スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーカ堂お前もか!?

イトーヨーカ堂が中国から輸入した冷凍うなぎかば焼きを、輸入者を別会社に改竄(かいざん)して転売したとされる事件。

うなぎはその後、複数の業者間を流通、一部は賞味期限も偽装された疑いが強い。偽装の連鎖。消費者を無視した企業論理の横行が浮かんだ。

ヨーカ堂によると、平成17年に中国産のうなぎ加工食品から、発がん性のある合成抗菌剤「マラカイトグリーン」が検出された。

ヨーカ堂側は「廃棄するか中国に返品した」と説明するが、当時は中国産うなぎを買い控える消費者が増え、在庫がたまる傾向にあった。

「問題のない商品をグループ外の業者に売った」とも話している。だが、県警や横浜市などによると、「問題ない」とされていたうなぎの一部からも微量のマラカイトグリーンが検出されていた疑いがあるという。

ヨーカ堂は、約78トンのうなぎを海産物輸入販売業「高山シーフード」に販売。うなぎは輸入業者を「高山」とした箱に詰め替えられ、横浜市の魚介販売業「ヤマト・フーズ」など計7社に転売、輸入業者の改竄だけでなく、ヤマトでは賞味期限を2年半も先に改竄していた疑いが浮上している。

この一件で、ヨーカ堂側、卸業者、かなりの数の逮捕者が出ているが、違う視点で考えると物凄い恐い流通の裏側が見えてくる。

ヨーカ堂の逮捕者に輸入食品のマネージャーが居るが、おそらくこの人は稟議無しに、もしくは事後承諾で、数億円程度なら購入を決済できたと考えられる。

そんな権限を持っている人に「助けてよ、おたくも儲けさすからさ」って言われて冷凍鰻を持ち込まれて断れる出入り業者が果たしているだろうか?

昔、雪印食品の偽装改竄を告発した西宮冷蔵って会社が有ったが、直ぐに潰れてしまった(その後再建したが)

あの状況を知っている人なら絶対断れない。

今回の事件、氷山の一角のような気がする、って言うよりも似た様な事例は無数に有ると思う。

と言うのも、私自身、関西大手スーパーに3年半居た経験が有るが、その時ももっと違法性は薄いが、業者に圧力を掛けた事例は経験しているし、退職後数年経って、数人の逮捕者が出ている(おおやけになっていない)

う~ん、ヨーカ堂で有るっていう事は他でもあるのだろうな~、もしくはヨーカ堂だから有ったんだろうか?

この件は、業界に知り合いも多数居るので、もう少し突っ込んで検証してみたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヨーカドーだけでなく・・・

イトーヨーカドーだけでなくイオンも消費者の安全軽視の動きが見られます!

下記URLはクスリ販売の専門家、医薬品登録販売者の求人ですが、
http://jobpedia.info/job/572154.html

医薬品販売の経験について“未経験の応募が可能”となっています。

しかし医薬品登録販売者の資格は、医薬品購入者の健康被害防止のための
措置としてペーパー資格者の存在は容認されず、知識確認の筆記試験のほかに
実務経験も必要とされています。

よって下記のようなケースの場合、不正受験とされ消費者保護・安全の観点から
処分の対象となります。
http://www.yakuji.co.jp/entry19239.html

求人広告の給与が11万円前後と格安になっていますが、これでは不正受験
合格の資格者を対象に、安く雇用しようとしているのでは?と、誤解を受ける
元になります。

No title

コメント有難う御座います。

ヨーカ堂、イオン、量販店の両雄がコンプライアンスの遵守って声高に叫べば叫ぶほど、裏で何か・・・、って危惧を抱いてしまいます。

今後も大手量販の横暴と言うか、企業の論理、消費者無視、注意して視て行かなければ駄目ですね。
プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。