スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年ドラフト雑感

大学ビッグ3と言われた斉藤、大石、澤村はそれぞれ日ハム,西武,巨人へと決った。

大石は何と無く西武って感じが僕はしていたが、巨人逆指名と取れる報道の有った澤村だが、強気に中日と日ハムが来ると思っていたので、単独指名は、巨人ファンとしては嬉しい誤算だった。

また一方、中日は故障中の大学左腕NO1の大野を一本釣り、中日スポーツでは故障は相当深刻と報じられた経緯も有り、巨人と言うか讀賣と共に、マスコミを親会社に持つ両球団のしたたかさと言うか狡猾さが際立ったドラフトだった。

斉藤が日ハムは嫌だと言った、と言う一部報道が有るが、それは間違い、斉藤が嫌だった球団は、オリンピックやWBCに否定的、非協力的な落合中日だと言うのが、どうやら真実らしい。

インターコンチネンタル杯、高校時の海外遠征、更にはメジャーを視野に入れた今の大学生投手にとって、国際大会に非協力的なチーム、監督はナンセンスな事と捉えているそうだ、沢村や大石も同じ様な意見だそうで、そのポイントから見れば、彼らの入るであろう3球団は国際大会に積極的、先ずはほっと胸をなでおろしている事だろう。

今年のドラフトの勝ち組、負け組みって言うスレが、既に何本も2チャンネルに立っているが、数年後まで本当の結果は判らない、でもそんな杓子定規な事はやめて、どこが勝ち組、負け組みって感想を・・。

先ず我が巨人軍は完璧に勝ち組だろう!!

一位の澤村の評価は今年の投手ではNO1,最近の大学生で言えば上原にまで遡る評価の高さ、怪我さえなければ通産100勝は上げてくれると思う。

更に宮国、田中はどちらも肩肘に故障持ち、もし万全なら2,3位で獲得できていない投手、4位の小山も隠れた逸材らしいが、どちらかと言うと即戦力ではなく素材型、澤村を獲得できた巨人の余裕の表れと言える、

更に一部の高校生ドラフトマニアの間で、かなり評価の高かった旭川の成瀬を育成でGET、ここ数年、野手中心の巨人としてはいいドラフト、勝ち組といえる。

後、僕が良かったと思うチームはやっぱり日ハム、西武、目玉の二人で90点、日ハムは更に乾、榎下の即戦力投手を獲得、西武も日通の牧下を獲得、チーム事情から考えてみても言い補強だった。

一方負け組みはオリックス、ヤクルト辺りだろうか?ソフトバンクも微妙、しかしながらこの3球団の高校生野手が、将来のクリーンナップでも打つようになれば、勝ち組に転化する、だからドラフトは面白い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。