スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、もっともむかついた事

齢50を過ぎると、大抵むかつく事もそれなりに処理できるようになる。

ここ一週間でも、馬鹿が勘違いして訳の判らない事をしたり顔で話す場面に遭遇し、一瞬キョトンとしたが、まあそれも人生と流せたが、この記事は流せない。

「上(あが)る」「下(さが)る」「東入(い)る」「西入る」と、通り名を起点に場所を示す京都市中心部の住居表示が、岐路に立たされている。

京都独自の伝統的な表記だが、標準化の進むインターネットやカーナビゲーションの大半は通り名が不要なものとみなされ、入力しても地図検索ができない状態。

ネット広告や名刺からも通り名を抜く表記が増え、平安時代以来続く地名表記に親しんできた市民には「通り名がないと、場所がどこかわからない」と戸惑いが広がる。

「京都の不思議」の著書がある作家黒田正子さんは最近、ネットで化粧品を買おうと、京都市内の自分の会社の所在地を入力すると、受け付けてもらえず驚いた。

 京都市内は通り名だけでもほとんどの郵便物が届く特有の地域。黒田さんはいつものように「中京区高倉通夷川上る」と入力したが、店から宅配業者へ手配するコンピューターシステムが対応しておらず、町名と番地を改めて入力したという。

黒田さんは「標準化によって、京文化ともいえる通り名や『上る、下る』が消えてしまうような気がする」と危惧(きぐ)する。

はっきり言って黒田さんのような関東人でさえ、こう言っていって頑張っておられるのに、京都人の私が看過する事は出来ない、ほんま有り得ない。

もうこうなったら、京都は独立してやれ、京都観光王国とかにして、観光料とか、入京料とか取って、独立採算制でやっていけないものか?

その辺り、一回、京都人で集まって考えてみたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日の京都の番地明記の話を新聞で読んで、真っ先に九代目さんのことを思い出しました。

京都をこよなく愛する九代目さんのこと、絶対にそういうと確信しておりました。

カーナビ、グーグルの方が京都に合わせてみては・・・

そう思ったりする大阪人は僕だけでしょうか??

頑張れ!京都人!!

No title

コメントおおきに。

ほんま許せないですが、是も時代の流れ、両方使えるような妥協案で行ける様になればいいと思います。

この件に関しては、京都の役所関係、病院もそうなっていますんで、もう後戻りは利かないか?

ほんま困ったもんです。
プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。