スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北のミサイル

いよいよ4月4日の今日の午後、北朝鮮のミサイル(彼らは人工衛星と言い張っているが)打ち出されるらしい!

朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮宇宙空間技術委員会は4日、「試験通信衛星『光明星2号』を「運搬ロケット『銀河2号』で打ち上げるための準備が完了した」として、「衛星は間もなく打ち上げられる」と主張した。朝鮮通信(東京)が伝えた。韓国の聯合ニュースは4日午前11時から正午の間に発射されるとの見通しを伝えた。北朝鮮は4日から8日までの午前11時から午後4時の間に「人工衛星」を打ち上げると国際機関に通報しており、衛星打ち上げ名目で長距離弾道ミサイルが間もなく発射されるもようだ。

今回、テレビでも判るが、日本中で自衛隊による迎撃ミサイルの準備が進められているし、(ここが重要で有る)イージス艦もスタンバイOK、閣議でも迎撃行使へのステップは終了、後は、本当に衛星の軌道で飛んで行くのか?軌道が低ければ本当に打ち落とせるのか?日本若しくは海洋への被害は?など事後収集の段階に入ってきた。

今回、北のミサイルに関しては「日米非同盟」の呈で、アメリカは早々と迎撃をしないと表明、日本の自衛隊の主体性に期待しているとしている。

是は非常に重要な事で、第二次世界大戦以降、初めて日本国内で自衛隊が戦闘態勢に入る。

今回の対応如何では中国は過剰に反応してくるだろうし、歩調を合わしている韓国との関係も微妙に変わってくるかも知れない。

今回、迎撃に成功すれば其れに越した事は無いけれど、迎撃に失敗しても国際社会での交渉事、特に対中韓相手には今後非常に有利に運ぶ事になると私は感じる。

今まで何をされても黙って耐えて何もしない、戦勝国の作成した法律で雁字搦めにされ手も足も出ない、更には国内のマスコミや評論家が、過敏に中韓の肩を持ち、やれ憲法9条だ、軍国主義だの騒ぎ出す。

所が今回に限ってはあの中国政府御用達のA新聞でさえ、それ程非難していないし、テレビAも批判は抑え目の報道。

どうやら国際社会もあんまり遣り過ぎると、日本がたまには怒るぞって事は認知しだしたようだ。

まあ何はさておき何も起こらない事を祈りつつ、ミサイル発射の一報を待とう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。