スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBCで感じた事

駅でチラッとみた阪神大好き某新聞「球児(藤川)プライド丸潰れ、疑惑の采配」と大見出しに書かれた記事を見て、「お~やっとる、やっとる」と思わずくすっとしてしまった。

WBCは映像では久々の高視聴率を叩き出したそうだが、連れて新聞や雑誌も順調に売り上げは推移したらしい。

でもなんで協賛が読売で、日本テレビが放映しなかったんだろう?

まあそれはさておき、オリンピックやワールドカップ等国際イベント関連の記事はやっぱり売れるんだろう!?

でもその波は一旦終了、でも新聞は売らなきゃいけない、是から開幕までは、スポーツ新聞は関東では美談が掲載され、関西では粗探しや誹謗中傷の羅列が始まる。

少しでも野球を齧った事の有る方なら、第二ラウンドの対メジャーリーガーやキューバなどの外人相手には馬原と藤川のストレート150km前後、持ちだまはフォークだけの二選手が今回、WBCでは恐くて使えないって言うのは一目瞭然だった。

反してメジャーには縦横のスライダーが有効で、ストレートはスピードより切れとコントロールが大事だって事は岩隈、松坂や田中マー君が実証した。

そういう意味で準決勝、決勝の押さえは、スピードガンで140km半ばの藤川ではなく、ストレートのスピードも変化球のきれも併せ持つダルビッシュを選ぶのはプロの監督なら当たり前でしょう!

某テレビ朝日解説者がテレビ解説で「決勝は藤川を使わないと、日本を代表する抑え投手の彼に失礼だ!と思います」って話していました。(彼は先に「福留君や岩村君は不調ならメジャーだと遠慮せず外すべきだと思います」とも解説していました。

う~ん、勝つ為にセレクトした選抜チームの駒の使い方は、失礼とか日本を代表するとかとは少し違うって思うんですが、

まあ兎にも角にも勝てば官軍、って言葉とは反し、勝っても勝ち方に批判が集まる代表監督、ほんまご苦労様でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あれぐらゐの速球は、連中には打ちごろのタマでせうね。

それよりも、最後まで祕密兵器のまゝに終はつてしまつた、
サブマリンが好投するところを見たかつたなあ。

韓國とばつかり當たらなければ、出番はもつとあつた筈なんだが。

ガキの頃から野球やつてても、あんな軌道で飛んでくるボールは、
誰も練習してないから、打ちにくいやろね。
プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。