スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフのイメージ

意外な人から、ゴルフのブログを読んだ、ちょっと質問、とメールを頂戴しました。

本当なら上手く文章では伝わらないので、実地で話せばいいんでしょうが、なかなかそうもいかず、一応何とかブログに書き込みます、ってお返事しておきました。

質問の内容は「スイングのチエック点を具体的に、それとごりごりごりって空気を切り裂くイメージってどういう感じ?」

チエックポイントは簡単に書けますが、う~ん、難しいな~、このイメージを正しく伝えるのは。

是は僕の意見ではなく、様々なスポーツ科学の研究者が口を揃えて言っていますが、運動は身体でするのではなく、頭でする、イメージに無い事には身体がついては来ない。

ようするに頭の中で、俯瞰図として自分のスイングを思い浮かべられなければ、そのスイングが出来る筈が無い、もっと言えばグッドスイングのイメージを持っていなければ、正しいスイングが出来る筈が無い。

プロでもないお前が偉そうに言うなって感じでしょうが、男子の産婦人科医は、子供を産んだ事は無いのに、子供を産む母親のイメージはしっかりと持っておられるそうです。

其れと同じで、私なりのグッドスイングのイメージはちゃんと持っています。

その頭の中のイメージされたスイングを、本当の目で見てチエックするのが打ちっぱなしや素振りなんです。

一応、私自身のチエックポイント、左腕真っ直ぐで右胸を廻した時、シャフトが地面と平行になった際、クラブフエースはシャット、体重移動は5対5から4対6になる。

左腕が地面と平行になった際はクラブは地面とほぼ垂直、もしくは少し飛球方向へ倒れている。

トップでシャフトは打ち出す方向と並行、もしくは少しオープン、右ひじは地面を指し、体重は3対7

ダウンスイングで、シャフトが自分の身体以上に外へ出ない。

シャフトが右足へ降りてきた時点でフエースはオープン。

インパクトはチエック無し、しない方がいい。

スイング後半、飛球方向へシャフトが並行、フエースはクローズ、体重は6対4

フィニッシュは胸がしっかり飛球方向、左肩甲骨がぐっと右肩へ、体重は9対1、右足は打ち出し方向と直角。

まあこう書きましたが、コースでは殆どこんな事考えません、コースではドライバーは、ほなぶったたきまひょか、めっちゃ飛ばしてキャデーびっくりさせたろ、このコース、フエードかドローかどっちにしようかな~,今日はニクラウスみたいに顎引いて行こうかな~って感じ。

アイアンはグリーンに乗せたる、近づけたる、バックスピンばんばんかけてグリーンに穴あけるくらい重い球うったろ~、

バンカーは砂ごと乗せたろか、パットは穴からこっちにコロコロ転がってくるイメージ、それをなぞって打つ。

こんなイメージです、

そしてインパクトのイメージが、空気を切り裂いてごりごりごり。

判りやすく言うと、点でばしっとクラブのソール、若しくはヘッドを入れるんじゃ無く、おくどさんに貼って有る愛宕山の火の用心お札「火遁要慎」くらいの大きさの幅を削り取るように打って行くんです。

まあちょっと文章で表現するのは是が限界、一度時間が会えば御地でコース、ご一緒致しましょう。
是でよろしかったでしょうか?

近清ゴルフ部始動!

昨日は朝から引越し、そうぼちぼちですが、新しいお店の開店準備に入っています。

午前中に今日の予定の荷物運び込みを終了、皆様ご苦労様でした。

そして昼からは、デザイナーさん、大工の棟梁、専門業者さん達と、壁紙や下地などの色あわせ

その後は新しい商品のシールの打ち合わせ、あわただしく一日が過ぎてゆきます。

そして当初の予定通り、ゴルフ部精鋭にて打ちっぱなしへ、僕は初めて行く高雄パークウエイの麓のセンター。

三階建ての大きな打ちっぱなし、僕は6年振りのゴルフ、どきどき物ですが、まあ何とか成るか?って感じ、ただ朝からの重労働の疲れは少し心配か?

