スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢一郎のウルトラC

小沢一郎出馬の報以来、各メデイアが盛んに世論調査を行っているが、世論的には小沢不利ではある。

又野党のみならず、政権与党内部でさえ、1年以内で3人目の総理は?政治と金の決着は?って考えも根強く、もし仮に小沢一郎総理になった場合、自民党の攻撃の矛先は一斉に小沢一郎に向けられ、まともな国会運営は出来ない状況は、充分想定される。

私は99%小沢勝利と予想しますが、このまますんなりとは収まらないだろうし、折角政権を獲ったのに、ねじれ国会、予算委員会紛糾、来春解散総選挙って事になれば、虻蜂取らずになる。

そこで私は考えた、何故小沢はそんな状況なのに、最後の勝負に打って出たのか?

検察審査委員会の問題は、法律的には全く問題ない、極論すれば、検察の嫌がらせとも言えるし、マスコミもちょっと騒ぎに乗り過ぎていると思う。

先回書いたように、小沢は党運営、幹事長ポストと政権の肝、官房長官ポストが欲しいのである。

この二つを仙石と枝野に握られているのが嫌、元々管総理とはそれ程悪くない。

ここで小沢のウルトラCが有ると私は昨日閃いた!

そう、代表選に勝って、挙党一致の名目で、管さんを首班指名し、幹事長ポストを譲り受け、現有の内閣はほぼそのまま移譲、仙石、枝野両名を更迭若しくは祭り上げるって事で手を打つ。

つまり小沢代表,管総理って形を作り,表は管,裏は小沢,是で行けば菅さんも手を打つだろうし、前原、岡田、野田辺りも次に目を残せるだけに喜んで乗る、自民は攻め口がなくなり、マスコミはそのウルトラCに批判の矛先が鈍り、国民も了承せざるを得ない、正に一石二鳥どころではない離れ技である。

やっぱ小沢は凄い事考えてるんだな~!?(違った、僕の妄想でした)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。