スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能ニュースを見て感じた危険性

祗園今昔は一旦休憩して、最近芸能記事を読んで感じた事をだらだらと・・。

私達の年代のみならず、もう少し下の年代でも「おっ、懐かしい」って言葉が最近よく飛び交っています。

と言うのも、さまざまな分野で昔はやったものが「復活」しているんです。

音楽では元々、CMを中心に1980年代の音楽ががんがんリバイバル、10代の若者にはかえって新鮮だったのか、それこそクイーンなんて二十数年ぶりにオリコンランキングトップを取ったりしている珍現象を起こしました。

そして昨年、米米クラブやSPEEDがライブのために再結成し、中村あゆみ、MAXが再始動。今年はアリスが28年ぶりの全国ツアーを行う。

欧米でも、デイープパープル、ポリス、ツエッペリンなどもう一時代を築いたクラシックロックの大御所ががんがん再結成、再始動し始めています。

CD売り場へ行けば、大人のロックだのアラフォーだの昔のバンドのオムニバスがど~んと山積み。

漫画では41年前の劇画「あしたのジョー」が週刊現代で復刻掲載中だし、テレビでは4月から「オールナイトフジ」が18年ぶりに始まる。

そしてきわめつきは石原真理子・玉置浩二夫婦。破局から23年ぶりの電撃入籍を果たして世間をあっと言わせましたが、うちもこのニュースを聞いて夫婦で「え~ほんま~」と大合唱しました。

懐かしいな~って、思いながら僕は何故か少し吐き気というか、悪寒がしました。

いまなぜ復活の時代なのか?

東北芸術工科大学教授の平林千春氏(マーケティング論)の記事が成る程!です。

「人間には慣れ親しんだものを求める“親和性”と新たなものを求める“新奇性”のふたつの心理があります。不景気の現代は人々が活力のあった昔を求めている。つまり親和性が強いのです。古いものを知らない若い人たちも大人と一緒に“懐かしい”と感じるのが親和性の特徴で、ノスタルジーを狙っての商品開発などが成功しそうです」

とはいえノスタルジー一辺倒では人は後ろ向きになってしまう。

そこで今度は社会学者の岳真也氏曰く

「“昔は良かった”と思うだけでは新しい技術などを生み出すオリジナリティーが弱まり、ビジネスや芸術は停滞します。これは不況下の日本にとって大きなマイナス要因。また、国民が政治を改革しようという意識が薄れる可能性もあり、昨今の若者の保守化に拍車がかかる。そこに民主党・小沢代表の一件だから、政権交代の機運が大幅にダウンすることも考えられます」

確かに変える「チエンジ」って行動を嫌がる、これは今に始まった事じゃなく、昔から人間の根本的な思考回路の結果。

例えば先日のTV番組で某日本の自動車トップメーカー経営者が、「バブルの頃は工場のシステムを変えれば、作業効率が上がる事は判っているのに、作業員の教育に金が掛かるな~、まあもうそんな面倒な事はしなくてもいいじゃん、儲かってるんだからって理由であえて変えなかった、今にして思えば狂ってました」って話にも通じます。

最近は兎に角リストラして支出を切り詰め、何もしないでじっと息を潜め、荒波が通り過ぎるのを待つっていうのが企業の生き残り策のように見受けられますが、それを中小企業が真に受けるとエライ目に合います。

ホントのところはどうやら違うようで、日本のトップ企業は今とに角リストラして余力を蓄え、一気にチエンジ、会社組織やオペレーションの大幅な変革、そして新たな商品開発に着手し始めているようです。

そうめちゃくちゃ未来型のシステムに変更しようとしているんです。

パナソニックは三洋を吸収して太陽電池によるエコ戦略、そして中国向けの廉価版電池自動車の開発、その内に太陽電池式自転車を作るんでしょう!?

ソニーは密かに欧州向き高価格音響製品の開発、300万円程する全方位型スピーカーを日本でも売り出しました。

自動車メーカーはハイブリッド,低燃費車、電気自動車の開発をがんがん進め、おそらくアメリカの自動車会社を傘下に収める事でしょう!?

デジカメは低価格路線の裏側で、超高品質製品の開発に拍車をかけています。

ローソンは高品質100均路線への進出、ユニクロは更なる低価格路線への挑戦(990円ジーパン)

危ない、危ない、新聞やネットニュースを真に受けて,なんにも考えないただの回顧主義に走ればどえらい目に合うとこでした。

多分、おそらくですがスピードは失敗するし、米米<MAXもジリ貧、中村あゆみは今年一杯、ただのリバイバルは駄目じゃないかな~って気がします。

戦略的な回顧主義、例えばパヒュームのテクノ路線,よく観察するとジューシィ・フルーツの音楽性、イリヤのアイドル性、東京パフォーマンスドールのキャラクター,アニメーションダンスのスーパー小学生・ストロングマシン2号を融合させた新しい形のグループに仕上げています。

戦略的なノスタルジアはOKですが、ただの「昔は良かった~」的回顧主義だけは絶対避けなければってふと芸能ニュースを読んで感じた今日この頃です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。