まあしかし、今日は初ゴルフ、初打ちっぱなし女子部員のスイングチエックがメイン、僕はリハビリでごくごく軽く打つんでいいか?って気楽に構えて打席へ向かいます。

僕は実はこう見えてスポーツはばりばりの体育会系、おふざけ一切無し、そして初心者コーチの達人、過去数々の初心者に感謝されています。

初心者を指導するコツ(ちょっと偉そうですが、ほんまに好評なんです)は、決して自分の考え方を押し付けない事、体型や握力、運動能力、感覚が違う人に自分のスキルを無理やり押し付けるのは百害有って一利無し。

ゴルフには絶対してはいけない事と、絶対した方がいい事が数点有ります、その指摘意外は出来るだけ細かく言わず、如何に気持ちよくクラブを振ってもらう、兎に角きっちりとスイングさえしてもらえれば、初心者は驚くほど上達します。

良くこういう風に打つってヘッドの入れ方を教える人がおられますが、僕は是が大きな間違いと思います。

ヘッドで打つ、弾くって感覚は90を切ってから掴む物。

先ずはゴルフはクラブを振り抜く、スイングする事に尽きると思います。

上級者はクラブヘッドの感覚が掴めていますが、初心者はシャフトの感覚を掴む方が簡単だと僕は思います。

前にも書きましたが僕は40を越えてからゴルフを始め、10ヶ月で90台前半を出しましたが、それは殆ど毎日、一キログラムも有るスイングトレーナーを振ったから。やはり素振りが一番の練習法だと思います。

その時に割りと早くシャフトがビューンってしなる感覚を掴みました。

球を目の前にすると、どうしても人間、本能で球へ手を合せに行って、素振りなら綺麗なスイングの人が、何故かボールを目の前にすると縮こまったスイングに。

ゴルフは最初に縮こまっては、後が伸びない、教えた人には大きく育って欲しいんです。

ひつこいようですが、ゴルフは或る程度のレベルまでは、スイングする事が肝要、その一つの方法として僕が考え出したイメージは点でなく面で打つ。

アイアンのフエース、面でごりごりごりとボールの有る空間を削り取って行くイメージ。

今日も6年振りにクラブを握りましたが、自分でも吃驚するほど球が掴ります。

多分横に居る部員はしっかり球を見ているんだ、と考えているかもしれませんが、実はしっかりとは球を見ずに、ボーっとした感覚で球の幅の溝を、クラブのヘッドで掃く、掃除してやる感じで打ってるんです。

僕は球をしっかり見るのはパターだけ、もう五番ウッドなんて殆ど球を見ず、球の幅のレールをイメージしてがばっと空気を切り裂くイメージで打って行きます。

やはりこのうち方なら、少々のブランクなら克服できるんや、このイメージを皆に伝えていこうと再度確信した次第です、はい。

今日は初心者の女性部員には、兎に角先ずは気持ちよくゴルフクラブを振ってもらおう、と心掛けましたが、私が思っている以上に球を掴まえ出し、初めてクラブを握った人間がドライバーで140~150ヤードを一発ですが飛ばしたのには驚きました。

9番アイアンも僕の初日より上手いかも?

基本のスイングとしては初日にして100点満点の35点、是は素振りさえすれば直ぐに合格点に達します。

是からの過大はスイングスピードを上げる事、是に尽きるのですが、まだこのコツ、教えるのは時期尚早か?

