スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話が老眼鏡?

こんな記事が目に留まりました。

カタログの文字が小さすぎて読みづらい、地図や路線図を確認しようとしても表示が見えなくて、眼から離したり近づけたり……。

「ついに自分も老眼世代に仲間入りか」と観念しつつも、その一方で「老眼鏡を作るにはちょっと抵抗がある」という方もいらっしゃるのではないだろうか。そんなプレ・プチ老眼世代にとってちょっと気になるニュースをご紹介しよう。

使用イメージは、こんな感じ。ライト機能がついているため、少々暗いところでも、文字が判別できる。

三省堂書店が3月19日より、携帯電話がルーペになる携帯電話向けアプリケーション「めがね虫」の販売を開始した。急速に進化する携帯電話の液晶画面とカメラ機能を利用したもので、アプリをダウンロードし、文字の上にかざすと、文字を画像として撮影し、液晶画面に拡大して表示する。

いわば、携帯電話を利用した「デジタル虫めがね」だと考えればいいだろう。対応機種は、au向け携帯電話 カメラ機能搭載 BREW(R)アプリVer3.0以上。利用料金は月額53円(税込)。

いまや、老眼に悩まされている世代も含め、携帯電話は外出の際の必携品。とくに、「老眼ビギナー」にとっては、意を決して作る老眼鏡やルーペより馴染みがあるツールであるのは間違いない。携帯電話は、ほとんどどんなシーンでもバッグやポケットに入っているし、ルーペを取り出すより携帯電話をかざす方が多少は見栄えがいいことも確かだ。このアプリを「ダウンロードしておいてよかった」と思うシーンも少なからず出てくるだろう。

う~ん、携帯電話って一体、どこまで行くんだろう!?

うちの息子はここ3ヶ月で電話は2分もしていない、うちの娘は携帯を買った当初は電話していたようだが、ここ半年は電話は使った事が無いって話してました。

子供達にとって、携帯電話はカメラで時計で、目覚ましで、日記帳でゲームとメールをするものらしい。

いっその事、携帯電話って名前でなく、違う格好いい呼び方にしたほうがもっと売れるのかも知れない!?

ソフトバンクに投書してみよう(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。