スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年6月21日に想う事

今、私の最大の関心事はやはりサッカーワールドカップ。

やっぱ面白い。

あるサッカー通の方が、テレビのコメントで、今回の大会はレベルが低い、ヨーロッパのリーグ戦の方が、観ていて楽しい、レベルが高い、って評論していた。

かなりのサッカー通の方なので、判ったうえでの発言だと思うが、ワールドカップはサッカーの戦争、最早スポーツでは無い、事実前大会では、コロンビアの選手は自国のファンに殺されているし、オウンゴールした選手が脅迫されるなどざらである、そういう意味で勝てば良い、もしくは予選さえ突破できれば良いのであって、いわゆる綺麗な魅せるサッカーなど必要ない。

私はこんな時、いつも思い出す、アリと猪木の異種格闘技戦、当時は世紀の凡戦とさえ言われたが、今見直しても面白い。

何が面白いのか?

それは簡単な事で、やる方も観る方も目的意識がはっきりしているから、面白いのである。

先のオランダ戦、勝つ、引き分け、どちらでもオッケーって言うのが日本側の共通認識だったが、一点取られてからは、得失点差の問題から、次の失点はどうしても防ぎたかった、その緊迫した雰囲気が川島、トーリオ、中澤の身体を張ったプレイに現れていた。

アリと猪木戦、どちらも自分が位置する世界、方やボクシング界、方やプロレス、両格闘技を背負ってマジで戦っていたのだが、勝たなくてもいいが、負けては絶対に行けない、その執念が観ていて凄かった。

そういう意味で、次のデンマーク戦は引き分けでも予選突破の日本が一見有利に見えるが、目的意識のはっきりしている(絶対勝たなきゃいけない)デンマークの方が有利だと私は視る。

今度のデンマーク戦に勝たず、引き分けで予選突破という戦い、勝ち方を出来た時、日本は似サッカー二流国の上層からサッカー、一流国の最下層に位置されるようになる、と私は思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。