スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月8日

今日は私の尊敬と言うか好きな人が二人生まれた日、二人とも外人、既に一人はお亡くなりになっている。

一人はアンデイ・ウオホール、一人はダステイン・ホフマン。

両者とも何の説明も要らない程の有名人だが、一応自分の整理の為にもプロフを。

アンディ・ウォーホル(Andy Warhol、1928年8月8日 - 1987年2月22日)はアメリカの画家・版画家・芸術家でポップアートの旗手で、銀髪のカツラをトレードマークとし、彼を崇拝するミュージシャンは多くロックバンドのプロデュースや映画制作なども手掛けたマルチ・アーティスト。

ピッツバーグのアンデイ・ウオホール美術館に行きたくて、何回かアメリカ旅行の際、調整したが、叶わなかった事がこの歳になって最大の悔いです。

彼の手がけた「ヴェルベット・アンダーグラウンド」はジャケットも音楽も高校生の私に強烈な印象を与えました。

そしてもう一人はダステイン・ホフマン

好きな映画俳優を5人挙げろと言われれば、彼は必ず入れる。

1937年8月8日生まれ、ロシア系のユダヤ人で、コンサートピアニストになる希望を持っており、ロサンゼルス音楽学校に入学したが、その後医学に関心を持った彼は音楽学校を落第する前にサンタモニカ市立大学に入学し一年間学んだ。

その間に「演劇科は誰も落第しない」と聞き、落第を避けるため最終的に演劇科を選択した。ジーン・ハックマンと共にパサデナ劇場で二年間演じた。また彼らはしばらくの間ルームメイトだった。

数々の名作に出演しているが私は何と言っても「卒業」

「卒業」は私のきな映画NO1、大きくなったらラストシーンみたいな花嫁の強奪をするんだと学生時代はずーっと思っていました(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。