の桃」とは、いかにもたくましい生命力を感じさせるネーミングです、しかし一方では不味い桃と言う意味も有り、確かに甘味において桃よりは美味しくない、と納得できます。

日本に入ってきたのは、江戸時代、1660年ごろとされ、青臭く、また真っ赤な色が敬遠され、当時は観賞用で「唐柿」と呼ばれ、中国では、現在も「西紅柿」(xīhóngshì)と呼んでいます。

日本で食用として利用されるようになったのは明治以降で、さらに日本人の味覚にあった品種の育成が盛んになったのは昭和に入ってから、まだまだ歴史の浅い食品、茄子科茄子族という事から、和名は「赤茄子」とも呼ばれます。

トマトは栄養学的にも素晴しい食品、その辺りは次回お話しましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。