どう教えればよいのか、どう気づいてもらうのか?う~ん今後の私の課題です。

もう一人の女子部員は、コース経験も有り、なかなか力強いスイング、トップも決っていますし、ダウンスイングもオンプレーン、フィニッシュも致命的な悪癖は無いのですが,少し手強い上下動の癖が有ります。

上下動の癖はドライバー、アイアンに関らずテイーアップした球は比較的綺麗に打てるのですが、アイアンがダフル、もしくは右へすっぽ抜けると言うコースではかなり拙いミスを引き起こします。

この癖が有る限り、女性の最大の武器、フエアウエイウッドが打てません。

今日一日では矯正ポイントが見えません、と言うよりまだ真剣に観察していない為、アドバイスが中途半端、かえってスイングを壊したような気もします。

次回は彼女をじっくりコーチしてもいいのかな~って考えています。

次回、一度ハーフスイングで2~30球打って貰えば、僕の言う意味が判ってもらえるのかな~とも思いました。

もう一人のゴルフクラブ発起人の会長は野球経験者、腕力が強いと言うか、コックが効き過ぎたスイングで、プレーンが身体の割りに小さくかなりの飛距離ロスに見受けました。

今日一日では満足なアドバイス出来ませんでしたが、絶対止めるべき悪癖を二つ見つけたので、次回はそこを矯正してもらえば、飛距離20%アップは確実と思います。

先ずはゴルフクラブ初回レポートでした。

ゴルフレッスン

近清ゴルフ部を立ちあげったって話は先日書きましたが、部員でコースに出る前に、全くの未経験女性をキャプテンとして指導しなければ行けません。

私自身、ゴルフを始めたのが40を過ぎてから、コースに出る前に6ヶ月ミズノゴルフスクールに、毎週皆勤で通い詰め、ビデオでイメージトレーニング、晴れてコースデビューは同窓会コンペ、クラブを持って7ヶ月後、かなりの練習球を打っていたんで、自信満々。

初めてながら、結構難しいコースなのに119、いきなりコンペで2位に。

それで一気にゴルフにはまりましたが、生来の素直な性格が災いし、その後、色々な人に教えて貰うんですが、ありがた迷惑、どうも皆言う事が違うし、難しいし、いつの間にかちんぷんかんぷん、袋小路に、スコアは全然伸びません。

そこで一念発起、一切のアドバイスを排除し、漬物屋仲間と同級生には、1年以内に100切り宣言。
暇を見つけては雑誌、本を読み漁り、自分成りに理論を研究。

そして遂に初心者レベルアップ簡単理論を確立。

それから4ヶ月後、クラブを握って12ヵ月後には90台突入。

よく100の壁と申しますが、意外と早く突き抜ける事が出来ました。

翌年、翌々年は年に20回くらいコースに出て、ベストスコア83まで行きましたが、この月1~2回ペースではここが限界、そうこうする内に仕事の都合上、4年目で辞める事になります。

クラブを手放してはや6年。

その時の初心者レベルアップ理論が今彼女に通用するか、或る意味楽しみ、更に自分のスコアも現時点では幾らくらいで廻れるか・・。

楽しいゴルフ部は、その主旨ゆえ夏は休部

いや~この秋が楽しみです。

近清ゴルフ部結成

2009年6月吉日、近清ゴルフ部が産声を上げました。

只今、部員は4人、まだコースどころか打ちっ放しも行っていない部員も居ります。

事の起こりはうちのグループの会長が、最近ゴルフの楽しさにずっぽり嵌り込んだ事。

ゴルフ好きの方には経験御ありでしょうが、周りを何とか巻き込みたいって言うのが正直な気持ち。

私はここ最近、仕事に追われ6年ほどクラブを握っておりませんでしたが、会長に勧められ、ゴルフ部キャプテンに就任、久々にクラブの掃除をしております。

うちのゴルフ部のコンセプトは「エンジョイ・ゴルフ」

スコアアップを目指す前に、心の底から、笑いあいながらゴルフを楽しみ、明日の活力に繋げる、企業サークルの王道を目指します。

さあ、このゴルフ部珍道中、是から不定期にゴルフ部通信として掲載していきます、こうご期待。
プロフィール

Author:酔いどれ九代目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。