スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定額給付金

一応京都市では4月上旬に申請書送付、5月半ばから振り込み開始って段取りで定額給付金が配られるらしい。

一時は「国民の7~8割が反対している」と報じられたほど評判が悪く、野党はおろか、政府与党内からもその効果を疑問視する声が噴出し続けたこの法案。

批判に拍車をかけたのが、麻生太郎首相の一連の言動。自ら「給付金を受け取るのはさもしい行為」と言ってみたり、それが批判されると発言を撤回したりと、“迷走”ばかりが目に付いた。

「これほど批判されている給付金をもらう意味なんて、ホントにあるの?」

確かに、定額給付金に対する世間の批判には、それなりの理由があったのは事実だ。

エコノミストの大多数はこの法案を批判していたかに記憶している。

定額給付金は、まさにこういった“批判の嵐”を突っ切るようなかたちで、給付が決定された、ところが、いざ実際に給付が始まってみると、世間の給付金への“期待度”は、当初予想されていたよりも大きいように感じる。

実際問題、うちの世帯には8万4千円の振込みが有る予定、かみさんはこのご時世、かなり喜んでいるようだ。

給付日程をうちのかみさんがテレビで見てから、何かしらいつもより気分がいいように見受けられる。

まあ私には一銭も入ってこないんでどうでもいいかって一瞬思ったが、よく考えるとかみさんの機嫌が少なくとも2~3週間はいいかと思うと給付金もそれ程悪いものじゃないって感じた。

2兆円の効果はいかばかりかよく判らないが、少なくとも世間の鬼嫁連中が少しは鉾ならぬ角を収めるかと思うと、なかなかの良策とも思えてきた

如何ですか?我がご同輩?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。