スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斜めから見た食品の話の続き

昨日のコメントとリンクしてますが、最近の食品学では獣肉は脂、魚は油と分類してるようで、コレステロール形成の形が少し違うそうです

つまり人間に近い形の動物のたんぱく質やアミノ酸などの組成成分ほど、より強く僕らの人体形成に影響を与えるって事らしいです。

誤解を恐れずに書くと共食いすればするほど、その作用は顕著になるそうで、例の狂牛病も牛の肉骨粉、血粉を食べたのが要因か?とされていますが、やはり共食いを長期間続けると、良くも悪くも大きく肉体に何かが生じるって事と解釈しました。

この作用はいわゆる子孫を残す、生殖でも同様で、同族で子を成し続けると言い方は悪いですが、障害者が生まれる確率が高いと認識されていますが、反面、時には天才が生まれます。

最もこの事実を顕著に表すのが競走馬、サラブレッドで、詳しくは説明しませんが、少しだけ同族の血を混ぜ続けていくと凄い馬が現れるって事は全世界生産者共通の認識です。

まあそういう観点から先生は、バランスよく人間に近いものの生物のたんぱく質、遠いもののたんぱく質を摂取しよう。

丁度、人間と牛、豚、鶏、羊などは長い人類の食生活で証明されているように程よい近さ、遠さだと考えているって話でした。

先生のお話はダイエットにも及びます。

先の話とリンクしているんですが、とにかく一番最悪なダイエットは、食べないダイエット、次に薬品によるダイエット、そして単品ダイエット、だそうです。

先生曰く基本は食べて痩せるダイエット、決して過激に運動しなくてもよいが、少し身体に負荷をかけて生活し、バランスよく食べて痩せるのが理想だとおっしゃっていました。

バランスよく食べたら太るんじゃないって話ですが、例の岡田さんのリコーデイングダイエットはなかなかいいところを突いていて、食べた物を記録してカロリーを計算して自分に合った分量を食べて痩せると言う主旨。

正に自分にあったカロリーを知り、その枠内で食べ続ければ確実に健康的に痩せます、その際少しですが運動が必要です。

必要な熱量と言うのは、その方の年齢と体格から大まかな基礎代謝基準値を求め、それに日常生活活動強度を加味して設定します。

例えば貴方、と一人の男性を名指され「年齢と身長、体重を差し支えなければ教えていただけますか?」

男性A「36歳、169cm、70kg位だと思います」

先生「基礎代謝量は大まかに1500kcalくらいですね、それに生活強度数を掛けると一日の必要カロリーの目安が判ります、一日どのくらい歩かれますか?また仕事で身体を動かされますか?」

「座り仕事で、通勤や買い物などでトータル90分くらい歩くのかな~?たまにジムで泳ぎます」

先生「生活強度は低いの部類、1,2~3くらいをかけたらいいと思います、ですから1800~1950kcal、このカロりーより食品摂取を5~10%ほど下回り、毎日少しずつ運動していけばいいんです、この場合の運動と言うのは通勤時、階段をゆっくり歩く、バス停を一駅前に下りて歩く、事務所の床の雑巾掛けをする、車に乗らず自転車に乗る、こんな程度の運動を一日トータル120分程度してもらえれば十分です。」

「このダイエットだとその人の適正体重で安定し、いわゆるBMIの22,5辺りをキープ出来ます。
あなたの場合だと64~5kgくらいが理想じゃないでしょうか?」

BMI計測の仕方は体重÷身長÷身長(メートルの単位に揃える、175cmなら1,75)  

(肥満度の判定方法の一つでBMI(ボディ・マス・インデックス)指数と呼び、これは体重(kg)/身長(m)2
で求められます。 BMI指数の標準値は22.0です。
これは統計的にみていちばん病気にかかりにくい体型で、標準から離れるほど有病率は高くなります。
また、体脂肪率とも相関しています。
●BMI
18.5未満 やせ
18.5~25未満 標準
25~30未満 肥満
30以上 高度肥満


因みに私は176cmで71kg 71÷1,76÷1、76=22,9 標準で、BMI的には68kg強が理想

先生のお話では、日本人が一番健康で長生きしているBMIゾーンは21~24だそうで、何とかセーフ、何とかこの体重くらいをキープしなければ・・・(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

酔いどれ九代目

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。