スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、一番売れているモノ

食べ物商売を長くしていると、よく陥りがちになる事に、自分の商品に必要以上に惚れてしまうって現象が有る。

是は物販にも飲食にも、共通して起こりがちだが、私の経験から行くと、飲食ではその傾向がきついものの軽症、物販の方が、悪く行くと重傷に陥りがちと感じる。

一番悪い例であり、よく耳にする言葉に、「最近の若い客は味覚障害の傾向が有って、ほんまに美味しい物が判らない」って嘆きのセリフがある。

そして次に続く言葉は「うちは昔からの味を守ってこそ、の商売やと思っています」

「わからん人にはわからんでもよろし」

しかしよくよく現実を考えてみれば、そこで座して待っているだけでは、死んでしまう、かと言って、長らく続けた味の基準を大幅に買える事ほど、食品業者にとって恐しい事は無い。

さて一体どうしたら良いもんなのか?

私は漬物や惣菜、その他色々な食品を取り扱ってきて、何とか一つの答え、と言うか答えを見つける糸口は見つけたつもりではいる。

それが表題の「今一番売れているもの」

自社の商品でロングセラーの物、最近よく売れている物、最近売れなくなった物、この3点を抽出し、味、パッケージ、価格の3ポイントを加えて考察すると、一応の今のお客さんのニーズ、嗜好がうすらぼんやり見えてくる。

そこからこういう物が売れるって仮説を立て、商品化、具現化、もしくはリニュアルして或る期間、徹底的に一押しとして売って見る。

まあこの方法が一番怪我が少ない、しかしながらこの方法では、大ヒット商品、ドル箱商品は生まれない、柳の下に泥鰌は何匹も居るが、一番最初に獲れた泥鰌より小さくて不味くなるって言うのが、本当の所では有る。

生涯で一個、大ヒット商品を生み出せばその人、もしくはそのお店の名は歴史に残る、私に残された人生が後どのくらい有るのか判らないが、死ぬまでに何か一つ、画期的な大ヒット商品、一匹目の泥鰌を創出してみたい物である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。