スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー、離婚問題、政治諸々

昨日はワールドカップ開幕初戦の南アvsメキシコの試合をリアルで観た(仏vsウルグアイは観れず)が、やっぱり世界最高峰の戦い、面白かった。

早いパス回しのメキシコ、身体能力に優る南ア、どちらも接触プレイが苦手で、中盤のプレスも緩い目、スロークイック、クイックってリズムのチームって概念が有ったが、確かにその通りのプレイスタイルながら、デイフエンスは高い位置の選手もよく働き機能していて、なおかつ中盤もルーズにしない、かなり近代的と言うか、ヨーロッパスタイルのサッカーを見せてくれた。

もはや世界中の一流プレイヤーはヨーロッパリーグで戦い、指導者もまたヨーロッパのリーグの監督育ち、アフリカ、南米、独特のスタイルはも、はや通用しないって事だろうか?

それから昨日は娘が楽しみにしているドラマ、TBSの10時「ヤンキー君とめがねちゃん」も観たが、昔の青春学園物そのもの、何時の時代もこの手の番組は受ける、確かに入りやすいと言うか、心にすっと入ってくる強みがある。

それと少し驚いたのが、このヤンキー君でも重要な役回りの彼女のこの記事

タレント堀ちえみ(43)が、00年5月に再婚した雑誌編集者の夫K氏(43)と離婚していたことが12日、分かった。最近になって離婚協議が成立し、10日に大阪市内の区役所に離婚届を提出した。離婚理由については、12日夕方の会見で説明するという。堀は前夫の医師と95年から別居、97年から泥沼の離婚訴訟を繰り広げ、99年4月に協議離婚が成立した。K氏とは96年に取材を通じて知り合い、離婚訴訟の過程で、離婚成立後のK氏との再婚の意思を表明していた。前夫との間で3児、K氏とも2児をもうけ、4男1女の母親として仕事と家庭を両立させていた。

てっきり大阪のおばちゃんになりきった堀ちえみは、幸せな家庭生活を送っていると思っていたが、大違いだった。

亀井静香の辞任もよりも、こっちの方が僕には衝撃的だった、なんて書いていられる日本は本当に平和かな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。